<   2009年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧
忍野 '09 夏 "CODA"

c0041105_11531773.jpg “奇跡の川”
 それが自分にとっての忍野だ

 初めて訪れたときに目にした魚影、手にしたサイズと魚種、そして何よりその夜の“ロッドティップ”をめぐる出来事だ

 温泉裏のあたりでイブニングを楽しんだ後、駐車場に戻り帰り支度をするときにそのコトに気づいた
 『ティップがない!』

 おそらくはラインを外し、暗い木立の中を歩いているうちに抜け落ちてしまったであろうティップを、すでに闇に包まれた忍野の川辺でその日同行した仲間がみんなで探してくれた

 でもやっぱり見つからず、もうすっかり忘れかけていた頃にその電話があった
 『見つかったらしいよ』

 仲間の一人が忍野の有名ショップのオーナーに事情を伝えてくれていたのだ
 そして“奇跡”は起きた

c0041105_11554827.jpg 誰かがあの昼でも薄暗い木立の中で、細いティップを見つけた
 おそらくはフライフィッシャーであろうその人(そうでなければ“ただのゴミ”にしか見えないだろう)は、それを拾い上げると目に付きやすいように近くの看板に立て掛けた

 そこをまた別のフライフィッシャーが通り掛かる
 看板に立て掛けてあったティップを見つけた彼は、ちょくちょく顔を出すあのショップにそのティップを持ち込んだ
 『コレ、誰かが落としたんじゃないかなぁ?』

 それを聞いたオーナーはふと思い出した
 『もしかして…』
 そして電話機を手にした

 この奇跡的な体験は、釣りそのもの以上に自分の“忍野観”を決定的なものにした

 自分にとってこの湧水の流れは、まるでカトリック信者にとってのルルドの泉の聖なる水のようですらあった

c0041105_1154204.jpg だから、この日もいつもより少しだけ敬意を持ってやってきた
 
 足場の高い上流部用のほかに、聖なる流れに住む魚たちにふさわしいネットを用意し、奇跡の川で1日を過ごすつもりで…

 その新しいネットでいくつかのリリースをした後、車へ今まで使っていたスライド式の長柄のネットを取りに戻った
 『ない…』

 車の車体下に置いてあったネットは、跡形も無く消えていたのだ

 どこにでも売っている安物のネット…しかし、それ故に誰が持っていても不思議はなく、犯人探しなどする気にもなれなかった

 初めてここを訪れた日の、あの夜と同じ駐車場で消えてしまったネット…

 この程度の出来事は、きっとどこの釣り場でもあるごくありふれた話なのだろう
 しかし、勝手な考えだとわかってはいるけれど、この忍野でだけはこういう体験をしたくなかった

c0041105_11551260.jpg それでも、この川の流れに罪があるわけではない

 奇跡を起こしたのも、また罪悪を犯すのも、ここにやってくる釣り人…
 そして自分もまた、その中の一人だということ…これが今の自分の“忍野観”だ


*taro's magazine mainsite …
[PR]
by taros_magazine | 2009-07-30 12:06 | fly fishing diary
根羽川 '09 夏 "Niche"
c0041105_11372514.jpg
 この川の特徴は…何もない

 護岸ばかりが目に付く貧相な流れ、どうしたって隣接する漁協に比較されてしまう魚影、交通の要所にありながら、下伊那や岐阜方面へ向かう釣り人の通過点となってしまうような寂しい知名度

 愛知県との県境に位置する、長野でも最も小さな村のひとつ…そこを流れる矢作川の源流部がその根羽川漁協の管轄だ

c0041105_11381352.jpg そんなエアポケットのような釣り場が、自分の釣りに対するスタンスにピッタリと合ってしまってからもう10年以上が経過した

 そして今年もこの流れの、いつものポイントにやってきた

 目と鼻の先にある幹線国道を走り抜けるトラックの爆音が聞こえるような法面脇の小さな落ち込み…今まで何度もアマゴやイワナの良形がヒットしたその場所で、今年も派手な水しぶきがあがった

