<   2006年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧
特別な川
c0041105_038310.jpg
 その言葉を聞いたのは、自分がフライフィッシングを始めて間もない頃だった

 北海道の渚滑川での試みを特集したフライ専門誌の記事には、来るべき渓流釣りの理想像が描かれていた
 『再放流されたレインボーは、さらに大きく、強く、美しく成長し、ふたたび釣り人を楽しませてくれるだろう…』

 そんな記事を読みながら、仲間うちで話したものだった
 「あのさ、寒狭でも大名倉はやるべきだと思うよな」
 「そうだな、漁協だっていつまでも鮎だけで人が呼べるワケじゃないんだし、フライフィッシャーとかをたくさん呼べる方が得に決まってるもんな!」 

 あれから10年以上経った
 ”キャッチ・アンド・リリース”を実践する川は確かにいたるところにできた

 しかし、実際に訪れたそれらの川は、最初のうちこそフライフィッシャーを中心に多くの釣り人で賑わってはいたものの、時が経つにつれて色あせてしまっているように見えた
 あの頃、右肩上がりで釣り業界を席巻していたフライフィッシングそのものも、やがて量販店では専門のコーナーは縮小され、あるいは消えてしまった
 
c0041105_0383965.jpg 『しょうがないよ、放流がなけりゃ魚なんかいなくなっちゃうんだから…』
 
 いつしか自分自身も放流された渓魚を、1シーズンかけて消費していくような従来からの渓流での釣りに対して問題意識を持たないようになっていた

 しかしこの1~2年で、いろんな方法で魅力的な渓流を築こうとしている川(漁協)をいくつか知ることとなった

 西野川では、とにかく”サイズ”にこだわった放流とキャッチ・アンド・リリースに、地元の観光協会も一緒になって取り組んでいた
 忍野では、豊かな湧き水の川に毎月の放流を行い、”いつ訪れても魚が見える川”にしようとする姿勢が感じられた

 それに比べると、この日始めて訪れた石徹白は少し異質な川に見えた

 西野や忍野が”釣り人をいかに喜ばせるか”という部分に視点を置いているのに比べ、この峠川は”釣り人も一緒に考えてくれ”と言っているように感じたからだ

 これまで、自分が描いていた峠川のイメージは、手つかず自然の中を流れる濁りひとつない清流の中に、宝石のようなイワナやアマゴが群れている…そんなものだった

 しかし、この日目にしたのは、いくつもの大規模なスキー場やキャンプ場、そしてところどころに無骨な護岸が施された川沿いには集落という、いわば”典型的な里川”だった

c0041105_0382577.jpg 自分はこの石徹白のC&R区間実現に尽力し、今も各地で在来渓魚の保護・調査活動を続けている斉藤さんのお話を伺いながら川沿いの道を歩いて下流へ向かった
 斉藤さんの熱い想いと、秋田の片田舎の生まれの自分にはどことなく懐かしく感じる集落の景色に、釣り始める頃にはすっかりリラックスしていた

 そして、石徹白の渓魚との”知恵比べ”を存分に楽しむことができた…

 帰り道、斉藤さんを中心に渓流のこと、ロッドのこと、そして魚のこと…この日ともに釣りを楽しんだ皆で食事をしながら語り合った

 そのとき、峠川で感じた”釣り人も一緒に考えてくれ”という、『川の叫び』の意味がわかった

 そう、峠川は、いつも自分が出かける寒狭川や根羽川、それに他の全国の多くの渓流と、川自体は何も違わない”普通の川”なのだ
 でも、そこに関わる漁協、釣り人、住民…それら多くの人が知恵を出し、意見を闘わせ、そして汗を流して、多くの釣り人を魅了する”特別な川”にしてみせたのだ

 だからこそ、この川を訪れた釣り人は”自分にできることが何なのか”を考えずにはいられなくなるのだと…

 あの頃…自分たちが雑誌を見て”バラ色の未来”を夢想していた頃、石徹白ではその未来のために行動している人がいたのだ

 もしかしたら、ほんの些細な要因でこの素敵な川も”普通の川”に戻ってしまうかもしれない
 でも、そうなりそうな時は、今度こそ自分も行動しようと思う
c0041105_0374569.jpg


*other side …
一から出直し修行的毛鉤釣』(by Mr,godzilla2004)
It's only C&R』(by Mr,Rolly)
Step into the river』(by Mr,BILL)

*today's tackle
rod:Rightstaff 7'10 #3 (CFF)
reel:CT 3/4 (Redhigton)

 taro's magazine mainsite…
[PR]
by taros_magazine | 2006-08-29 00:48 | fly fishing diary
荒涼
c0041105_2234519.jpg
 チョロチョロと流れる、浅く細い流れから飛び出したのは、いかにも真夏の根羽川という小さなアマゴだった

