<   2011年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧
"魂" (MotoGP 2011 Round-13 SAM MARINO)
c0041105_113170.jpg
 今シーズン、初めて見せた”攻めの走り”
 そして、ジリジリと後方に埋もれていく”見慣れた光景”・・・

 この日バレンティーノ・ロッシが見せた2つのシーンは、モーターサイクル・レースを戦うライダーにとって、決定的に重要な要素が何であるかをあらためて突きつけた。それは…

 1990年、最終戦のフィリップアイランドは、ついに前戦ハンガリーで初優勝を飾ったホンダの”新エース”、ミック・ドゥーハンの母国凱旋に沸きかえっていた

 ウェイン・レイニー、ケビン・シュワンツという傑出した天才2人に対し、一歩も引かない激しいライディングを身上とするこの若きオージーの一挙手一投足に、サーキット中の注目が集まっていた

 しかし、勝ったのはドゥーハンでも、レイニーでも、シュワンツでもなかった 

c0041105_121268.jpg 満身創痍の”かつてのチャンピオン”、ワイン・ガードナーがカウルの外れかけたマシンで見せた”魂の走り”は、このスポーツが戦闘力の高いマシンや恵まれた才能だけで競うものではないことをハッキリと見せてくれた

 まさにこの日の序盤のロッシのように、ホームタウンGPという特別な舞台で発揮された特別な力…それはロッシがまだ”錆び付いていない”ことを証明したかに見えたのだが…

 マルコ・シモンチェリに差された時のロッシの姿もまた、かつて見たシーンに酷似していた

 あの伝説的バトルの1989年、鈴鹿

 そこで、本来なら話題を独占するハズだった一人の”かつてのチャンピオン”の復活…
 全盛期を思わせるロケットスタートで大観衆を沸かせたフレディ・スペンサーは、なんとかトップグループに食らいついていた

 しかしヘアピンの入り口でケビン・マギーにインを差された時、スペンサーは驚いたように挙動を乱した

c0041105_174979.jpg 83年にはここからスプーンカーブまでブラックマークを引いて走った彼は、まるで”抜かれる”ということをまったく想定していなかったような反応を見せていた

 その後マギーと何度か順位を入れ替えたものの、不可解なコースアウトを何度か繰り返してはまたペースを上げるという不安定な走りでレースを終えた彼は、次戦以降も瞬間的な速さと脆さを見せながら、やがてグランプリを去っていった

 これまで幾多のバトルを制してきたロッシが、この日抜かれる際に見せた挙動と、その後の淡白な走り…

 ”ハンティング”の対象となったハンターが、その恐怖に耐えられなくなった時には、たとえどんなに優れた道具や技術を持っていても生き延びることができないという事もはっきりと見せたレースだった

 はたして、バレンティーノ・ロッシはこのままスペンサーのようにフェイド・アウトしてしまうのか?

 それとも、ガードナーのように再び勝利を手にすることができるのか?

 ただ、あのフィリップアイランドの激走の後のガードナーの唯一の勝利となった92年のドニントン…
 その魂の走りの原動力は、”ホーム”ではなく”引退”だったのだが…

c0041105_13072.jpg

[PR]
by taros_magazine | 2011-09-18 01:01 | motorcycle diary
"Apocalypse" (MotoGP 2011 Round-12 INDIANAPOLIS)
c0041105_2174045.jpg この虚しさは何なんだろう?

 目の前では久しく目にしていなかった”天才”が、その持てる能力を思う存分発揮し、驚異的なスピードでトラックを駆け抜けているというのに…

 それは以前から言われているような、ケーシー・ストーナーというライダーの他を寄せ付けない圧倒的な勝ち方が原因ではない

 バレンティーノ・ロッシが相も変わらずぎこちない走りで下位争いに終始しているからでもない

 多くのライダーのヘルメットに、レザースーツに、そしてマシンに貼り付けられた白地に赤の国旗がカメラに映し出されるたびにこみ上げてくる、この言いようのない気持ち…

 3月11日のあの出来事以降、被災した人ばかりではなく私たち日本人全てが、世界中から寄せられる支援とメッセージにどれほど勇気づけられたことだろう

 とりわけ日本と関わりの深いモーターサイクル・ロードレースの最高峰の舞台では、ライダー達がさまざまな手段でそれぞれの母国のファンに対して日本への支援を呼びかけてくれた
 
 しかし今、”復興の象徴”として開催されるはずだった”日いづる国”のグランプリは、メーカーや統括団体への忠誠心を計る”踏み絵”のようになってしまった…

c0041105_2175481.jpg 『300km/hでのクラッシュをも恐れないライダーが0.14μsv/hの放射線が怖いのか?』
 『日本から伝わってくる情報はウソばかりじゃないか!』 
 『フクシマじゃ何十万人もの人が普通に生活してるんだぜ?』
 『チェルノブイリの時には強制避難するほどの放射線量だろう!』

 誰が正しいのか、何が真実なのか、おそらく回答などない議論が9月30日が迫るにつれて感情論にかわっていく…

 震災のことなどひと時忘れて、世界のトップライダーたちの走りに酔うはずだった3日間も、今となっては開催の可否も含めて、どんな結末になろうとも決して後味の良いものになるとは思えない

 『日本には行きたくない』というライダーたちを非難しようとは思わない

 そういう彼らに失望するファンの気持ちも十分に理解できるつもりだ

 誰も悪くないのだ
 誰もが、この忌まわしい出来事に苦しんでいるのだ

 遠くアメリカの”モータースポーツの聖地”では、誰もが思い思いのスタイルでレースをエンジョイしていた

 はたして日本で、そこに集まったファン達が心からの大歓声をあげることができる日はいつのことになるのだろうか?

c0041105_218996.jpg


 
[PR]
by taros_magazine | 2011-09-02 16:39 | motorcycle diary