 『何だ、この引きは…』

 この細い流れにはおよそ不釣合いな激しいファイト…
 やがて水面を飛び出したその魚体に思わず声が出た

c0041105_11384159.jpg 『レインボー?!』

 根羽でも別の支流…上流に管理釣り場があるような…でなら、何度もこの姿を見た
 
 でも、この川はそこから一番離れた源流部…しかも大小いくつもの魚止めがあるというのに…

 理由はひとつしか考えられなかった

 この流れの先にある開発地…かつてイワナの種沢だったこの谷をモルタルで濁った排水路に変え、申し訳程度のアマゴを放流することで“清流が流れる里”という付加価値を謳うあの別荘地…

 レインボーを放ったのが業者なのか、それとも住民なのか、善意かどうかさえも自分にはわからない
 それに、今ここにレインボーがいるからと言って、とりたてて何かを嘆くほどのことでもないだろう

 ただ、今まで自分の心のスキマにピッタリとはまっていたこの川での釣り…そのスキマがほんの少し広がって、そして何かが漏れだしてしまったような気がした
c0041105_11391127.jpg


*taro's magazine mainsite …
[PR]
by taros_magazine | 2009-07-30 11:45 | fly fishing diary
寒狭川 '09 春~夏 "the Fortune Teller"
c0041105_11264084.jpg
 それなりに年月だけは積み重ねてきた寒狭川でのフライフィッシング…

 早春の北風をやるすごす谷も、増水の影響を受けない流れも知ってし、それにどうしても魚の顔が見たいときに入り込むようなポイントだって分かっているつもりだった

c0041105_1125597.jpg だから、初めてバンブーロッドを持って訪れた3月も、魚影の濃さではなく気持ちよく振れる渓相でこの大名倉を選んだ

 『今日釣れなくても、また今度あそこに行けばいいから…』

 1時間ほどの短い釣りは“予想通り”不発だったけれど、失望も不安もない、穏やかな1日だった

 それから3ヶ月、こんどは“釣り”に行った
 平日の午前、張り巡らされた蜘蛛の巣に先行者がいないことを確信し、今度こそバンブーロッドから伝わる魚信を期待して…

 結論から言えば、その期待は現実のものとなった
 この流れに棲む飴色のアマゴも、吉田ロッドとの見事な一体感も堪能することができた

 でも、小さな違和感を抱えたまま、寒狭を後にしたのもまた事実だった

 その違和感は翌週には耐え切れないほどの大きさになってしまった
 イブニング近くに訪れた、かつて尺アマゴをヒットした小さなプールでは、数匹のカワムツが替わるがわるライズを繰り返していた
 同じくイブニングの名ポイントだった堰堤上は、上流の工事の影響で濁ったプールになっていた

c0041105_11255973.jpg これまでにも、何度かこの川での釣りというものに対する不安や危機感みたいなものを感じる瞬間があった
 実際、鰻沢や澄川といったかつての“種沢”も、もう何年も前にすっかり様相が変わってしまい、今ではただの釣れない谷川だ

 しかし、今年に入って感じた寒狭川の“変化”の具合は、その範囲もスピードも明らかに常軌を逸した程度で進行しているように感じた

 でも実際には災害をもたらすような豪雨があったわけでもない、土木工事が行われている箇所も規模も例年とそう変わっていない
 正確に調べれば、きっと目に見える流れの姿も、そこに棲む魚たちの数も、変わっていないのだろうと思う

 理由はわかっていた
 ついに今年着工されることになった36年前の計画…そのことが頭から離れないから、ほんの些細な魚影の変化や流れの濁りにどうしても過敏に反応してしまう…

 6月に3週続けて通ったこの寒狭川…そして今まで何十、何百回と通ったこの川に、今初めて、釣りに行くことが“怖い”と感じている
c0041105_1127451.jpg


*taro's magazine mainsite …
[PR]
by taros_magazine | 2009-07-30 11:30 | fly fishing diary
天竜川 '09 早春 "see you"

