<   2007年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧
   命
c0041105_2143383.jpg この谷を目指して車を走らせている時は、いつも”良くない結果”を思い描いては不安な気持ちになってしまう
 もちろん、普段別の流れを目指しているときでも、「先行者の車が止まっていたらどうしよう…」というようなイヤな予感を多少なりとも抱えてのドライブになるのだが、この谷での不安はもっと根源的なものだ

 「まだ、魚は残っているのだろうか…」

 フライフィッシングを始めた頃、年に何度か通った源流があった
 しばらく釣り上がると、次に林道が交差する遥か先まで、そのまま深い谷を遡行しなければならない寒狭川水系きっての本格源流は、その頃の自分の技術でも多くのイワナを釣り上げることが可能な流れだった
 
 しかし、東海豪雨以降その付近の支流での釣りがシブくなると、多くの釣り人がそれまで”自主規制”していたその谷に入っていった
 
 ほどなくしてイワナが釣れるポイントは上流へとズレていき、ついにはときどき小さなイワナやアマゴが釣れる”普通の源流”になっていった
 
 偶然に知った別の源流部は、3日間続けて通って3日間とも良形のイワナが次から次へと飛び出すほど魚影が濃い谷だった
 しかし、隣接する地域の道路工事が進み、渓相が一変すると同時に魚の姿も極端に少なくなっていった…

 この日目指した谷は、さらに悪い状況にさらされている
 
c0041105_21514325.jpg 数年前に県道が再整備されたのに伴い、これまでその谷を覆い隠していた森は切り開かれ、堰堤が造り出すプールがあらわとなり、さらに釣り人を誘うかのように駐車スペースまでが確保されてしまったのだ

 付近にはたちまち釣り人の放置するゴミが散乱し、山の斜面には産廃までが不法投棄されるようになった
 プールの横の”広場”はたき火の跡が何カ所も残され、谷にはハッキリとわかる踏み跡が目立つようになっていった

 それでも、この日のわずかな時間にこの流れを目指した理由…それは『5月後半』、『雨の後』、そして『夜明けと同時』…という、考えられるすべての好条件を揃えた上で、この流れにイワナがまだいるのかどうかを確かめたかったからだった

 しかし、目の前にあったのはいきなり愕然とする光景だった

 2日前にあれだけの雨が降ったはずのこの森の中の流れは、まるで盛夏の渇水時期のように細かった
 そしてどのポイントからもイワナは姿を見せようとしなかった

 焦りにも似た激しい不安を抱えたまま、次から次へとポイントを叩いていくが、状況は変わらない…
 
 やがて、この森の中で唯一思いっきりキャストできるポイントにさしかかった
 まるでハイプレッシャーな有名河川での釣りのように、ラインを細く長くし、フライを小さくし、そして枝の陰からそっとプレゼンテーションした

 最初に10センチちょっと、次に15センチほどのイワナがやっと顔を見せてくれた…

c0041105_21521248.jpg 
 森から戻り、峠を下り、さっきの谷の流れが注ぐ支流で少しだけ竿を出してみた
 あのイワナよりも大きいアマゴがウソのようにたくさん釣れた

 何の疑いも持たないかのように毛鉤に飛びつくアマゴたちを見ているうちに、数十分前まで自分を苦悩させたあの森のイワナたちのスレた態度が悲しいほどに頼もしく思えてきた

 ベストシーズンを迎えた寒狭上流…そこはキャッチ&リリース区間でもなければ、もちろん禁漁区でもない

 あの森のイワナたちがこれからも生き延びていくためには、”釣られない”ことが何よりも大事なのだから


*today's tackle
rod:George Selvin Marryat 8'00 #2 (Marryat)
reel:SK-1 (Caps)

taro's magazine main site   
[PR]
by taros_magazine | 2007-05-30 22:02 | fly fishing diary
Rise Fishing Strategy (day2)
c0041105_1955960.jpg
 前日に訪れた石徹白が”ライズの川”だとすると、この日訪れた忍野は自分にとっては”サイトの川”である