 長野県最南端に位置する小さな村が管轄する小さな漁協のそのまた支流では、ゴールデンウィーク過ぎにはキープサイズはほとんど姿を消してしまう
 そして梅雨明け頃に再び放たれた稚魚達が、ようやくフライをくわえることができる大きさにまで成長するのがこの時期なのだ

 それでも、この日はちょっとだけ”大物”の姿も期待していた
 数日前まで降り続いた雨、そして平日釣行…
 『もしかしたら』という思いを抱いてやってきたのだが、目にしたのは思いも寄らぬ光景だった

 例年になく伸び放題になっていた川岸の雑草が数日前の増水に押し流され、至る所で横倒しになり、そして蒸れた匂いを放っていた
 上流部ではその堆積物をさらったのか、泥にまみれた草木が土手に山積みにされていた

 そんな景色の中を、すっかり寂しい水量になってしまった細い筋が流れていた 
 
 釣り上がれば釣り上がるほど荒涼としていく川の様子に疲れてしまい、ポイントを移動するべく川沿いの細い道路を歩いていたときのことだった
 
c0041105_2231349.jpg 山沿いに駐車していた他県ナンバーのワンボックスカーの横に、地元ナンバーの4駆が道をふさぐように止められていた
 そしてその2台の車の陰から、男性の大きな声が聞こえてきた

 『どうせタケノコなんてほったらかしになってるくせに、採って何が悪いんだ!』
 
 どうやら山菜採りに来た男性が、それを咎めた地元の人に食ってかかっているようだった

 渓流釣りのフィールドではよく耳にするトラブル…ただ、他県ナンバーの男性が右手に持っている大きなカマが、小さなトラブルだったはずの出来事を激しく荒んだモノに見せていた

 『こんにちは』
 僕はそう言いながら、2人の間をわざと大げさに通りにくそうなそぶりを見せて通り過ぎ、自分の車へと向かった
 第三者の存在を意識した2人は、多少穏やかな口調になったものの、まだ何事か言い続けているようだった

 移動した先の支流では路肩の大規模な補修が行なわれていた
 
 以前は澄んだ渕の底に潜む良型のアマゴがはっきりと見えた渕も、堆積した土砂に埋まっていた
 ときおり見える小さなアマゴも、最後まで毛針をくわえることはなかった
 
 それでも、さっきの川のように荒んでは見えなかった
 
 何よりも、ここには刃物を持って大声を出す人間はいなかったから
c0041105_2243381.jpg


*today's tackle  
rod:Cremona 7'11 #3 (coatac), RIGHTSTAFF 7'10 #2 (CFF)
reel:MARQUIS 2/3 (HARDY) , CT 2/3 (Redington)

 taro's magazine mainsite …
[PR]
by taros_magazine | 2006-08-25 22:07 | fly fishing diary
2位の価値 (motogp 06' Round-12 CZECO GP)

c0041105_175745.jpg 翼が生えたかのように軽やかに疾走するカピロッシの5秒以上後方、そして金縛りに遭ったかのようにまったく動けないニッキーの5秒以上前で、2人は壮絶な神経戦を繰り広げていた

 それまでトップのカピロッシとほぼ同タイムで走り続け、見る見るうちにロッシの背後に迫ったペドロサは、明らかにペースを落とし、その驚異的な洞察力をもって王者の走りの全てを見極めようとしていた
 一方、予選・ウォームアップとカピロッシにズバ抜けたハイペースでの走行を見せつけられたロッシもまた、ペドロサの気配を察知するや否や、あの予選最後のフルアタックの時とはまるで別人のような”普通の走り”に切り替えた

 たとえ勝利は得られなくても、ここでロッシに競り勝つことで自らの速さを知らしめようようとする若き野望と、25ポイントは獲れなくてもニッキーとのポイント差を縮める大きなチャンスを確実にモノにしたい王者のタイトルへの未練…
 まったく異なる目的のために何としてでも欲しい”価値ある2位”を目指し、噛み合っていないはずの両者の意思は、コース上で激しく交錯することなった

 いつまでたっても”奥義”を見せないロッシにシビレを切らしたかのように、ペドロサが”軽いジャブ”を放ったのは、いつもロッシが仕掛ける、あるいはスパートをかけるタイミングだった
 しかしロッシはそんなペドロサのイラ立ちを見透かしたかのように、接触ギリギリの強烈なブロックで”カウンターパンチ”を見舞った

 その後も仕掛けるペドロサ、押さえつけるロッシという異様なサイド・バイ・サイドをコース全周にわたって繰り広げた2人だったが、ほんのわずかなブレーキングミスでペドロサが離れたその一瞬、ロッシがマシンにムチを入れると2人の差はもう縮まることはなかった

 『ミスをリカバリーできなかった…』
 レース後のインタビューで悔しさを滲ませたペドロサ
 しかし本当に悔しいのは、ミスを犯したことなどではなく、最後にやっと引きずり出したロッシの”奥義”を、はるか後方でしか見ることができなかったことだろう

