<   2006年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧
真の王者(motogp 06' Round-17 VALENCIANA GP)
c0041105_6164423.jpg
 序盤のロッシの転倒で得たアドバンテージを、中盤、そして終盤までなんとか守り抜こうと力を振り絞るニッキー
 一方、まさかの躓きで背負ってしまったハンディキャップを背負いながらも、折れてしまいそうな心を奮い立たせ、気力を振り絞って追いつづけるロッシ

 この超満員のバレンシアで繰り広げられた1戦は、まさに史上稀に見る混迷のシーズンとなった2006年のすべてを凝縮したかのように波乱に満ちた、そして見ていて胸が苦しくなるようなレースだった…

c0041105_6171270.jpg 前戦ポルトガルで遂に得た8ポイントのリード…しかし追いつめられているのはむしろロッシに見えた

 目の前にいるマシンの中からニッキーを探し、自分のポジションと獲得できるポイントを計算し、そしてニッキーのそれから”8”をマイナスする…
 順位が替わるごとに国際映像が2人のポイント差を表示していたように、時速300キロで走りながらロッシは何度も何度も暗算していたはずだ

 ニッキーとの直接対決ではなく、ポイントとバトルする彼の姿は、最後までトニ・エリアスを追い切れなかったあのエストリルでの精神状態をそのまま引きずっているようだった

 一方、ニッキーの走りに迷いは無かった
 『ロッシの前を走る』 このシンプルでありながら、現在のグランプリでは最も困難なチャレンジに対し、彼は果敢に挑んでいった

c0041105_6173983.jpg スタート直後のロッシとの接触にもひるまず、圧倒的なトップスピードを誇る2台のドカティに対しても一歩も引かない力強いライディングで、小さな灯りにしか見えなくなってしまったタイトルへの執念を見せつけていた

 そして…ロッシが、まるでビギナーのようなスリップダウンを喫してしまった後に築かれた、「30秒」という”大差”…
 
 ここで終わってしまったかに見えたシーズンだったが、グランプリでは”天文学的”とも言えるその大差を挟んで2人が繰り広げた最後のバトルは、チャンピオンシップを争うにふさわしい崇高なものだった

 ロッシは誰もが不可能だと思った大差をひっくり返せることを信じ、ニッキーもロッシの転倒を知った後も守りの走りにスイッチすることはなかった
 2人は、だたひたすらに自らの力だけを信じてスロットルをひねり続けた…

c0041105_6175582.jpg ニッキー・ヘイデンが手にしたトロフィーは、ロッシの何度かのトラブルがもたらした”ぼたもち”などでは決してない
 これまでの17戦、もがき、苦しみながら彼が積み重ねてきた努力が、誰よりも多いポイントに姿を変え、そして彼に”王座”をもたらしたのである

 一方、グランプリの舞台で初めて自らの王座を”失う”という経験をしたロッシ…

 歓喜のウィニングランを続けているニッキーに並びかけ、そして彼の手をしっかりと握りしめたあの印象的なシーンは、これまでロッシがタイトルを獲得するたびに見せてきたどんな派手な”パフォーマンス”よりも”王者”と呼ぶにふさわしく、そして美しいものだった

 かつてない混沌のシーズンだった2006年を締めくくる、本当に美しいフィナーレだった

 Congratulations! nicky , Grazie! valentino , and "Viva le Grand Prix !"

c0041105_6203265.jpg


 taro's magazine mainsite …
[PR]
by taros_magazine | 2006-10-31 06:03 | motorcycle diary
本音

