<   2007年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧
報い
 
 寒狭上流の解禁日…毎年その日、決まって天に祈ることがある
 『どうか大雨が降りますように… ガンガンに冷え込みますように… 』

 この管内では、解禁初日はフライ(ルアー)は禁止となっている
 ところが今年は”フライ・ルアー専用区”なるものが設置されると聞き一瞬腰が浮いたが、その内情…前年に禁止の件を知らずに入漁券を購入し、釣ろうとしたルアーマンが他の釣り客および漁協とトラブったための緊急避難的対応…を知り、やはりいつものように自宅でテルテル坊主を逆さ吊りして過ごすことにした

c0041105_194174.jpg そして解禁日は見事に雨だった
 前日から三河山間部に降り続いた雨は、保水力の乏しい山林を駆け下り、濁流となって寒狭上流に流れ込んだ
 前日に河原に突き刺さっていた何本もの”場所取り棒”もあっけなく流され、大増水した本流での釣果は非常に厳しいものだったと地元紙は報じていた

 この結果に、自分は手放しで喜んだ
 リリース派が圧倒的に少ない東三河のこの渓では、大勢の釣り人がクーラーボックスを抱えて集まってくる解禁初日の天候が、その後9月末までの釣りを大きく左右する”はず”だからだ
 
 自分の性格の悪さに呆れながらも「これで今年は良い年になる…」と思っていた。この時までは…

 解禁から2日後、選んだポイントは増水の治まった本流区間だった
 ここ数年、橋から確認できなかった魚影が、この日はいくつも見えた。フッキングこそしなかったものの、ファーストキャストでアマゴが出迎えてくれた

 何度かの惜しいやりとりの後、およそ5ヶ月ぶりに寒狭上流のアマゴをキャッチした
 至福の瞬間を迎えたはずだったが、やや銀化したそのアマゴの表情はとても怒っているように見え困惑した

c0041105_191159.jpg 理由はすぐにわかった
 
 すぐにフライを外したはずのそのアマゴの口には、別の鉤が残されていたのだ
 フォーセップで外そうとしたが途中で折れてしまい、結局完全には外せないままリリースしてしまった
  
 気分を変えようとお気に入りの支流に向かった
 ところが、入渓して様子がおかしいことに気づいた
 水量も透明度も相変わらずなのに、何かが違う…

 それは魚の気配だった
 
 小さいながらも、イキの良い美しいアマゴが春先からドライに反応してくれるはずのこの渓に、まったく魚の気配がないのである

 いつも何匹もがクルージングしている浅いプールも、完全に釣り人をナメきって定位している木の下の淵にも魚の姿はなかった

 そのとき、解禁日の様子を報じていた新聞記事の一節を思い出した
 『増水した本流を避け、支流を選んだ○○さんは好釣果を…』

 
 やがて、ネット上でも寒狭上流での釣行記がアップされだした
 そのどれもが”支流”や”上流部”での釣果を誇らしげに掲載していた
 中には、腹を割かれたピレピンの小型アマゴをプラケースに山盛りにした画像もあった

 猛烈に腹が立った
 小型アマゴまでもキープする釣り人に…ではなく、解禁日の雨を、増水を願い、そして大喜びしていた自分に…

c0041105_110261.jpg 結局、悪天候は成魚放流のない支流や自然繁殖で種を保っている上流部へ”キープしたくてたまらない釣り人”を誘導しただけだったのだ
 そして、ここで10何年も釣りをしていながら、そんなことにすら自分は気づいていなかったのだ…

 この支流に魚影が戻ってくるまでどれくらいの時間がかかるのか?もしかしたら、もう二度とそんな時は来ないんじゃないだろうか?
 解禁日、多くの釣り人の不幸を願った”報い”がこれなのだろうか?