 川底まで見通せる湧水の中にフライを漂わせ、口をあけて向かってくる魚を待ちかまえ、そしてフッキングさせる…それはまったく違うシチュエーションであるハズの石徹白のライズ狙いと、同じように官能的な釣りだった

 だから今年初めて立った桂川のほとりでも、迷わずティペットにはニンフを結んだ
 赤いプラスティック・ビーズの付いたマラブーに、すぐにレインボーが食いついた

 気をよくして向かった下流では、多くのヤマメがライズを繰り返していたが、”サイトの川”に来たはずの自分は、そのままマラブーを沈めるべく流れに向かってキャストすると…

 それは意外な光景だった
 水に馴染んで沈む前の、水面を漂う黒い流下物に、ヤマメたちが激しく反応したのだ

c0041105_196182.jpg 忍野でのライズは、それこそ”コムズカシイ”釣り方でしか取れないと思っていた
 星の数ほどのブログやWEBサイトが、忍野でのライズフィッシングをドラマチックかつロジカルに語っていることもあり、忍野ではサイトを楽しむことに専念していたのに…

 その光景を見た後から、ポイントごと、釣れるごとにドライとニンフを取り替えながらの中途半端な釣りをすることになった

 ドライで釣れる、ドライで釣れない、ニンフで釣れる、ニンフで釣れない、じゃまたドライ…そんなローテーションを繰り返しながら、最上流部まで釣り上がっていった

 そこでは、この日一番のライズリングが広がっていた

 今までの自分ならスルー、石徹白なら夢中になってしまうその光景を前に、おそらくはこの日最後になるであろうセッションを、ドライにするかニンフにするか、なかなか結論を出せずにいた

 そんなとき、思い出したのがあの頃何度も見たビデオのあのシーンだった

 東北の美しい渓の中、おそらくは尺近いヤマメとのやりとりの最中、”痛恨”のバラシをしてしまったハズの、あるフライフィッシャーの表情…
 それは、故西山徹氏のような満面の笑顔とも、岩井氏のちょっとニヒルな笑顔とも違う、とても無邪気で、それでいて逃げていった魚にさえ深い愛情を感じさせるような素敵な笑顔だった

c0041105_1964423.jpg そんなシーンを思い出し、出なくても、バレても、笑って帰ろうと思い、小さなドライを結んでキャストした

 パワフルなロッドのおかげでうまく飛んでくれたフライに、ライズリングの主はゆっくりと近づき、そして水しぶきを上げた…

 あの頃、何度も見たフライフィッシングのビデオ…

 それは、”フライフィッシング学”の教材としては自分には難しすぎのたかもしれないけど、”遊び”としてのフライフィッシングの楽しさは、存分に伝えてくれていたんだと気づいた


special thanks
 "Rise Fishing Strategy"(VHS-VIDEO) , by Seiji Sato

*today's tackle
rod:G884 #4 (Scott)
reel:CMR 3/4 BRN (Marryat)

taro's magazine main site   
[PR]
by taros_magazine | 2007-05-26 19:07 | fly fishing diary
Rise Fishing Strategy (day1)

 こんな自分でも、フライフィッシングを始めて間もない頃は、いろんなハウツー本を読んだり、何本ものビデオも見た

 しかし、いわゆる”学術的”なコトは何一つ身に付かなかった…というか、まったく頭に入らなかった
 フライのマテリアルの名前も、川に棲む昆虫の種類も、さらには釣りそのものの”戦略”なんていう部分も、そうした”教材”から吸収することはできなかった

c0041105_17543416.jpg おそらくはプールでのシビアなライズなんかの取り方を、懇切丁寧に教えてくれていただろうその種の教材の甲斐もなく、自分は釣り上がっていった先でプールに行き当たると、ほとんど竿を出すことなくスルーして、また次の瀬に向かうようになっていた