 「”板敷川”と呼ばれるほどの綺麗だったはずの川が、今では苔は真っ黒く変色し、夏にはコンブのような藻が生えてしまう。釣り人は『こんな川では釣りたくない』と言う。自分たちでも『これは川じゃない。宇連ダムと大野頭首口をつなぐ水路だ』と言っている…」

c0041105_0201171.jpg 毎年300万円もの赤字を出しながら、なんとか遊漁事業を続けてきた宇連川漁協の組合長が発した強烈なメッセージ…
 しかし、この”罵詈雑言”にこそ、組合長の渓に対する愛情が痛いほど感じられた
 さらに続けた言葉…「こんなふうに、寒狭川がなってしまうのかと思うと、もうたまらん気持ちです」
 これを、会場の一番後ろで聞いていた、当の寒狭川上流漁協の組合長はどんな気持ちで聞いていたのだろう…

 この日設楽町で開催された”設楽ダムは今? 豊川上流・下流から市民の本音トーク”と銘打たれたこのフォーラムは、豊橋市内の市民活動団体らが主催し、環境・公共事業の専門家、それに下流域の農家や上流…つまり水没(予定)地域を抱える設楽町の町議、それに寒狭川上流漁協の組合長らがパネリストとして参加し、それぞれの立場からの意見・報告や参加者との質疑を行うというものであった

 正直、この種のイベントにはあまり期待はしていなかった
 特定の政党の主張が色濃く反映された発表内容や、ダムの”負”の部分ばかりを強調するバランスと視野の欠けた”正論”、そして語るごとに脳内モルヒネを抑えきれなくなり脱線していく発言…
 でも、そうなることは承知の上で、どうしても聞きたい事があった

 それは、この日の次第の中にあった1行…
 『ダム建設によって設楽町はどのような利益を得られますか  報告:寒狭川上流漁協組合長』の文字…
 これだけを聞きたくて、四十数回目の誕生日を渓流シーズンを終えた設楽町で過ごすことを決意したのだ

c0041105_0203784.jpg その待ち望んだ報告は、自分にとってゼロ回答以下のものだった

 「自分が組合長になってから、全国いろんな川も見てきました。しかし、寒狭の鮎は日本一美味しい、川も本当に綺麗で、やっぱり寒狭川が一番だと思う」
 こう評した上で、川の上流部の大半がダムに沈むことについては、次のように述べた
 「私がダムについてあれこれ言うのは、控えさせていただきたい」
 
 持ち時間を数分残して演台を去った組合長は、質疑応答の時間にはパネリストの席には着かず、一般参加者が座る会場の一番後ろの席に座っていた
 そして冒頭の宇連川漁協の組合長が述べたメッセージにも返答することはなかった…

 質疑は”どうしたらダム建設を止められるか”について、裁判をやっていこうとか、ネコギギを象徴にして活動の輪を広げて行こうなどの発言が名古屋や豊橋の参加者から相次いだ
 逆に地元の住民の意見はほとんど聞けず、選挙違反スレスレの事前運動があったり、いわゆるプロ市民の”煽り”の類だけがヒートアップしていった

 やがて終了予定時刻が迫り、どうやら自分が発言…寒狭の組合長に対する質問…をする機会は持てそうにないことがわかったので、会場を出ることにした
 
 帰り際に見た組合長の姿は、そのジャケットの色と同様、くすんだ顔色で憔悴しきっているように見えた

 たとえダム建設について賛成だろうと、条件付き賛成だろうと、そのことについて組合長個人を批判しようとは思わない
 ただ、”愛する日本一の川”が、その姿を大きく変えようとしているとき、漁協としてその未来にどんな絵を描いているのかが知りたかっただけだった

 苦渋に満ちた表情で寒狭川に対する愛情を語ったあの10分弱の間
 その背後に掲げられた”本音トーク”の文字が、ただただ虚しかった…
c0041105_0205323.jpg



 taro's magazine mainsite …
[PR]
by taros_magazine | 2006-10-22 23:53 | toyohashi diary
"straight flush" (motogp 06' Round-16 PORTUGUESE GP)
c0041105_034649.jpg
 "HAYDEN OUT"

