<   2006年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧
正体
c0041105_21215488.jpg
 この日の寒狭川では、どこからでも魚が出た
 瀬、渕、流芯、巻き返し…とにかく、思ったところにフライを落とすことさえできれば、必ずと言ってよいほど飛沫が上がった

 もちろん、この時期の寒狭川支流ではサイズなど望むべくもない
 でも、こんな里川でもしっかりと”サビ”た魚体のアマゴが至る所で顔を見せてくれること、そして小気味よい引きがいたるところで堪能できることは、正直意外だった

 ここまでの道中、めぼしい入渓点付近はどこも釣り人のものと思われる車が止まっていた
 中にはイブニングを待っているのかウェーダーを履いたままドアを開けて昼寝をしている人の姿も見られた
c0041105_21222660.jpg
 久しぶりに入ったお気に入りの支流でも、夏休みの残骸が散らばっていた
 炭や花火の燃えかす、焼けこげた河原の石…そんな風景の中で、次から次へと飛び出してくるアマゴたち…そのけっして大きくない身体に秘められた本能と、散りばめられた秋の色に、気がつくと敬意にも似た感情を抱いていた

 やがて目の前に小さな堰堤が現われた
 そこには、去年の同じ時期、尺クラスの大物を取り損ねたポイントへとつながる流れがある

 波紋を立てないようにそっと岸際を歩き、腰をかがめ、そして覆い被さった木の枝を縫うようにサイドキャストでフライをその流れに送り込む…

 「きた!」
 一瞬、大きな銀色の魚体が反転するのが見えた
 呼吸を整え、もういちど慎重にプレゼンテーションすると…今度はしっかりフッキングした

 しかし、水面下に見える魚影は残念ながらさきほどのものより一回り小さいようだった
 それでも細いロッドから伝わってくる激しい抵抗…「何かが違う」と直感した

 ランディングネットに納まったのは、7~8寸の丸い尾鰭の、この支流では初めて見る”レインボー”だった
 
c0041105_21223924.jpg このとき、昨年からこの流れで追いかけていた”尺”の正体を知った

 適度な深さ…泳ぐにも、水遊びにも…の渕と、10数人分なら十分にキャンプやバーベキューのスペースがとれそうで、道路からそのまま下りることが可能な河原…
 夏休みを利用し、近隣の街から訪れた子供会や町内会が、この渕でニジマスつかみ取りや釣大会を催しても何の不思議もないようなところなのだ

 毎年、決まって8月後半になるとこの渕に現われる大物…解禁から半年以上経過したこの時期に、真っ昼間からドライフライに反応する尺モノ…

 その正体を知ってしまったことは、自分にとって良いことだったのか、それとも…

 でも、ただひとつ言えることは、このレインボーに罪はない、ということだ
 だからいつもと同じようにフックを外しリリースした。レインボーは丸い尾鰭を踊らせて何事もなかったように流れに帰っていった

 あのレインボーは冬を越すことができるのだろうか…もし、春まで生き延びたとしたら、あの流れに棲む小さなアマゴたちはどうなってしまうのか…

 そんないくつもの自問自答に耐えかねて、イブニングを待たずに午後の渓を後にした


*today's tackle
rod:FREESTONE 8'00 #3 (Shimano)
reel:SK-CL (Caps)

 taro's magazine mainsite…
[PR]
by taros_magazine | 2006-09-29 21:25 | fly fishing diary
"chaos " (motogp 06' Round-15 JAPANESE GP)

c0041105_555539.jpg 日本で開催されるグランプリを観戦するときは、たとえそれがテレビ観戦であったとしても、何か不安にも似た緊張感を持って見てしまう
 
 モニターに映し出されているレースは、地球の裏側で行われるGPと何ら変わらない中継画像だし、同じ国内とはいえ何百キロも離れたサーキットでの出来事なのに、自宅の窓を開ければエグゾーストノートが聞こえてきそうな…そんな特別な感覚に陥ってしまう

 もちろん、今回も同じような感覚で生中継される時刻に自宅に戻り、一瞬たりとも見逃さないつもりでテレビにかぶりついた

 しかし、鼓動の高鳴りのピークはレッドシグナルがブラックアウトした瞬間だった

 レースはラップを重ねるごとに”妙な落ち着き”を見せ、それに伴って自分の緊張感も薄れていき、チェッカーのときには何とも言えないフラストレーションを感じていたのだが…