 『どうせ釣れやしないよ。そんなコムズカシイ釣りよりも、次のポイントで勝負した方がイイに決まってる』

 長い間、そんな釣りを続けてきた自分を、プールに何時間も張り付かせたのがこの石徹白・峠川だった
 
 目の前に間違いなくいる魚、そして目の前で”ヤル気”を見せている魚を相手に、七転八倒しながらも何とかキャッチ…昨年のシーズン終盤、この”ライズの天国と地獄”を味わったときには『このオフにはもうちょっと勉強しなきゃな…』などと反省したつもりだったのだが…

 結局、この日も昨年同様”手ぶら”で来てしまった
c0041105_17554266.jpg 
 早朝からプールで繰り返されるライズに、あーでもないこーでもないと悶絶しながら、何とか数匹を仕留める…

 しかし、釣れたパターンに何らかの方向性や共通性など見いだせる知識もなく、次のプールでまた同じようなコトを繰り返し、みるみるうちにフライパッチには大小色とりどりのフライがストックされていく…

 そして、去年も玉砕しっぱなしだった駐車場前のプールにやってきた
 淵尻では何匹ものアマゴやイワナが悠々とライズを繰り返していた

 『コレは無理だろ…いくらなんでも…』

 おそらくはこれまで何十人ものフライフィッシャーがキャストする何百もののフライを見て、学習してきたここの魚たちに、自分の戦略が通用するとは思えなかった

c0041105_18144727.jpg いくつもの波紋を目の前にしながら、これまで寒狭川で釣り上がっていたときのように、そんな”コムズカシイ”釣りはあきらめて、帰ろうとしたのだが…

 何故か、このときは『やってやろう』と思った

 捕食してるモノも、サイズもよくわからない。でも、ダウンクロスで目一杯慎重に流すコトが、今の自分にできる精一杯のストラテジー…

 飛び出したのは9寸ほどのイワナだった

 思えば、去年のこの峠川から、自分の釣りの戦略に、ひとつだけ進歩があったのかもしれない。それは…

 ”プールでも竿を出してみる”

 こんな大事なコト(笑)を教えてくれた石徹白に、やっぱり今年も夢中だ
c0041105_1815547.jpg

*today's tackle
rod:G882 #2 (Scott)
reel:CMR 3/4 BLK (Marryat)

taro's magazine main site  
[PR]
by taros_magazine | 2007-05-25 23:59 | fly fishing diary
「次、頑張ろう」(MotoGP 07' Round-5 French GP)
c0041105_044115.jpg
 1990年シーズン、250ccクラスはジョン・コシンスキーとカルロス・カルダスの2人による熾烈なタイトル争いが最終戦までもつれていた
 その時点でのランキングトップ、カルダスは1年の集大成とも言える走りで悲願のタイトルへ向けてシフトアップしようとした…

 そのとき、信じられないトラブルが彼を襲う
 何と、シフトペダルを繋ぐロッドが外れてしまい、ギアチェンジができなくなってしまったのだ

 為す術もなく後続のライダーにかわされた彼は、固定されたギアでピットロードに滑り込むと、ピットレーンで待っていたメカニックをはね飛ばさんばかりの勢いで後輪をロックさせ、シフトペダルを指さしながらひとしきり叫んだ後、マシンを放り投げるようにメカニックに預けてピットの奥へ去っていった
c0041105_021156.jpg
 確かに、彼は自らには責任のないミスにより、タイトルを失うという悲劇を味わった
 確かに、そのミスは世界のトップを争うチームにはあってはならないものだった

 でも、そのシーンを目にしたとき、自分はカルロス・カルダスというライダーに激しい嫌悪感を抱いた
 『スタッフのおかげで勝ったコトだってあるだろうに…』と…


 レース途中から激しい雨に降られてしまったこのフランスGPは、『レースは走っているライダーだけが勝負しているものではない』ということを改めて感じたレースだった
 
 限られたタイヤからベストのものをチョイスするスタッフ、一度も試していないレインセッティングを出すメカニック、そしてモニターに映し出されるライダーの走りに一喜一憂するチーム… 
c0041105_0381471.jpg
 そんなチームスタッフの努力を知っているからこそ、これまで抜群の速さを見せてきたストーナーが3位でも笑顔を見せ、何度も優勝を経験しているメランドリが2位でもガッツポーズを繰り返し、そして6位でフィニッシュしたバレンティーノ・ロッシでさえも安堵の表情を浮かべたのだろう
 
