<   2017年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧
Team Mate (MotooGP 2017 Round-5 FRANCE)


c0041105_21114890.jpg
 今日だけは、どうしても勝ちたかった

 かつて後ろ足で砂をかけて出て行った自分を笑顔で再び迎え入れてくれたヤマハ…
 その記念すべき節目の勝利を、自らの走りでもたらすために

 本当に久しぶりに、ポイントリーダーとして次戦の母国グランプリに乗りこむために

 そして何より、最高のチームメイトだった彼に勝利を捧げるために…

c0041105_21120721.jpg
 
 最悪な時、いつも彼の存在が救いになった

 2015年のバレンシア…悪夢のようなシーズンを終えた直後
 彼は何も言わずに手を差し伸べてきた

 2人には、それで十分だった

 あの2006年の同じバレンシアでもそうだったように
 手を握り合い視線を交わすだけで、すべてを理解し合うことができた

c0041105_21123584.jpg
 
 タイトルどころかポディウムさえもままならなかったドゥカティでの2年間

 孤独なレースの後に戻る、パルクフェルメから遠く離れたピットボックス…
 そこにある数少ない救い…それもまた彼の存在だった

 かつて壁の向こうにいた”もう一人のチームメイト”が、声高に”エース”の振る舞いとチーム内での格差を批判した時には、彼は「自分はロッシのチームメイトとして、一度たりともイヤな思いをしたことなどない」というコメントを、遠く離れた地からわざわざ発表した

 その彼に、レーサーとしてできる唯一の、そして最高の贈り物を届けるために、シーズンベストの走りを見せたバレンティーノ・ロッシの願いは、ファイナルラップの残り半周で潰えてしまった

c0041105_21191555.jpg
 
 もしかしたらmoto3のオイルの影響があったのかもしれない
 レコードペースで逃げる新しいチームメイトを追い詰めるにはリスクが大きすぎたのかもしれない

 それでも、今日だけは勝ちに行かなければならなかった…



 失意のレースを終えた後に届いた悲報に対し、ロッシがソーシャルメディアにアップした画像は、ホンダやドゥカティ時代の2ショットではなかった

 それは、彼が苦戦しながらも最後まで諦めないレースを戦っていたSBKのマシンで、豪快なウィリーを見せているものだった

 なぐさめてばかりじゃなかった

 ニッキー・ヘイデンはロッシに、諦めずに力強く前に進むことも伝えて、そして旅立っていった

c0041105_21130482.jpg
thank you #69 , we'll never forget you











[PR]
by taros_magazine | 2017-05-24 21:37 | motorcycle diary