 クールダウンラップ、表彰式、そしてそれぞれのインタビューと見ていくうちに、 『もしかしたら、その感覚(フラストレーション)こそが、このレースが見せたグランプリの”奥深さ”なんじゃないか…』と感じるようになっていた…
c0041105_5535353.jpg
 敢えて勝利を捨て、ニッキーとのポイント差を詰めることだけを目指したロッシ…
 しかし、その目論見も最終ラップの中野の転倒で僅かばかりの誤算が生じてしまった

 一方のニッキーだって、何も5位を狙っていたわけではないだろう
 このもてぎで、またしてもジベルノーやメランドリの後塵を拝することなど考えてもいなかったはずだ

 そして何よりフラストレーションを感じていたのはこの男だろう
c0041105_5525849.jpg
 このもてぎでは絶対的な相性の良さを見せる玉田誠
 今シーズン、不振を極める彼も、ここに戻ってくれば必ず”何か”を取り戻せると信じていたに違いない
 しかし彼が言うところの”セッティングが出ない”マシンは、このもてぎでも見せ場を作ることなく後方に沈んだ
 インタビュアーとほとんど目を合わせることなく、寂しげな笑みを浮かべながら『最後まで全力で走った』の一言を絞り出す姿は、やり場のない感情を何とか抑え込もうと格闘しているかのようだった
 
 そして中野真矢
c0041105_5531023.jpg
 最終ラップに起きたアクシデントにより、チェッカー受けることすらできなかった彼の心中を誰もが心配する中、レース後のインタビューに姿を見せた彼はとても晴れやかな笑顔を見せた

 『見せ場を作りたかった』
 『あそこは行くしかない』
 『彼(セテ)だって抜かれたくないだろうから、(接触は)仕方ない』
 
 しっかりとインタビュアーの目を見ながらそう語る彼の目には、もう次のグランプリが見えている

 そう、シーズンはまだ終わっていない
 
 そればかりか、この一見”中途半端”な見所ばかりだったレースが、逆に今シーズンのクライマックスを、ライダーにとっては激しく、計算の通用しないものに、そして見る側にとってはこの上なく楽しみなものにしてしまったのだ

 この日本GPが見せたのは、間違いなくグランプリが孕むその危険な魅力…”カオス”そのものだった


 taro's magazine mainsite…
[PR]
by taros_magazine | 2006-09-28 06:00 | motorcycle diary
石徹白の子どもたち
c0041105_22436100.jpg
 もう30年ほども前…お盆に帰省した秋田の田舎町で、地元に住むイトコたちと魚を捕まえに近くの川へ行った
 葦の茂った岸際で、沈んでいる石の下に手を突っ込み、何匹もの魚を器用に捕まえるイトコたちを見てマネしてはみるけれど、自分は1匹も捕まえることはできなかった…

c0041105_2251067.jpg 今となっては、あのとき彼らが捕まえた魚がヤマメだったのか、それともハヤだったのか知る由もない
 
 でも、その川が流れていた風景…土手のまわりに広がる田んぼでは稲穂が実り始め、その向こうの雪国らしい重厚な木組の家に乗っかっている赤いトタンや萱葺きの屋根、そして豊橋の街よりもちょっとだけ濃い青色の空と8月とは思えない涼しい風…
 そんな記憶だけが今も脳裏にハッキリと残っている

 この石徹白に、隔週で3連続で訪れるまでに”ハマって”しまった理由のひとつが、まさにその景色であり、かつてのイトコたちの代わりに自分をナビゲートしてくれる仲間たちの存在だろうということに、もう気づいていた

c0041105_2255050.jpg いつもならとにかく先行者のいないポイントを目指し、早いテンポで長い距離を釣り上がる自分が、決して大きくはない峠川を、3人・4人で交互に釣り上がったり、小さなプールに並んでライズを狙ったりすることに、もう何の抵抗も感じないでいる
 それどころか、この景色の中にいると、それこそ”子供の頃”のようにハシャぐことが楽しくてならない…