 めまぐるしく変わる難しいコンディションの中、チームは最後まで走りきったライダーを拍手で迎え、ライダーもまたスタッフの努力に敬意を払う…そんな美しい光景が随所に見られたこのル・マンで、一際印象的だったのが125ccクラスでの出来事だった

 トップ走行中、残り5ラップというところでまたもやマシントラブルによるリタイヤを余儀なくされたマティア・パシーニ…

 チームクルーが顔を覆う姿が映し出される中、力無くマシンをウォールに横たえピットに戻る彼の姿を見たとき、90年のカルダスのことが頭をよぎった。しかし…
c0041105_0515217.jpg
 ピットウォールを乗り越え、スタッフに歩み寄った彼がとった行動は、穏やかに笑みを浮かべ、スタッフ一人一人と抱き合い、握手をしながら言葉を交わすというものだった 

 そのシーンを見たとき、今度はカルダスのことではなく、4輪の国内レースでの出来事を思い出した

 同じようにトップ走行中に、ピットインの際のメカニックの不手際によるタイムロスのため勝利を逃した彼は、レース後目を赤くして詫びにきたメカニックにこう言ったという
 『いいよ。次、頑張ろう』

 その後、彼…本山哲は、国内で”絶対王者”とまで呼ばれるドライバーとなった
 
 メカニックとの絆を一段と強いものにしたパシーニは、”ライダーだけが勝負しているものではない”この世界で、さらなる力を得たはずだ
c0041105_18232.jpg



taro's magazine mainsite
[PR]
by taros_magazine | 2007-05-21 00:21 | motorcycle diary
寒狭川での2日間 day-2 「アマゴの渓」
c0041105_23234364.jpg
 誰からの情報にも頼らず、自分で地図を見て、現地へ行ってみて、入渓点を探し、そして実際にアマゴに出会える川だと知ったのがこの支流だ

 もうひとつ下流側の支流のアマゴよりも艶やかで、もうひとつ上流側の支流のアマゴよりもちょっと金色っぽいこの渓のアマゴは、寒狭のどの流れのそれよりも美しく、そして優しい表情をしている

 東海豪雨以降、寒狭への釣行ではいつもまずこの渓を目指した

c0041105_2324117.jpg 他の支流が大増水や濁り、あるいは逆に渇水で釣りにならない時でも、この渓にだけはいつも澄んだ流れがあった

 覆い被さった枝を避けるためのサイドキャストで水面ギリギリを振り抜く…
 ただでさえ基本の無い自分のキャストが、上腕だけの醜いサイドモドキのキャスティングなのは、この渓に通ったからだと今でも思っている

 そんな自分のキャストにも、ここのアマゴは気持ちよく応えてくれる

 魚だけでなく、なぜかガチョウを飼っていて、ときどきこの渓で”散歩”させている地元のおじさんや、今はもういなくなってしまったけれど、いつも人なつっこい表情で不自由な足で駆け寄ってきた白い犬…そんな里の雰囲気が好きで、この渓ではとてもゆったりと過ごすことができる

 でも、この日はほんの少し不安を抱えてこの渓にやってきた

c0041105_23244615.jpg 解禁直後の荒れ果てた雰囲気がどうにも心に引っ掛かっていたからだ

 この日も真新しい先行者の足跡がいくつかあった
 
 でも、それほど殺伐とした雰囲気に感じられないのは、なにもあの日から気温が20℃以上上がったのが理由ではないように思えた

 あの日と同じように、お約束のポイントから魚は出ないけれど、『いる…絶対…』という願望にも似た妙な確信があった

 緑のトンネルを抜けたところで、ティペットを継ぎ足しフライのサイズを#20まで落とし、風が弱くなるのを待って、そっと”サイドキャスト”した

 飛び出したのは、まさにこの渓のアマゴだった

 イワナでも、レインボーでもない。もちろん尺サイズなんて望まない
 色も、艶も、朱点のバランスも、どれもが完璧なこの季節にここで釣れるアマゴ…このアマゴに会いたかったんだ