 去年の11月、このエリアのシーズン最初のヒットは見たこともない巨大なレインボーだった

 #6ロッドをバットからグイグイ曲げてもがく銀色の魚体をやっとネットの届くところまで寄せた時、そのレインボーと目が合った

 次の瞬間、想像もつかないようなスピードで一気に走ったレインボーのパワーに、5xのティペットはあっさりと根をあげた…

 その週末にはこれまでより一回りゴツいリーダーとティペットを購入し、その数日後にまた同じポイントに入った

 そしてまた確かな手応えがあった
 慎重に手繰り寄せ、あと少しでその姿を…という時、またしても猛スピードで流れに乗られてしまい、そして切られてしまった

c0041105_1324258.jpg そんなことはあったけれど、このシーズンの天竜での釣りはいつも上々だった
 毎回のように50センチ級をキャッチできたし、いままでのどのシーズンよりも充実した秋~冬だった

 そしていよいよ渓流の解禁が近づいた1月半ば…
 おそらくはシーズン最後の天竜…選んだ場所は当然あのポイントだった

 秋に比べれば随分と反応はシブくなっていたけれど、それなりのサイズがいいテンポで釣れてくれた

 帰り時間も近づき、もう何度もラインブレイクしたことなど忘れかけていた時、かすかに動いたマーカーに合わせた右手に強烈な重さが伝わってきた

 “ギ…ギシ…”
 実際にはそんな音は聞こえていないのかもしれない。でも、明らかにヤバそうなベンドを見せるロッドが悲鳴を上げていることは確かだった

 瀬だろうが流れだろうが、入っていけそうなところでは迷わず魚に付いていった
 この数ヶ月でリールのドラグの使い方も何となくわかってきた

 おそらく、釣り経験の中で最も長時間だったであろうファイトの末、やっとネットインさせた自分にとっての“堰堤下の主”

 もちろん、このレインボーが11月のアイツと同じ魚かなんてわからない
 この天竜にはこのサイズのレインボーは何10匹もいるだろうし、本当の“主”はもっとデカくて、自分なんかでは到底太刀打ち出来ないサイズかもしれない

 でも、あの時一瞬だけ交わした視線を、その時伝わってきた無言のメッセージを、今ネットの中にいるレインボーから確かに感じたのだ

c0041105_1324479.jpg ネットから大きくはみ出したレインボー…リリース前に再び合わせたその目から、今度ははっきりとメッセージが伝わってきた

 『釣られてやったよ。最後だからナ』

 だから、自分はこうつぶやいてリリースした
 
 『最後なんかじゃないよ。また秋に会おうや…』


*taro's magazine mainsite …
[PR]
by taros_magazine | 2009-07-30 11:05 | fly fishing diary
"Excuse…" (MotoGP 2009 Round-10 BRITISH GP)
c0041105_2033545.jpg
 グリッド上でケーシー・ストーナーは、きっと何度も何度も自分に言い聞かせただろう
 『雨は来る、必ず…』と

 別のタイヤが装着されたスペアマシンへの乗り換えが許される"WET RACE"が宣言されたこともあり、ほとんどのチームはドライタイヤでのスタートに迷いはなかった

 問題はソフトか?それともハードか?というコンパウンドの選択だけだと思われた

 しかし、2人の世界チャンピオンを抱えるドゥカティワークスだけが、レインタイヤの装着されたマシンをグリッドに並べていた

c0041105_20344832.jpg 小粒ながらもポツリポツリと絶え間なく落ち続ける雨、しかし上空にはところどころ雲の切れ間…
 
 路面は濡れているわけでもないが、それまでに降った雨の影響は未知数…
 それでも、それがレインタイヤをチョイスするような状況でないことは、奇策で上位を狙うべきサテライトチームが定石どおりドライで出てきたことからも明らかだった

 かくして始まったレース…しかし、真っ赤なドゥカティの2台は3ラップ目には6秒、5ラップ目には9秒ものラップ差でトップグループから離され、2台で最後尾を争ったあげくに13ラップ目にして早くも周回遅れとなってしまった

c0041105_20341550.jpg チームはドライタイヤを履いたスペアマシンをピットにスタンバイさせたが、もはや雨を望む気力もドライで追い上げる意欲も尽きてしまったであろう2人はいつまでたっても戻ってはこなかった

 そして終盤、待ち望んだ大粒の雨が降ってきたが、すでに寿命を終えた2人のレインタイヤはドライタイヤで走る他のライダーよりも遥かに遅いラップしか刻めなくなっていた…


 一体、この日ドゥカティは何を恐れたのか?

