<   2011年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧
危険なライダー (MotoGP 2011 Round-4 France)
c0041105_21275060.jpg
 あらためて”クレイジー”と言われた89年から90年代初めのグランプリを振り返ってみた
 
 それまでのグランプリが牧歌的に思えてしまうほど激しいドッグファイトが、全レース…いや、全ラップ、そして全てのコーナーで繰り広げられていた時代…

 時にライバルのマシンに蹴りを入れたり、尻を触って挑発したりしながらの感情剥き出しのバトルは、”エキサイト”という言葉では生ぬるいほどのインパクトを持っていた

 しかし、そんな時代にあっても接触によるクラッシュの記憶は数えるほどしかない

c0041105_22114867.jpg それもブレーキに不調を抱えていたドゥーハンがローソンやシュワンツに追突したシーンくらいだ

 それに比べてこの数年の接触・転倒の多さはいったい何なのだろう?
 125cc、250cc、Moto2、そしてMotoGP…クラスを問わず、ライバル同士は接触をもってバトルを制しようと試み、その相手を転倒させることが”勝利”であるかのように振舞っている

 そこには戦略も技術も何もない 

 ただブレーキを遅らせ、相手のインサイドに飛び込み、自分だけは転ばないようなスピードとラインをキープするか、すぐそばにいるライバルの存在に気づかないフリをして激しくマシンを振るか、だ

 そうして”結果”を残してきたライダー達が、意気揚々と次なるステージへとステップアップしていく

 いつしかサーキットは結果さえ出せば何でも許される無法地帯になってしまった

c0041105_2222176.jpg アタックを邪魔する者には鉄拳を、一人でタイムを出すことのできない”金魚のフン”には目の前でアーリーブレーキを、パドックの裏では人格攻撃を…

 ただ、それらは必ずしもライダー個人の責任だとは言い切れない
 
 ある意味、そうした風潮を”容認”してきたのがFIMの曖昧な裁定だ

 原田哲也とロリス・カピロッシの件を紐解くまでもなく、”レーシング・アクシデント”を拡大解釈してきたFIM…

 しかし出走台数の減少に歯止めがかからない今、彼ら運営サイドは自らがこれまで下してきた判断のツケを払うためにやっきになっているように思えてならない

 今回のダニ・ペドロサとマルコ・シモンチェリの接触の件で言えば、個人的にはシモンチェリがこれまでのいくつかのオーバーテイクほど危険な走りをしたようには見えなかった
c0041105_22285270.jpg
 250cc時代、彼が初優勝を飾ったムジェロのレース…あのストレートでのエクトル・バルベラとの接触に比べれば、今回の接触など”よくあるレーシング・アクシデント”だとシモンチェリが思ったとしても仕方のない程度のようにさえ思えた

 しかし、今回の裁定は思いのほか早かった

 前戦ポルトガルのプレス・カンファレンスで自らの”危険性”を悪びれることなく主張してみせたシモンチェリには、あっさりと”クロ”の判断が下された…

 このまま”厳罰化”の方向に向かっていくのなら、それはそれで良いことだろと思う

 ただ、今回のような接触がもう一度起きた時、運営サイドは本当に同じ裁定が下せるのだろうか?
 アウトから被せていったライダーがバレンティーノ・ロッシやホルヘ・ロレンゾでも…
c0041105_22492968.jpg

[PR]
by taros_magazine | 2011-05-22 22:47 | motorcycle diary
Runaway Boy (MotoGP 2011 Round-3 PORTUGAL)
c0041105_14142167.jpg
 ホルヘ・ロレンゾは、その瞬間まで思っていただろう
 
 『ダニのペースはそのうちに落ちる』と

 スタート直後から、わずかコンマ1秒ほどのディスタンスでへばり付いてくる同郷のライバルよりも、むしろ開幕戦で圧倒的なパフォーマンスを見せたケーシー・ストーナーこそが、最も警戒しなければならない”直接対決”の相手になるはずだった

 そのストーナーも同じマシンに乗るかつての同門のライバルよりも、むしろマシンパワーではハンディキャップを負っているはずのヤマハでカタールでただ一人食らいついてきたロレンゾこそが、最も逃がしてはならないターゲットとして見ていただろう

 ところが5ラップ、10ラップが過ぎても、ダニのペースは落ちない
 
 いつもと違うダニ・ペドロサに業を煮やしたロレンゾがペースを上げても、手負いのスパニッシュはまったく離されなかった

 それどころか無理にブロックするわけでもなく、ストレートエンドでもインを空けているのに、ペドロサは彼の本来のスタイルである”逃げ”を放棄したかのように、静かにロレンゾの背後で様子をうかがっているようだった

 そんな2人のスペイン人のペースに悲鳴を上げたのはストーナーだった

 落ちてくるはずのペドロサに幻惑されたかのように不安定なライディングに陥ってしまった彼は、中盤を過ぎると”因縁のライバル”であるバレンティーノ・ロッシ、そしてオフには一時シート争いを演ずることになった相手のアンドレア・ドヴィツィオーゾの2人のイタリア人が繰り広げる4位争いとの間隔をキープすることが先決となってしまった

 15ラップ、20ラップ…

 まだロレンゾの背後にはペドロサがいた

c0041105_14465733.jpg これまで何度も同じように後ろからペドロサを”料理”してきたロレンゾは、それでも自らのライディングスタイルを変えなかった

 『自分の信じるペースで走りきれば、きっとダニは…』

 しかし25ラップ目、ロレンゾのその確信が不安に変わった

 自身が最も得意とするストレートエンドでのハードブレーキング…
 
 敢えて無理なブロックをせず、今度は背後から追い詰めるべくほぼ無抵抗でペドロサにオーバーテイクを許したはずのロレンゾだったが、ペドロサの後姿はコーナーごとに小さくなっていった

 自らの完全な誤算で勝利を逃すことになったロレンゾは、ここで初めて今日最大のライバルになるはずだったストーナーとの差を計算するハメになった…

 逃げて逃げて、そして逃げ切って勝ってきた

 でもずっと競り負けてきた

 意地だけで飛ばして、最後には力尽きていた…

 それでも、ペドロサは純粋に速く走ることで勝とうとしてきた

 特にこの1年ほどの彼の走りは、まさに魂のライディングと呼べるほど気迫を前面に押し出してのものだった

 そんな走りを続けていたからこそ、この日見せたような本当の速さを身につけることができたのだろう

 そんな純粋さを持ち続けていたからこそ、この日見せたような本当の強さを手に入れることができたのだろう

 遂に壁を乗り越えたダニ・ペドロサは、どんなバトルになろうとも、誰が相手であろうとも、決して”逃げ”たりはしないだろう
[PR]
by taros_magazine | 2011-05-05 15:11 | motorcycle diary