<   2008年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧
Heaven's Door
c0041105_225171.jpg
 豊橋方面から寒狭川上流漁協管内のフィールドへ向かうとき、大抵は稲目トンネルを通ることになる

 かつて鉄道専用だったこの長いトンネルを抜けるとそこには寒狭本流が横たわり、そこで信号を左に折れても、あるいはそのまま直進しても、アマゴやイワナが棲む支流群がそこから先には広がっている

 そのトンネルを抜けるときの感覚をどう表現すればいいのだろう?
 暗く長い闇を抜け、目映いばかりの光を放つ世界に飛び込んでいく瞬間…

 それは、臨死体験をしたと称する者が語る”天国”へ向かう瞬間のようなものなのかもしれない
 あるいは、「もしかしたら皇室に伝わる”人から神”に変わる儀式がこういうものなのかもしれない」とさえ思えてしまう

 寒狭上流での今シーズン最初の釣行となったこの日も、”俗世”と”パラダイス”を隔てるこのトンネルを抜けてやってきた

 トンネルを出てすぐのポイントを眺めると、古い橋からは餌釣りのおじいさんが糸を垂らし、上流のプールではルアーマンがキャストを繰り返していた

c0041105_2253819.jpg いつもと変わらないのどかな光景…しかし、その穏やかな気持ちは川原へ降りて一変した

 食い散らかされたコンビニ弁当のパッケージと、明らかにゴミを燃やした焚き火の跡、そして無惨にうち捨てられた魚の内臓…
 3日前の解禁日は、寒狭中部で使うものと同じフライをくわえた数匹のシラメだけでなく、この”パラダイス”には到底不釣り合いな”俗物”をもたっぷりと残していた

 ふと、昨年のこの時期に見た支流の釣り荒れた姿を思い出した 
 この日トンネルを抜けてやってきたのは、本当に”パラダイス”なのか、それとも… 
 ところどころに雪の残る川沿いの国道を走り、上流部の堰堤に向かった

 そこで見たものは意外な光景だった
 堰堤上のプールはほぼ全面が氷結し、その下のポイントはおそらく堰堤からはき出された堆砂ですっかり浅くなってしまっていた

 無駄とはわかっていながら、魚影のないプールでミッジをキャストし続けた
 でもやっぱり、何も起きなかった…

 トンネルの先にあったものは、”天国”でも”パラダイス”でもなかった
 確かにそこは時々夢のような気分にさせてくれるけれど、それは神から与えられたものでも、天から降ってきたものでもない

c0041105_22542125.jpg そこにあるのは、厳しい自然とそこに住む人の生活、そして漁協や釣り人の行為がもたらした現実なのだ

 それでも、また今度フライロッドを積んでこのトンネルを走り、出口の光が見えたなら、自分はきっと高揚してしまうだろう

 ここでフライフィッシングができなくなるその日まで…


*today's tackle  
rod:Rightstaff 8'10 #2 (CFF)
reel:Marquis #2/3 (HARDY)

 taro's magazine mainsite …
[PR]
by taros_magazine | 2008-02-25 23:04 | fly fishing diary
”祭りの後”を想う

 2月も半ばとなると、この地域では渓流釣りのフィールドの選択支が一気に増える

 全国的に有名な2月初旬の寒狭中部の解禁から始まり、16日の下伊那、そしてその直後の寒狭上流と続く2週間は、本当に刺激的で、その反面妙な焦りを感じる何とも不思議な時間である

c0041105_024384.jpg そんな十分な選択支があったはずの日曜の朝、自分はもう何年も解禁直後に結果が出ていない宇連川にいた

 もちろん、久しぶりに会うこととなる仲間との会話も楽しみであったが、それよりもこの川の、漁協の”今の姿”を見ておきたいと思ったからだ

 ここでの渓流釣りは、数年前までは寒狭中部漁協とほぼ同時期に解禁していた
 しかし昨年、突然2月後半の日曜日へと解禁日をシフトした

 それについて、その前の年の10月に気になる発言をある会合の席で漁協の組合長が述べていた
 『もう宇連川ではアマゴは無理だ。来年はやめようかという話も出とる』

 メインの釣り場だった大島川でのダム建設、万年渇水の宇連ダムからはき出されるヘドロ、天竜川からの導水による生態系の変化、そして平成の大合併…何がどう影響しているのか、それとも何も変わっていないのか…とにかく宇連川漁協が深刻な状況にあることだけは間違いなかった

 そんな中で起きた”謎の解禁日変更”と、わずか1年で元に戻った日程…
 それは”復活”なのか、それとも”断末魔”なのか、確かめたかった

 結果的にはわからなかった

c0041105_0373076.jpg でも、この日は何年かぶりに、宇連川らしい小降りながらも愛嬌たっぷりのアマゴをキャッチすることができた
 昨年に比べれば、釣り人の数もずっと多かった
 駐車場で会った年配の釣り人は『ここはエエよ。空いとるし、そんな寒くないし』と笑顔を見せていた