*today's tackle
rod:"fujimaki"Special 8'07 #3 (Factory Haru)
reel:Halcyone baby trout (KIRAKU)

taro's magazine main site
[PR]
by taros_magazine | 2007-02-24 01:14 | fly fishing diary
寒狭川

 少なくとも、自分のまわりで”寒狭川”と言えば、それは大名倉や当貝津…つまり寒狭川上流漁協の管内のことである
 しかし多くのフライフィッシャー…それも全国の名だたる名川をフィールドとしている人たち…にとっては、その名は広見ヤナ上の流れや、その下流の大きくカーブしたプールで渋いライズを繰り返すシラメをイメージさせる言葉だという

c0041105_22393367.jpg 寒狭川中部漁協がこうした”名声”を獲得したのは、言うまでもなく”フライ・ルアー専用区”の設置によるものだ
 著名なフライフィッシャーが足を運び、シラメの渋いライズに一喜一憂するシーンはテレビや雑誌でも何度となく取り上げられ、今では長良川と並ぶ2月解禁河川の風物詩となっている

 これまではこうした評判に対し、自分は機会があるごとに『上流の方が絶対にいい釣り場だよ』と主張してきた

 『大名倉の方が渓相は抜群にいいし、魚影も型も当貝津あたりの方が絶対に期待できるのに、何でわざわざ遠くからあんなトコロに…』

 その自分が、3週連続でこのプールに立ち、9xのティペットでシラメと格闘することとなった
 そして、3回目にしてついに寒狭中部名物の”ゼロ釣法”ならぬ”ゼロ釣果”を味わうことになった

 でも、不思議なほど落胆していなかった
 考えてみれば、これこそが自分がイメージしていた”寒狭川中部”なのである
 立ち並ぶフライフィッシャーやルアーマンの中で、スレきったシラメを相手にラインを可能な限り細くし、フライを取っ替えひっ替えしてなんとか仕留めようとするも、最後の最後にフラれる…
 その一方で、確かな技術と戦略を持ったエキスパートが次々とヒットを繰り返す…
 まさに、フライにハマりつつあった頃に雑誌で読んだとおりの光景だった

c0041105_22564529.jpg この日、広見ヤナのプールの水面は、あの頃から技術的にも戦略的にもちっとも進歩していない自分の姿を映す鏡のようだった
 そういった意味で、新しいシーズンを迎えるこの時期に寒狭川中部で半月を過ごしたことは、とても意味深いものだったと思う

 そんな中、ひとつだけ”確実に進歩した”と感じることもあった
 
 それは、釣りを楽しむ、ということ…
 
 仲間たちと並んで竿を出し、バレた釣れたと嬌声を上げる。ランチタイムでも話題は尽きず、持ち寄った料理や、ときには美酒に酔う…

 そんな”大いなる進化”も確認できたこの半月だった
 そして今、季節も気持も自分にとっての本当の”寒狭川”…寒狭川上流へと向かっていくことを強く感じている
 
 この日仲間から頂くことになったお酒を味わいながら…
c0041105_22422025.jpg

 *other side …
一から出直し修行的毛鉤釣』(by Mr,godzilla2004)
Step into the river』(by Mr,BILL)

*today's tackle
rod:G2 8'08 #4 (Scott) , FREESTONE XT 8'08 #3 (Shimano)
reel:CMR 3/4 (Marryat) , TR-L Solid (Abel)

taro's magazine main site
[PR]
by taros_magazine | 2007-02-19 22:50 | fly fishing diary
c0041105_2273459.jpg
 2月のこの時期になると、自宅からほど近い界隈が俄に活気づく
 赤鬼、青鬼、そして天狗…1000年以上の歴史と伝統を誇る”鬼祭”に向けて、各町内が日毎に熱気を帯びてくるからだ

 自分も以前、ちょっと関わったことがあったのだが、その時古参の役員が言った”注意事項”がどうにも引っ掛かった
 『みんな興奮してますから、行列に不用意に近づくと殴られるかもしれませんので気を付けてください』
 
 ”それは違うだろう…人を殴るのは祭りで興奮とかじゃなく、横暴なだけの輩がそれを口実にしているだけの暴力だろうに…”
 祭自体はキライじゃない。でも、それに乗じて暴れるのを楽しみにしている連中がいるような気がして、それ以来鬼祭を見に行っても、どうにも心から楽しめなくなっていた

c0041105_2284721.jpg 解禁の”お祭り騒ぎ”から1週間。寒狭川中部は相変わらず賑わっていた。
 細い道路は夜明け前から4駆やワゴン車で渋滞し、薄暗いうちからプールには何人もの釣り人が陣取っていた