 トータルバランスに優れた日本製のGPマシンに対し、最高速という一点突破で果敢に挑んできたラテンの情熱
 アルミのツインスパーフレーム全盛の中で、敢えてトラスフレームのマシンを持ち込んだイタリアンレッドの誇り
c0041105_20371191.jpg
 そうした斬新な発想と、このレースでのタイヤ選択は、一見共通しているように見えるがその根底にある”信念”という部分で180度真逆に位置する考え方だとしか思えない

 そしてこの暗雲垂れ込めるドニントンで、悪魔はストーナーとニッキーに何と言ってささやいたのか?

 ストーナーよ、昨シーズン、バトルを避け先行逃げ切りでの勝利に固執した結果失ったモノを忘れたのか?
 ニッキー・ヘイデンよ、あのラグナ・セカでの真っ向勝負による勝利の味の素晴らしさを忘れたのか?

c0041105_20373078.jpg 幸か不幸か、チャンピオンシップをリードする2人の転倒により、ポイント争いという部分ではストーナーの傷口は小さく済んだのかもしれない

 しかし、攻めて転倒したバレンティーノ・ロッシとホルヘ・ロレンゾの2人とは異なり、勝ち目のないギャンブルに溺れたストーナーには、ポイント差では表しきれない深い傷が心のどこかに刻まれてしまったのではないだろうか…


*taro's magazine mainsite…
[PR]
by taros_magazine | 2009-07-28 15:28 | motorcycle diary
Super Sprint Race (MotoGP 2009 Round-9 GERMAN GP)

c0041105_11564112.jpg バレンティーノ・ロッシは不気味なほど動かなかった
 
 抜群のスタートでホールショットを決めても、”最速の逃げ馬”ケーシー・ストーナーに先行されても、ロッシは他のどのライダーとも違うラインで、精密機械のように淡々と周回を消化していった

 ストレスのたまるこのザクセンのコースで、今年何度も辛酸を舐めてきたレインコンディションの中で、執念で奪ったポールポジション…それでもこの決勝レースでの彼の走りは、そうした”執念”や”熱意”というものとはかけ離れた、何か冷たいものを感じさせるようなライディングで走り続けていた

 いわゆる”4強”が後続を引き離し、レースが中盤にさしかかってもロッシは動かない
 
 まるで他の3人ではない”何か”との戦いに集中しているようなロッシの走り…その”何か”が、次第に姿を見せ始めた

 必死に勝ちパターンに持ち込もうとしていたストーナーのペースが乱れだすと、ロッシはそうなることがわかっていたかのように、やはり淡々と抜き去った
 
 ダニ・ペドロサもストーナーと同様にジリジリとロッシから離れていった

 そしてホルヘ・ロレンゾがロッシの真後ろに迫ってきた

 カタルニア、オランダ、アメリカ…手持ちのすべてのカードを切り合うようなバトルを繰り広げながら、何とか制してきた後輩、チームメイト、そして最大のライバル…

 そのロレンゾが何度揺さぶりをかけてきても、まだロッシは動かない

c0041105_12234484.jpg ブロックするわけでも、逃げるわけでもない。それどころかインを差されかねないような大きく弧を描くラインで、ただ淡々とラップを刻み続けるロッシ…