 少なくとも自分にとって、この日宇連川は輝いて見えた
 里の風景も、釣り人の笑顔も、そして魚たちの姿も、断末魔には見えなかった

 一方、午後から訪れた寒狭中部は大勢の釣り人で賑わっていた
 地元はもちろん、遠く関西方面のナンバーの車も見かけるこのフィールドだが、ひとつ気になるのはメインのポイントとなるヤナの駐車場だ

 解禁日こそ釣り人に解放されているが、その後はロープで締め切られていることも多い
 遠方からの釣り人には、漁券を売っている店の、超一級ポイントの真ん前の駐車場が釣り人を閉め出している姿はどう写るのだろう?

 そしてこの日解禁となった寒狭上流…

 昨年に引き続きフライ・ルアーに一部解放された釣り大会日だが、その区間は専用区ではなく餌釣りも可能だという
 もともとフライ・ルアー禁止の初日に、知らずにやってきたルアーマンと餌釣りの人とのトラブルが原因で設置されるようになった経緯があるだけに、その告知が十分にされているのだろうか?

 それぞれの漁協が抱えるそれぞれの課題…

 これから始まるシーズンを心から楽しむためにも、解禁という”祭り”の後のことに対しても目を向けていかなければと思う


*other side …
輝ける沢の辺で』(by Mr,Rise)
釣り三昧・猫三昧』(by Mr,NENEKO)
アマゴ釣りの憂鬱』(by Mr,M's)
いわなバカ』(by Mr,Shaku iwana)

*today's tackle  
rod:Rightstaff 8'10 #3 (CFF), G2 8'08 #4 (SCOTT)
reel:CT-3/4 (Redington), CMR 3/4 (Marryat)

 taro's magazine mainsite … 
[PR]
by taros_magazine | 2008-02-20 00:43 | fly fishing diary
"TROUT" change the World
c0041105_221827.jpg
 その流れを前にしても、ごく当たり前のようにくニンフを結んだ
 新緑の中を流れる澄んだ渓…車で降りることのできる広い川原もなければ、60センチを超えるレインボーもいないこの寒狭中部の流れで、ロッドの番手こそ違うものの気がつけば天竜川と同じラインシステムで臨んでいた

 ものの数分で奇妙な感覚に襲われた
 天竜なら濁った流れの上を漂うマーカーを見つめていればよかったのに、ここではその下にいるシラメの姿はもちろん、水中を漂うフライさえも見ることができるのだ

 水面、水中、川底…めまぐるしく目配りをしているうちに、どうしていいのかわからなくなってしまった
 サイトで合わせようとするとスッポ抜け、マーカーの反応も読みとれない
 釣り初めて1時間ほどが過ぎ、集中力がとぎれかけていた時、1匹のシラメが目の前でライズを始めた

 そのシラメはまるで挑発するかのように、何度も何度も目の前でライズを繰り返した
 『ココは寒狭だよ。何やってるんだよ』と言わんばかりに…

c0041105_22234314.jpg ほぼ半年ぶりにミッジ用のフライボックスに手を伸ばした
 そしてその中にあったひときわ小さなフライ…と言っても#24程度だけれど…を何種類も10xのティペットに結び、めまぐるしくローテーションした 
 
 でも、見に来るのは最初の数投だけ、そして偶然に目の前でドラッグがかかってフライがスイッと動いたときだけだった

 やがて冷たい風が吹いてきた
 穏やかだった水面が小刻みに波立った

 それでもライズは続いてた
 それどころかそのシラメにつられるように、近くにいたもう1匹のシラメも水面を突つきはじめた

 そのとき、フライはその2匹がもつれ合うようにライズを繰り返しているポイントにあった
 後からライズを始めたシラメがフライの方向に体の向きを変えた瞬間、先にライズしていたシラメがその背後から瞬時にフライに食いついた

 しなやかでパワフルなお気に入りの3番ロッドに伝わる手応えは、長い5番ロッドで受け止める天竜のレインボーのファイトに勝るとも劣らない官能的な重さだった


 ブランニューの小さなネットに横たわるそのシラメは、季節を、そして僕の心のギアを一瞬で変えてみせた

 そして、次のシフトアップももうすぐ…
c0041105_22203541.jpg


*today's tackle  
rod:Fujimaki Special 8'07 #3 (Factory haru)
reel:Halcyone babytrout (KIRAKU)

 taro's magazine mainsite …
[PR]
by taros_magazine | 2008-02-12 22:24 | fly fishing diary