 「解禁だから」という理由だけで、そんな”祭り”の中に身を置くことをこれまでは思いっきり避けていた
 人の視線を気にしながらキャストするのもイヤだし、ライズを他の釣り人と奪い合うようなこともしたくなかった
 
 しかし1週間前に経験した2カ所の”お祭り”は、意外なほど"friendly"だった
 橋の上から右だ左だと”コーチング”してくれる地元のオヤジ連中や、目が合えばニヤリと笑顔を返してくれる餌釣り師、そして丸見えながらもナカナカに賢いアマゴたち…

c0041105_22192249.jpg そんな雰囲気に身をゆだねているうちに、自分が狙っていたライズ目がけて対岸の堤防から垂らしてきたエサ釣りのラインと”オマツリ”した時も、『あー、ちょっとまって…ハイ、取れましたよ!』などと自然に対応するようになっていた

 2週続けて訪れることになったこの日の寒狭川も、例によって至る所でルアーやテンカラ、それにもちろん多くのフライフィッシャーが狭い間隔で竿を振っていた
 時には絡みそうになり、ときにはライズを奪い合いながら…

 結局、”祭り”とか”争い”とかじゃなく、”ただの釣り”なんだと思った
 
 川が流れていて、魚がいて、それを釣るためにやってくる…
 そのことが楽しければ、それでいいんじゃないかと思った

 そして、石徹白でライズを狙うときのように、前日放流された魚を相手にフライボックスをかき漁り、細いラインで狙い続けた…
 あれほど避けていた寒狭中部で、その解禁直後のフィールドで…

c0041105_2291464.jpg そして豊橋の街では盛大に鬼祭が開催された
 たまたま近所に買い物に出掛けたとき、青鬼の行列に出くわした

 『すみませーん、ちょっと止まってくださーい…ハイ、ご協力ありがとうございます!』
 行列の最後尾で交通整理をしていた役員の人は、丁寧に一礼しタンキリ飴を1袋くれた

 きっと、今度から鬼祭も心から楽しめるだろうと思った


*other side …
輝ける沢の辺で』(by Mr,Rise)
釣り三昧・猫三昧』(by Mr,NENEKO)

*today's tackle  
rod:Rightstaff 7'10 #3 (CFF)
reel:CT 3/4 (Redington)

 taro's magazine mainsite …
[PR]
by taros_magazine | 2007-02-13 22:21 | fly fishing diary
銀鱗
 
 もうすっかり記憶が薄れてしまっている”幼稚園時代”のコト…その中で、未だにはっきりと覚えていることがある

 それは『お絵かき』の時間だった

 何がテーマだったかなんて覚えてはいないけれど、自分は新幹線と、山と、太陽を描いていた
 そしてまわりの子も似たり寄ったりの構図の絵を描いていた

 でも、自分の絵だけがまわりの子たちと違う部分が一カ所あった
 それは太陽を塗った”色”だった

 皆、赤色で鮮やかに丸を描いていたのに、自分だけが黄色で塗っていた
 『ねぇ、なんで赤く塗るの?太陽って赤くないじゃん?』
 『太陽は赤いんだよ』

 でも、何度空を見上げても太陽は黄色…せいぜいオレンジ色にしか見えなかった
c0041105_115095.jpg
 
 この季節になると、スポーツ新聞はもちろん、一般紙でも渓流釣りの解禁の模様を報じることが多い
 そして、決まり文句のように”銀鱗踊る季節…”などの文字が紙面に躍ることとなる

 しかし自分がこの季節の渓で出会う魚たちは、サビの残ったような魚体であることが多いせいか、この”銀鱗”という表現にいつも違和感を抱いていた
 それにイワナならどうみても”銀色”ではないだろうし、レインボーならそれこそ”虹色”だ