 フライをいつものパラシュートに戻した後も、何度も”アベレージ”のアマゴが水面を割った
 そんな釣りが本当に楽しかった…
c0041105_2325592.jpg

 2ヶ月ぶりの釣り、2ヶ月ぶりの寒狭…
 そこには、イワナもアマゴもまた”戻って”きていた

 そしてその魚たちに、自分もまた渓に”戻って”きたことを実感させてもらった2日間だった


*today's tackle
rod:"Fujimaki" 8'06 #3 (Factory haru)
reel:Halcyone babytrout (KIRAKU)

taro's magazine main site  
[PR]
by taros_magazine | 2007-05-10 00:01 | fly fishing diary
寒狭川での2日間 day-1 「イワナの谷」
c0041105_2224379.jpg
 アマゴで有名な寒狭川だけど、自分にとっては長い間『イワナの渓』だった

 大名倉の集落付近の路肩で夜明けを待ち、鳥の鳴き声を聞きながら釣り上がる…
 朝マヅメの大名倉川では、決まって瀬尻にグッドサイズのイワナが定位していた

 自分のヘタクソなアップストリームキャストでは視界にラインが落ちてしまうことも多かったけど、それでも何匹かは雑なエルクヘアカディスに飛び出してくれた

c0041105_22251062.jpg 開けたプールでは、大石の脇にいつも何匹かのイワナが付いていた
 毎回毎回、フライを替え立ち位置を変え狙っていたけど、結局一度も釣れなかった

 イブニングは、かつての森林鉄道の停車場跡の下の淵で過ごした
 水面の1メートル上空を夥しい数のカディスやメイフライが同じ方向に飛んでいく様は、まるでもう一つの川が流れているように見えた

 そこでは何匹かのイワナを釣ることができたけど、ときおり回遊してくる50センチ超の”主”だけはフライに見向きもしてくれなかった…

 これらの経験を全て『過去形』で語らなくてはならないのは、あの東海豪雨があったからだ

 あの大水でこの川の渓相は一変し、瀬はフラットな浅瀬になり、大石のプールは澱んだ水たまりになり、スーパーハッチも見られなくなった
 そして自分も、よりアクセスが良く魚影も濃い当貝津方面へと通うようになっていった…

 2ヶ月ぶりの釣り。そのフィールドとして選択したのは大名倉川のあの区間だった

c0041105_22254362.jpg やはり当時とは随分景色は変わっていたけれど、あの懐かしい”匂い”は戻っていた
 『あの頃は、こんなところにイワナがいたんだよな…』
 そんなことを考えながら何気なくキャストしたフライに、いきなり太ったイワナが飛び出した

 あまりの出来事にフライは見事にスッポ抜けてしまったけれど、その金色の巨体は何年もの空白の時間を埋めるのに充分な見事さだった

 そのまま何度か同じようなコトを繰り返しながら、流れが2筋に分かれているハズのところにやって来た

 『水が…ない…』

 メインの流れとなる左側に対し、かつてそこには幅1メートルほどのボサっ川が流れている谷があった
 そしてその流れには、まるでスレていない美しいイワナや、明らかに再生産された小さなイワナが棲んでいた

 あの頃、ボサをかき分けながらボウ・アンド・アローでイワナを狙っていたその谷は、乾いた石と枯れた葉っぱが積もった”ただの谷”になってしまっていた…

c0041105_22281990.jpg その後、良型のイワナを1匹ランディングしたところで納竿し、県道へ出て車まで戻っていった

 帰り道、ふと気になってもう一度あの谷を見下ろしてみる…
 
 すると、あの枯れ谷の上流部にわずかに残っていた水たまりのような小さなプールに、ハッキリとそれとわかる魚影が見えた

 『イワナだ!…こんなところに、まだいたんだ!』

 山の斜面から流れ落ちてくるわずかな清水が作り出す小さなプールには、25センチほどから10センチほどのイワナが何匹も見えた

 自然が残した”爪痕”と、自然が育む”生命”…

 大名倉川は、また大切な何かを自分に教えてくれた
c0041105_22303078.jpg

*today's tackle
rod:G882 #2 (Scott)
reel:CMR 3/4 (Marryat)