 そんなロッシの後姿から何らかの”意志”を感じ取ろうと、ロッシをフォローし続けたロレンゾだったが、残り5ラップを切ったところで、遂にロッシの前に出た

 それでもロッシは動かない。クロスラインやオーバーテイクラインのシミュレーションの動きすら見せない

 ロッシはいつ動くのか?それとも…
 
 カタルニアでは何とか守り抜いた王者の誇りを、ついに手放す時がやってきたのかと思われ始めた残り2ラップ、遂にロッシが動いた

 1コーナーへのアプローチを信じられないほどイン寄りから開始したロッシは、2段ブレーキでロレンゾの前に出ると、大きなラインとタイトなラインを巧みに織り交ぜてロレンゾを押さえ込んだ

 最終ラップの1コーナーを再びタイトに曲がり、バックストレートエンドの左コーナーではさらに厳しいラインでロレンゾを封じ込めた

 そしてロレンゾが最後の勝負を賭けるべく飛び込もうとした最終コーナーのイン側のラインは、周回遅れのガボール・タルマクシが塞いでいた…

 バレンティーノ・ロッシは、28ラップもの間、ただタイヤのライフだけを考えて走っていたのだ

 誰にどれだけ先行されようと、残り2ラップで、そしてその2ラップの間の勝負どころのいくつかのコーナーでだけキッチリとグリップしてくれればいい…それがこのレースでのロッシの唯一の戦略だったのだろう

 しかし、最終ラップの最終コーナーにもしタルマクシがいなかったら?

 それは愚問だろう

 何故なら、この日のロッシなら数ラップ前にストレートの先にタルマクシが見えた時点で、そこまで計算できたはずだから…
c0041105_1259741.jpg


*taro's magazine mainsite …
[PR]
by taros_magazine | 2009-07-20 13:04 | motorcycle diary
Respect (MotoGP 2009 Round-8 USGP)
c0041105_10403586.jpg
 ヤマハのピットで、ホルヘ・ロレンゾのアタックをモニター越しに見て微笑んだ彼の脳裏に浮かんだのは、89鈴鹿のシケインでのあのオーバーテイクシーンだったのか…

***************************************
c0041105_10545167.jpg
 予選での激しいハイサイドにより右肩を負傷しながらも、ホルヘ・ロレンゾはバレンティーノ・ロッシを射程距離に捕らえたと見るや、すべての力を右腕に込めるようなハードブレーキングで仕掛けた
 
 激しく暴れ、ロッシのラインに向かってくフロントホイールを必死になだめすかし、コースアウト寸前で最終コーナーをターンすると、ストレートの彼方に去っていこうとするロッシの姿が見えた

 ロレンゾは残り3周に勝負をかけるべく、再びペースを上げた
c0041105_10552999.jpg
 届かないと思っていたダニ・ペドロサの後姿はコーナーを抜けるごとに大きくなってきた

 ロレンゾの追撃から逃れるため、ハイペースで走り続けたロッシがコークスクリューを駆け下り、高速S字をクリアして遂に真後まで迫った時、残るコーナーは1つだけだった

 オーバーテイクするためのギャンブルブレーキか、それとも…
 決断までのコンマ数秒…いや、100分の何秒かの短い間に、ロッシにはいくつかの記憶がフラッシュバックしただろう

 セテ・ジベルノーとの確執を決定的なものとした2005年ヘレスでの最終ラップ・最終コーナーでの接触、マルコ・メランドリの右足にステップを突き刺してしまった同じく2005年のもてぎ…

 ロッシは2位を受け入れた…

******************************************
 あの89年の鈴鹿もそうだった。91年のホッケンハイムもきっと同じだろう
 ウェイン・レイニーとケビン・シュワンツだから、どれだけクレイジーなバトルも”レース”として成立したのだ

 グランプリは勝利を、ポイントを獲得するための”ヴァーリ・トゥード”ではない
 
 グランプリには、勝つことよりも大切なものがある…それを、ロッシとロレンゾは偉大なる王者達の目の前ではっきりと示した

 永遠に語り継がれるであろう去年のレースに比べれば、淡々とした内容だったかもしれない
 しかしチェッカー後の光景は、このカリフォルニアの空のようにさわやかに澄み切っていた

*taro's magazine mainsite…
[PR]
by taros_magazine | 2009-07-19 11:41 | motorcycle diary