 結局、誰かが言いはじめた”決まり事”として、渓流釣りを体よく何となく綺麗にまとまるフレーズとして、”魚は銀色”と決めているような気がしていた
 
 フライフィッシングを始めて10数年、この日初めて寒狭川中部漁協の解禁に出掛けた
 何年か前から設定された”フライ・ルアー専用区”で一躍全国区になったこのフィールドまで、普通に車で走っても自宅から1時間はかからない
 なのに、このエリアに足が向かなかった理由…そのひとつが、ここは良くも悪くも”銀鱗踊る…”というフレーズがピッタリなフィールド、という自分の偏見であった

c0041105_121035.jpg そこで手にした始めての”シラメ”…
 
 ほんの数キロ上流の寒狭川上流の支流に棲むアマゴとは明らかに違うその容姿を、角度を変えて何度も何度も見つめた。太陽の色を確かめようとした幼い日のように…

 やっぱり、銀色には見えなかった

 でも、これを銀色と言う人の気持ちも、ちょっとだけわかったような気がした


*other side …
輝ける沢の辺で』(by Mr,Rise)
大好き!管理釣り場』(by Mr,sammy)
釣り三昧・猫三昧』(by Mr,NENEKO)
アマゴ釣りの憂鬱』(by Mr,M's)

*today's tackle  
rod:Rightstaff 8'10 #3 (CFF)
reel:SK-CL (Caps)

 taro's magazine mainsite … 
[PR]
by taros_magazine | 2007-02-06 01:06 | fly fishing diary
やっぱり、解禁
c0041105_2244936.jpg 
 例年、解禁日には期待なんかしていない

 吐く息は白く煙り、指先は凍え、つま先の感覚はしだいに薄れていく
 そこまでして早春の渓の立っているというのに、魚の反応も決まって”冷ややか”なのが常だから…

 だから、負け惜しみでもなんでもなく、今年は『雰囲気を楽しもう!』と思った
 
 魚がウヨウヨいなくてもいい。三面護岸だって気にしない。それに、ほかの釣り人と並んでの釣りになっても、それはそれで『やっぱり…解禁らしくていいんじゃない?』と思った

 飛騨川の川岸に着いたのは9時過ぎ…細い橋の上から真下に向かって釣り糸を垂れているオヤジどもの姿に一瞬唖然とし、そして笑った
 『あはは!やっぱり解禁だ!』
 
 ラインの飛びがおかしいのに気づき、見上げたティップに光る氷を見て一瞬驚き、そしてやっぱり笑った
 『すげーよ、やっぱり解禁だよ!』

c0041105_22443098.jpg たたみ1畳ほどのよどみに群れている100匹ほどのアマゴの姿に、エサ釣り師やルアーマン、そしてこの日同行した仲間の何人かが堤防で並んで釣りに興じている光景に、そして彼らがひとつのライズめがけて一斉にロッドを向ける姿に、釣り人しか味わうことのできない”解禁の日”…その楽しさを感じられずにはいられなかった

 godzillaさん持参の最高の飲み物と、”ザ・chef”シャックマンさんがウデをふるった絶妙な鍋でエネルギーを充填し、午後は上流部を目指した

 そして日が陰りだした頃、自分が入っていた小さなプールでライズが散発しはじめると一気に緊張感に包まれてきた
 でも9Xのティペットに結ばれた小さなCDCパターンは、何度も一瞬だけアマゴの口を捕らえては、宙を舞ってまた手元に戻ってきた

 再び戻った下流部でも、結局1匹もランディングすることはできなかったけど、名古屋の街に戻って、ちょっとイイ雰囲気の赤チョウチンで仲間たちと釣り談義に花を咲かせ、解禁の日を最後まで満喫することができた…

 いつもの年と違った気持ちで迎えた渓流解禁の1日だったけど、まったく例年と同じだったコトがひとつだけあった

 それは釣果…
 『なんて言うか…やっぱり解禁だわ…』
c0041105_22444525.jpg

 *other side …
一から出直し修行的毛鉤釣』(by Mr,godzilla2004)
空色ライフ』(by Mr,Hiroshi)
Step into the river』(by Mr,BILL)

*today's tackle
rod:Cremona 7'11 #2/3 (Coatac)
reel:MARQUIS 2/3 (HARDY)

taro's magazine main site
[PR]
by taros_magazine | 2007-02-05 22:54 | fly fishing diary