 この9文字がピットサインに表示されてからの22ラップ、バレンティーノ・ロッシの心は激しく揺れ続けていたに違いない

 この数戦、ロッシを脅かしてきたカピロッシやメランドリが後方に沈む中、鬼気迫るアタックで奪ったポールポジション、そして僚友コーリン・エドワーズの絶妙のアシストでモノにしたホールショット…
 このポルトガルGPのすべてが、ロッシの逆転タイトルに向かって動き出しているように見えていた
 
c0041105_072023.jpg しかし、ロッシにとって願ってもないほど”計算どおり”だったはずのレース展開は、最大のライバル、ニッキー・ヘイデンがクラッシュした瞬間から、微妙に狂い始めていった
 
 上がらないペース、開かないディスタンス…あの9文字が表示された後、彼のサインボードに表示される数字は、彼の心情を映しだすかのように、なんとももどかしく、そして小刻みに増えたり減ったりしていた

 『行くべきか、守るべきか…』
 これまでおよそ半年もの間、ニッキーが悩みつづけてきた”究極の選択”が、今まさにロッシに襲いかかってきたのだ
 そしてその迷いは、これまで自分の影すら踏ませたことのなかった”格下”のライダー、トニ・エリアスに先行を許してさえも消えることはなかった

c0041105_074365.jpg レース後、エリアスと”楽しむつもりだった”と語っていたロッシだが、この日のエリアスは”遊び相手”としては危険すぎたし、何よりこの日のロッシにはバトルを楽しめる余裕などなかったはずだ

 『2位でもニッキーに8ポイント差をつけて最終戦を迎えることができる』というチャンピオンシップポイント上の”余裕”を目の前にした彼は、逆にこのレースではコンマ1%のリスクさえも受け入れることのできない”余裕の無さ”を全身から漂わせていた
 ”6年連続のチャンピオン獲得”を大きく引き寄せた”最高の結果”だったはずのこのレースのクールダウンラップで、彼は派手なウィリーもバーンナウトもほとんど見せることなく、ただ安堵の表情を見せながら足早にパルクフェルメへ向かった

 これまで、ただひたすらに攻めつづけてきた”KING”バレンティーノ・ロッシの心に芽生えてしまった小さな異物…
 長くもがき続けてきた”ポイントリーダー”という呪縛から解き放たれた"ACE"ニッキー・ヘイデン…
 
 そして、エストリルの勢いをさらに加速させるエリアス、期せずして着せられた汚名の返上に燃えるペドロサ、そしてこの2年間で地に堕ちてしまった誇りを取り戻さなければならないジベルノウという、最高の舞台が用意された母国GPで必勝を期する3枚のJOKER…

どのカードが、どんなふうに絡み、そしてwinnerとなるのか…
長く、波乱に満ちたシーズンがいよいよ最終章を迎える

c0041105_08132.jpg


 taro's magazine mainsite…
[PR]
by taros_magazine | 2006-10-17 00:18 | motorcycle diary
魔力
c0041105_1661760.jpg
 水中を漂うフライを目がけて突進してきたレインボーが、その口をかすかに開いたのが見えた
 交差するレインボーの航跡とフライの流筋…軽く返した右手には、ほんの一瞬の間をおいて#5ロッドから強烈な重さが伝わってきた

 こんなふうに魚がフライを見つけ、フライに向かってきて、そして食いつくまでの一部始終をすべて味わうことのできるサイトフィッシング…それは7月末の忍野以来の快感だった

 あの忍野での釣りは、まさに”魔法”にかかったかのような1日だった
 日頃、小さな渓流で、特にライズを見つけるわけでもなくめぼしいポイントを見つけては叩き、何時間も歩き続けて魚が水面に飛び出してくるのを待つような釣りをしている自分にとっては、魚が目の前にいて、それが当たり前のようにフライを口に入れる瞬間を目撃するというのは鮮烈な体験だった