 そんな”石徹白詣”も、自分にとってはこの日が今シーズンの区切りとなる
 
 このエリアの渓流を愛してやまないRollyさんが呼びかけたこの日の”納会”には、各地から大勢の仲間達が駆けつけた

 いつものように何人かで組になり、それぞれお気に入りの区間へ向かう
 淵に潜む大物を見つけては息をひそめ、ライズを取り損ねては大きなため息をつき、誰かのロッドが弓なりにベンドすれば、それこそ谷に響き渡るような大きな歓声が上がる…

 そんな楽しい時間を、日が落ちるまでたっぷりと過ごし、この日の最後をしめくくる食事会へと向かった

c0041105_2217169.jpg そこでも、この日集まった釣り人たち…住んでいる場所はおろか、性別や国籍までも違う大勢のフライフィッシャー達は、この日の釣果やそれぞれのとっておきのエピソードを披露し合い、時の経つのも忘れてみんなで大いに楽しんだ

 そんな姿が、あのとき秋田の田舎でハシャいでいた”子供たち”とオーバーラップする
 
 ただ、目の前には灰皿と何杯かのジョッキがあったけれど…(笑)

*other side …
一から出直し修行的毛鉤釣』(by Mr,godzilla2004)
terry's FlyFishing Bar』(by Mr,Terry)
It's only C&R』(by Mr,Rolly)
ギフの山猿「フライ日記」』(by Mr,gifu-yamazaru)
毛鉤蔵人』(by Mr,ita-gon)

*today's tackle
rod:FREESTONE XT 8'03 #2 (Shimano) , Peters Road PAYTO 8'02 #2 (mamiya OP)
reel:TR-L (abel) , Peters Road PAYTO #3/4

c0041105_22252277.jpg*石徹白川C&R区間 清掃会について…
It's only C&R』(BY Mr,Rolly)  





taro's magazine mainsite…
[PR]
by taros_magazine | 2006-09-25 22:06 | fly fishing diary
9がつ20にち (すいようび)
 
c0041105_22412642.jpg きょうは、おとうさんとおかあさんといっしょに、”おしの”というところにでかけました
 おとうさんは『もうすぐデッカイおさかなをみせてやるからな!』とはりきっていましたが、きょねんもおなじことをいったくせにおさかなをみせてくれなかったので、きたいしないでくるまの中でねていました

 すると『つれた!デカい、デカいぞーー!!』というこえがきこえたので外にでると、おとうさんがあみでおさかなをすくっていました

 『どうだ!でっかいだろ!』となんどもいうので、しかたなく『おっきーね!』といってあげました…

 そのあと、おかあさんと2人でちかくの”すいぞくかん”にいきました
 そこには、さっきおとうさんがつったおさかなよりもうんと大きなおさかながいっぱいいました

 そのあと、おひるごはんをたべに”りばーずえっじ”というおみせに行きました

 おみせのおかあさんがくれたりんごジュースがとてもおいしかったので、おみせをでるときに『もっとのむ!』といったら、もういっぱいくれました

 おひるごはんのあとも、おとうさんはまたおさかなをつっていたけど、やっぱり”すいぞくかん”のおさかなよりちいさかったです

 でも、おとうさんはとてもたのしそうだったので、『おっきーね!』といってあげました

 だから、きっと、またつれてきてくれるとおもいます
c0041105_22414666.jpg


 *おとうさんのもちもの
 さお:たろん 8ふぃーと3いんち 3番(すのーぴーく)
 りーる:ぴーたーすろーど すぴりっと 3番(まみやおーぴー)

 * today's movie clip

 taro's magazine mainsite…
[PR]
by taros_magazine | 2006-09-22 22:42 | fly fishing diary
"clever " (motogp 06' Round-14 AUSTRALIAN GP)

c0041105_14332845.jpg GPマシンとは異なり、人力だけでスピードを競う自転車競技には、明文化された競技規則のほかに多くの”不文律”が存在する

 数年前のツール・ド・フランス…この世界最高峰の自転車ロードレースで、トップの選手がゴールした瞬間、それを見ていたこの競技の伝説的存在、エディ・メルクスが吐き捨てた

 『何という恥ずかしい勝利だ!』
 
 この日のレースでは集団をやや離して2人の選手が逃げを打ったのだが、残りわずかとなったところで、後続に追いつかれるのを嫌った片方の選手が必死にペースを上げる反面、もう片方の選手はそれを”風よけ”に使って脚力を温存し、ゴール前でかわして勝利をさらったのだ

