<   2012年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧
"aftermath" (MotoGP 2012 Round-1 QATAR)
c0041105_16464187.jpg
 ”待ちに待った”はずの開幕戦…しかし、その日を迎えてなお、自分の気持ちは”停滞”ムードを拭い去れないでいた

 オールニューの1000ccマシンの咆哮、久しぶりに7列目まで埋まったグリッド…でも、それらを目の当たりにして感じたのは、期待感ではなくその向こうに透けて見える”大人の事情”だった

 グランプリが曲がり角にさしかかっているのは誰の目にも明らかだ

 カウルの一部にしかスポンサーロゴの見当たらないファクトリーマシン、スペアマシンを用意できないサテライトチーム…

c0041105_16475222.jpg そしてマーケットを拡大する上で絶対的な存在だったバレンティーノ・ロッシの凋落と、次世代のスターになるはずだったマルコ・シモンチェリの悲劇的な事故…

 ドルナがMotoGPの命運を賭けて臨むこの2012年シーズンも、これら有り余るネガティブな要素がもたらす余波を食い止めることはできないと思っていた

 しかし、レースが始まるや否やそんな考えは吹き飛んだ

 まるで王座奪還に執念を燃やすロッシを相手に、言うことを聞かないマシンで驚異的なコントロールを見せていた2008年を思わせるような走りで、ケーシー・ストーナーはRC213Vにムチを入れ続けた

c0041105_16504819.jpg そのストーナーから一時は2秒以上離されたホルヘ・ロレンゾは、すべてのラップで電波時計のように正確かつスーパーハイペースな周回を刻み続け、遂にはそのストーナーを仕留めて見せた

 そして1000ccマシンとのマッチングが不安視されていたダニ・ペドロサは、彼ら2人に一歩も引かない激しい走りで追いすがり、ストレートエンドでストーナーをかわす際にはストーナーがブレーキをかけるまで自分はレバーを引かないと決めていたようなアクロバティックなブレーキングを決めて見せた

 終わってみれば、表彰台の顔ぶれはいつもとまったく変わり映えのしないものだった

 しかし、そこに至るレース内容の濃さはおそらく多くのファンの予想を遥かに超えていただろう

 昨シーズンまでに、既に他のライダー達との”格”の違いを見せていた3人…しかし、そのレベルは彼らにとって通過点でしかなかったのだ

 3人の技術には一層磨きがかかり、その勝利への執念は一段と激しいものとなり、そしてその激しさ故にさらなる高みへと己の走りの次元を上げていく”天上のバトル”

c0041105_1649056.jpg レースを見終わった今は、どうしても胸の高鳴りを押さえられない
 表彰台の3人の姿に、どうしたって”あの時代”をダブらせてしまう

 レイニー、シュワンツ、ドゥーハン…

 20年の時を経て蘇るこの感情…
 
 自分も2012年に賭けてみようと思う



※申し訳ありません、長い間エキサイトの仕様変更についてまったく知りませんでしたので、コメントやファン申請などの機能の設定がめちゃくちゃになっていました。随時対応していきます。ごめんなさい!
[PR]
by taros_magazine | 2012-04-27 22:47 | motorcycle diary