 実は、自分は初めて釣ったアマゴがどんなふうにフライに食いついたのかを覚えていない。 いや、正確には見えていなかったのだ

c0041105_1664061.jpg 大きな石の陰からキャストしたエルクヘアカディスは、自分としては会心のドリフティングを描いていた
 やがてその大きな石の向こうの死角にフライが入り、それをのぞき込もうとしたときにフライが”消えた気がした”のである
 そして”合わせる”とも”ピックアップ”ともつかない中途半端な気持ちで持ち上げたロッドからプルプルと小気味よい振動が伝わってきた…そんな初アマゴ(その頃はそれが”アマゴ”ということさえも知らなかった)だったのだ

 もし、ビギナーの頃からライズを狙うような釣りをしていたり、オフシーズンを管理釣り場で過ごすような生活をしていれば、今さらのようにサイトフィッシングにこんな衝撃を受けることはなかったのかもしれない
 しかし、あの忍野の帰り道では、円錐形のモノ、菱形のモノ、細長いモノ…とにかく魚に類似した形状のモノすべてが、あの湧水の流れに漂うトラウトの幻影に見えてしまうほどのインパクトだった…

 この日訪れた段戸湖は、原生林の中を流れる渓流を水源とするダム湖すべてを管理釣り場とした美しい山上のフィールドである
 そして、そこにはあの日忍野で目撃した中で一番大きなサイズの魚クラスのトラウトが目の前に何匹もいた

c0041105_1682516.jpg そして、その中の1匹…かすかに口を開きフライを引ったくっていったレインボーが、#5ロッドに強烈な振動を伝えてきたとき、もうとっくに”解けた”と思っていた”魔法”がまた蘇ってしまった…
 
 かつて体験したことのない力強いファイトも、ネットからはみ出して横たわる迫力に満ちたレインボーの表情も、一夜明けた今はもう思い出せない

 しかし、あの瞬間…フライとレインボー、それぞれのベクトルが衝突するシーンだけは、鮮明に網膜に焼き付いている
 そしてそのシーンを反芻するとき、何故か歓喜や興奮というものよりも、妖しく危険な感覚のようなものに身を包まれるのである
 
 そんな得体の知れない感覚…それこそがサイトフィッシングの”魔力”なのかもしれない
 そして、そんな魔力に取り憑かれてしまったのは、もしかしたら、あの日初めての1匹のシーンを見逃してしまった自分の”トラウマ”のせいなのかもしれない


*other side …
輝ける沢の辺で』(by Mr,Rise)
大好き!管理釣り場』(by Mr,sammy)
釣り三昧・猫三昧』(by Mr,NENEKO)
アマゴ釣りの憂鬱』(by Mr,M's)

*today's tackle  
rod:"fujimaki"Special 8'06 #5 (Factory Haru)
reel:Halcyone Trout (KIRAKU)

 taro's magazine mainsite … 
[PR]
by taros_magazine | 2006-10-15 16:10 | fly fishing diary
フィナーレ (F-1 2006' SUZUKA)
c0041105_2332922.jpg
 
 思えば、すべての喜怒哀楽がここにあった

 自分がこの鈴鹿に足繁く通うようになったのは、ちょうどF1が開催されるようになってからだった
 
 車に何日も寝泊まりし、街の銭湯まで自転車で出かけ、暑い夜にはボウリング場のベンチで涼み、車やバイクの本がいっぱいの本屋でヒマをつぶし、当時はまだ珍しかったバーベキューグリルを囲み、駐車場で夜を過ごした

 でも、年を経るにつれて観客席には空席が目立つようになった

 日本最大のスポーツイベントだった8時間耐久レースに訪れる観衆は、今ではプロ野球1試合分にも満たない人数だ
 2輪の世界GPは、悲劇的な事故の原因の追及もその対策もあいまいなまま、もてぎに場所を移してしまった

 そして今、F1が鈴鹿での歴史に終止符を打とうとしている

 その鈴鹿と同様、今期で引退を表明しているミハエル・シューマッハーが、白煙を吹き出したマシンをコースサイドに止めたシーンを見たとき、この20年に鈴鹿で体験した様々な記憶が自分の頭をよぎった