 もちろん、これはルール上禁止された行為ではなく、彼の勝利も当然認められた
しかし、メルクスの他にも多くの関係者、それに目の肥えたヨーロッパのファンたちは敗れた選手に惜しみない拍手を送り、そして勝者に容赦のないブーイングを浴びせた

 motogpでは、こんな勝ち方をしても誰も咎めない
 ましてやタイトルの懸かった終盤、ポイント差と相談しながらリスクを避けてライバルの真後ろでゴールしても、それは至極”当然”な戦法であり、むしろ”クレバー”なレースとして賞賛されるべきものかもしれない…
c0041105_14342289.jpg
 著しく変化する路面コンディション、それにレース中にマシンを乗り換えるといった異常事態…気が付けばニッキー・ヘイデンの目の前にはバレンティーノ・ロッシの姿があった
 このレースを含めても残り4戦、ポイント差は26…常にロッシの真後ろでゴールし続けることができれば、タイトルは彼のモノとなる
 
 しかし雨に濡れたフィリップアイランドで、ロッシのテールだけを見つめていた彼は、突如激しいチャージを開始し、そして抜き去ってしまったのだ
 
 それは、この数戦若きチームメイトが活躍するごとに強くなる自分への風当たりに対する反発だったのか、それともポイントリーダーとしての誇りを見せようとしたのか…とにかく、彼は何かの不文律にせき立てられるようにロッシをかわし、さらに前を目指そうとした

c0041105_14381814.jpg しかしロッシはそれを許さなかった
 何度かのアタックで再びニッキーの前に出ると、リスキーな路面でさらにペースを上げた
 一瞬、離されかけたニッキーだが、これに反応するとすぐにまたロッシのテールに張り付き、そして二度と仕掛けることはしなかった…

 後は、そのまま5位でチェッカーを受ければよかった
 2ポイントを詰められるだけなら、残りのレースを考えればニッキーにとっては勝利に等しい”5位”だったハズだったが…

 最終ラップ、最終コーナーを立ち上がったところで彼が目にしたのはまさに”悪夢”だった
 
 最終コーナーを鋭角に立ち上がったロッシは、激しく振られながらもスロットルを絞り続け、フィニッシュラインまで100メートルほどのところでセテ・ジベルノーをかわし3位でチェッカーを受け、ニッキーはそのセテの後ろで”予定”どおりの5位でフィニッシュした

 あのままロッシを振り切るべきだったのか、それとも終始後ろについてタイヤと体力を温存するべきだったのか…

 悩めるポイントリーダーが出す結論は、この週末、日本で明らかになる

c0041105_14435912.jpg



taro's magazine mainsite …
[PR]
by taros_magazine | 2006-09-18 14:52 | motorcycle diary
種蒔く人 (motogp 06' Round-13 MALAYSIAN GP)

c0041105_1225670.jpg まるで、ここがスペインかイタリアのサーキットであるかのような錯覚を覚えた

 それはレース終盤、バレンティーノ・ロッシとロリス・カピロッシが演じた超接近戦…そのときコース各所のテレビ中継用の集音マイクが拾った国際映像の音声の中に、マレーシアの観客の”絶叫”がはっきりと聞こえたからだ

 ヨーロッパや南半球の熱狂的な応援に比べ、この”グランプリ発展途上”のマレーシアのモータースポーツファンのレースの楽しみ方は、目の前を走り抜けていくモンスターマシンのスピードにため息をつき、その爆音に驚き、そしてこの世界的なイベントの場にいること自体を楽しむ、というスタイルだったように思う

 しかし、ロッシとカピロッシがこの日啓蒙した”とにかく、抜かれたら抜き返す”という、競争というもの究極の姿を見せたバトルは、そんな”行儀良い”観戦スタイルを木っ端微塵に吹き飛ばした
 この日、いつものようにセパンに集まってきたファンは、シートから腰を浮かせ、両手を振り上げ、2人のスーパーライディングに酔い、そして声を張り上げた

 そんな風景を日本で見たのはもう17年も前のことだ

c0041105_1232269.jpg 89年WGP開幕戦、鈴鹿のすべてのコーナーをパッシングポイントにしてしまったケビン・シュワンツとウェイン・レイニーは、それまでよく言えば”学者肌”、悪く言えば”オタク”的な観戦スタイルだった日本のモータースポーツファンを、わずか1時間足らずで”ラテン系”にしてしまった