taro's magazine main site  
[PR]
by taros_magazine | 2007-05-09 22:31 | fly fishing diary
精神論(motogp 07' Round-4 CHINESE GP)
c0041105_2322725.jpg
 かつて旧日本軍の戦闘機乗りは、出撃前に上官からこう檄を入れられたという
 『燃料がなくなっても気合いで飛ばせ!弾が切れたらカジりついてでも敵機を撃墜しろ!』

 人間が噛みついて墜ちる飛行機があるかどうかは知らないが、最後の手段として”気合い”で血路を切り開くという思考は日本人特有の、いわば”負の発想”だと思っていた

 矢折れ、弾尽きても、決して降伏などしない。竹槍で戦車に立ち向かうようなことを本気で考えていた国民性、さらにはほんの一昔前まで『運動中に水を飲んではいけない』というような”常識”がまかり通っていたスポーツ事情…

 どちらかというと”文系”な自分は、そんな日本人的思考よりも”欧米型合理主義”というものが正しいもののように見えた
 
 開幕戦でのバレンティーノ・ロッシは、ある意味ではそんな”欧米型合理主義”に忠実なスタンスを取っていたように思う

 ケーシー・ストーナーが駆るドゥカティの大砲のようなエンジンパワーを目にしたとき、ロッシのヤマハは何発かの正確な射撃を試みたものの、とても太刀打ちできないと判断するや”勇気ある撤退”をもって被害を最小限に食い止めた
 
 そして”別の戦線”…別のGP…で戦局を優位に進めることで、”最後の勝利”…タイトル…を得ようと判断したのだ

 ”リスクを最小限に抑えポイントを確実に稼ぎ、勝算の高いところで勝負する…”

 現代のグランプリシーンで、チャンピオンを目指す者には必須ともいえるこの”帝王学”こそ、グランプリにおける欧米型合理主義の非常にわかりやすい姿なのだろうと思う

 しかし、カタールでのロッシを見たとき、少し悲しい気持ちになったのもまた事実だった
 ”世界最高のライダー”が、強大なエンジンパワーを持つマシンを、ただ見送るしかないという選択をしたことが…
 
c0041105_23375131.jpg 『ロッシなら、馬力差をなんとかできたんじゃないか…』

 今まで何度も、彼が絶対に不利な条件を克服して勝ったレースを見てきた

 レース中に課された10秒ペナルティをコース上でチャラにしてみせた2003年のオーストラリア、2004年のヤマハに乗り換えての初戦での勝利、そしてタイトル…

 そのロッシが、異次元のトップスピードを誇るドゥカティを相手にどう闘うのか?

 答えは”気合い”だった

 遙か前方を走るストーナーの上体が起きるのを確認し、さらに一呼吸おいてから一気に前後のブレーキを激しく作動させた

 ブレーキの性能やタイヤのライフ、それに後に続く加速への影響といった”合理的な理由”など微塵も考慮しない、とにかくストーナーの前に出るためだけに行った”気合いイッパツ”の超レイトブレーキング…

 それは、あのカタールでの「ロッシなら、馬力差をなんとかできたんじゃないか…」を、誰よりも強く感じていたのは他ならぬロッシ自身なのだと痛感したシーンだった

 そんなロッシの姿を見て、16歳の頃に原付の最高速を試そうと田舎の直線道路で5速全開で走った日のことを思い出した

 もうエンジンが吹けきって加速しなくなった時、それ以上回らないスロットルを握る右手を、もう一段階強く握る…すると、ほんの少しだけ回転が延び、スピードアップした気がしたあの日…

 「絶対あきらめたくなかった」…この日の”気合い”をそう表現したロッシ
 彼の右手なら、レブリミットを超えても本当に加速することができるかもしれない


 taro's magazine mainsite
[PR]
by taros_magazine | 2007-05-06 23:22 | motorcycle diary