 87年の8時間耐久でのヨシムラvsTECH21ヤマハのラスト5分の大逆転、89年の世界GPでのシュワンツとレイニーの歴史的超絶バトル、同じ89年のセナvsプロストのシケインでの接触と幻の優勝、そしてアスファルトに横たわったまま微動だにしない加藤大治郎の姿…

 タイトル獲得が絶望的になったとは思えないほど、穏やかな表情で観衆の声援に笑顔で応えながらピットへと戻っていくシューマッハー
 このとき、彼もきっとこれまでのレース人生で体験した様々な喜怒哀楽を思い出していたんだろうと思う 
 そして、きっと自分がどれだけ”幸せ”なのかをかみしめながら歩いているのだろうと思った

 なぜなら、彼は担架でもヘリコプターでもなく、自分の脚で歩いて友の待つピットへ、そして家族が待つ家へと帰ることができるのだから


 taro's magazine mainsite …
[PR]
by taros_magazine | 2006-10-08 23:06 | toyohashi diary
決心

 ポイント移動のとき、フライチェンジのとき、魚をリリースした後…そのたびに何度も何度も、腕時計を見た

 午後1時、2時…そして3時を回ったとき、やっと決心がついた
 『ここでシーズンの最後を過ごそう…』と

 2日前にも来たばかりの小さな支流…シーズンの最後は、この寒狭川でイチバンのお気に入りの川で過ごそうと随分前から決めていた
 
c0041105_1105434.jpg ただ、このひと月ほどの間に、その決心に小さからぬ”迷い”が生じはじめていた

 自宅から3時間弱…この寒狭上流からなら、おそらく2時間程度でたどり着けるであろう石徹白の存在…
 あのプールの、あの雨のようなイブニングライズの中で、シーズンが終わっていく瞬間を仲間達と一緒に過ごしてみたい…そんな”誘惑”が、この日寒狭で釣りをしている間にもまとわりついて離れなかったのだ

 そして当時の朝まで、本当にその計画…昼まで寒狭で釣りをして、そのまま石徹白へ直行し、イブニング…を実行する気でいた
 しかしこの日、体調を崩し鼻声になってしまった娘を病院まで連れていったため、寒狭で釣りを始めたのはちょうど昼頃であった

 寒狭のアマゴはこの日も何度も顔を見せてくれた
 それでも、時計を見るたびに石徹白のイブニングまでの所要時間を計算していた…『まだ間に合う』と…

c0041105_173242.jpg 『次の1匹が釣れたら、そこで一区切りにしよう』…そう思っていたとき、目の前には2日前にレインボーを釣り上げたプールがあった
 『ここでアレが釣れたら、心おきなく石徹白へ行ける…』
 プールへの流れ込みに大きめのフライを慎重に送り込む…しかし、何も起きなかった
 
 しばらく反応のない時間が続き、次のプールが見えたところで時計を見ると午後3時を回っていた
 
 『もう急ぐコトはない…』
 石に腰掛け、ゆっくりと細いティペットを継ぎ足し、そしてフライを『石徹白のイブニング用に…』と残しておいた小さなCDCにチェンジした

 すると今シーズン一度もヒットのなかったこのポイントで、初めて水しぶきが上がった
 ネットに納まったのは、峠川のイワナよりも一回り小さなアマゴだった

 でも、今シーズンの最後はこれでよかったような気がした
 
 なぜなら、中途半端な気持ちじゃなく、ここで過ごそうと決めた後に釣れたアマゴでシーズンを終えることができたのだから
c0041105_11305.jpg



 *today's tackle
 rod:ELNOR 8'01 #3 (KEN Craft)
 reel:RIVER BREEZE #3/4 (KEN Craft)

 taro's magazine mainsite…
[PR]
by taros_magazine | 2006-10-02 01:14 | fly fishing diary