 レースが放送された翌日には、これまで2輪のレースに興味を示さなかった知人たちまでもが『凄かったねぇ、34番のバイク』とか『惜しかったねぇ、3番の人』などと話していた
 
 その後、90年代にグランプリに吹き荒れた”日本人旋風”…
 もしかしたら、そのきっかけが、あの日のレースだったのかもしれないとさえ思う

 この日、セパンにも多くの若者達がつめかけていただろう
 その彼(彼女)らのうち何人かは、今頃レプリカヘルメットを購入したり、もしかしたらサーキットライセンスの取得方法を検索しているかもしれない
 テレビ観戦した子供達は、誕生日にポケバイをねだるかもしれない

 そうして受け継がれていく、グランプリの記憶とDNA…

 『この日ロッシとカピロッシが蒔いた種は、数年後きっと大きな実をつけるんじゃないか…』

 くしくもF-1の巨星、ミハエル・シューマッハーが引退を発表した日、そんなことを感じた
c0041105_1233597.jpg


taro's magazine mainsite…
[PR]
by taros_magazine | 2006-09-14 01:28 | motorcycle diary
"Back" to the River
c0041105_111527.jpg
 高速道路を下り、川沿いの道がゆるやかに昇り始める頃になると、あたりの景色はいつも出掛ける地元の渓流への道中とはまったく違う雰囲気になる
 いかにも雪国といった重厚な構えの古い家屋、スキー客を相手にした業種の店舗、ローカル線の軌道…そんな景色の中を走っていると、2度目の訪問でしかないこの土地に、”帰ってきた”というような不思議な感覚に包まれた
c0041105_114272.jpg
 残り少ない渓流釣りシーズン…
 
 1回でも多く、少しでも長く渓に立ち、そして1匹でも多くの渓魚に逢いたいという気持ちが高鳴る季節なのに、向かったのは自宅からおよそ250km、高速道路を走り続けても3時間近い時間のかかる石徹白だった

 寒狭や根羽なら1時間程度、それに人の少ない区間も、魚のいそうなポイントもだいたいわかっている 
 それでも”釣れる保証”など当然ない、むしろ2週間前に釣行した際には、そこの常連達でさえ”厳しい”と評した峠川を再び目指したのは、このところの雨でそのコンディションが良くなったことを期待して…ということなんかではなく、ただ純粋にこの川のことをもっと知りたい、という欲求を抑えきれなかったからだ

c0041105_121286.jpg 前回の釣行から2週間、毎日この川のコトを考えていた 
 渓石の配置まで思い出せるほど鮮明な記憶の中で、美しいアマゴや野性的なイワナが見せつけるライズ…それをどう攻めるのか?フライは?ラインシステムは?立ち位置は?
 前回入れなかった区間はどうなっているんだろう…渓相は?流れの速さは?どんな魚がいるのか?

 フライフィッシングそのものが持つ”ゲーム”としての面白さと、そのフィールドが持つ自然や里の風景の魅力…その両面をこの川は満たしてくれるのだ

 この日は、自分なりに考えた戦略…とはいっても小さなフライのバリエーションをいくぶん増やした程度だけど…が何とか功を奏し、見事なプロポーションのイワナを何匹か目にすることができた

 しかし、同行したベテランフライフィッシャーの方達は、皆さらにワンサイズ大きな魚を、はるかに多くキャッチしていた

 何が違うのか?経験?技術?戦略?それともその全てなのだろうか?

c0041105_164963.jpg こうしてまた、次回の釣行までこの川のコトを考え続けるのだろう…


*other side …
輝ける沢の辺で』(by Mr,Rise)
一から出直し修行的毛鉤釣』(by Mr,godzilla2004)
釣り三昧・猫三昧』(by Mr,NENEKO)

*石徹白川C&R区間 清掃会and納会について…
It's only C&R』(BY Mr,Rolly)


*today's tackle
rod:Cremona 7'11 #2/3 (Coatac)
reel:Marquis "silverface" (HARDY) , Philius babytrout (KIRAKU)

 taro's magazine mainsite…
[PR]
by taros_magazine | 2006-09-11 23:59 | fly fishing diary