 はたして、この悔しさがバネになるのか、それともトラウマになってしまうのか…
 グランプリが海を超えて再びヨーロッパに戻った頃、それは明らかになる


 taro's magazine mainsite …
 
[PR]
by taros_magazine | 2006-08-22 01:13 | motorcycle diary
2つの目的
 
 結局、雨は現地に着いても止むことはなかった
 駐車場から眺める”湧水の川”では、茶色く濁った水が勢いよく小さな堰堤を乗り越えていた
c0041105_22561683.jpg
 先月、目の前で群泳する大きな鱒とのファイトに酔わせ、時が止まったような幻想的な風景の中でのイブニングを満喫させてくれた忍野は、今度は時おり激しく降りつける雷雨と、サイトの釣りを拒絶するかのような濁流で迎えてくれた
 
 実はこの時点で、今日の”2つの目的”をすでに失っていた

 水中を流れていく小さなフライを目で追い、そしてまるでドライフライに出た魚に合わせるように、ニンフを鱒の口に掛けるサイトフィッシング…
 それは、フライを始めた頃、早朝の寒狭川を釣り歩きながら渕尻に定位するイワナを見つけては、鼻先1メートルに落としたフライに向かってくる姿に一喜一憂していた、あの独特の緊張感を思い起こさせる衝撃的な体験だった

 しかし、この日は水中で流下物を待っている魚の姿を見ることは絶望的な状況だった
 
c0041105_23431436.jpg そしてもう一つ、この日は大きな目的があった

 それは、前回の釣行時、イブニングの釣りを終えて駐車場まで戻るときに起きた”アクシデント”だった
 ロッドを車に積み込もうとしたとき、ティップセクションが無くなっていることに気づいた
 すでに暗闇に包まれた駐車場、それに川沿いの小径まで、その日同行した仲間たちまで一緒になって探してくれたが、結局見つからなかった

 有名ブランドのものに比べれば、決して高価なロッドではなかったけれど、初めての忍野で素晴らしい1日を過ごした”相棒”…
 すっかりあきらめていたのだが、自分の心中を察してくれたライズさんが事情をリバーズエッジの渡辺さんに話してくれ、その渡辺さんが数日後にまったく無キズの状態で見つけてくれたのだった

 そのロッドを受け取るべく、渡辺さんのお店に伺おう、というのがこの日の目的だったのだが…リバーズエッジはこの木曜日は定休だったのだ…

 テニスコート裏で慣れない#5ロッドに苦戦し、途方に暮れていた時、大きな犬を連れた見覚えのある男性の姿が近づいてきた

 『おはようございます!』
c0041105_23435468.jpg この豪雨の中、渡辺さんはいつものように忍野の流れを見守りにきていたのだ

 早速、ロッドの件を話すと、『お昼なら店に帰っているので、開けておきます』と快く応えてくれた
 さらにこの日は表層に浮いているヤマメがヤル気満々であることも教えてくれた

 その言葉どおり、川の様子を見ると、ところどころ濁りにない区間があり、その前後ではヤマメが盛んに水面を流れるモノに反応していた

 何年も前に巻いたビートルに結び替えると、すぐにグッドサイズのヤマメをキャッチすることができた
 その後、上流へ移動しながらも同じようにヤマメ、レインボーを何匹も釣ることが出来た

 ランチタイムを挟んだ後も、雨は相変わらず降り続き、ときおり雷鳴までが轟いた
 最後までクリアな流れの中で、フライをくわえ反転する鱒を見ることはできなかった

 それでも、この日は前月と同じように、とても満ち足りた気分で帰路に着くことができた

 なぜなら、厳しいと思われたコンディションの中でも、条件さえ整えばファイトを楽しませてくれる忍野の鱒たちの記憶と、多くの人たちの暖かい手助けで自分の元に返ってきた”相棒”…

 この”2つの結果”を携えて帰ることができたのだから…
c0041105_23442925.jpg

*other side …
sammyの大好き!管理釣り場』(by Mr,sammy)

*today's tackle  
rod:"fujimaki"Special 8'06 #5 (Factory Haru)
reel:Halcyone Trout (KIRAKU)

taro's magazine mainsite … 
[PR]
by taros_magazine | 2006-08-19 23:45 | fly fishing diary
しずく
c0041105_23484792.jpg
 全身から噴き出すように、汗のしずくが絶え間なく全身を濡らす真夏の、真昼の釣り…
 でも背中にブラ下げたランディングネットから水がしたたり落ちることは最後までなかった
 
 『魚たちもきっと夜露や朝露の時間をじっと待っているんだろう』
 そう思ってにわかに曇り始めた谷から上がった

 街道沿いの自販機で買ったソーダ水のボトルは、今日はついに見ることのなかったアマゴの魚体のように、露に濡れて輝いていた

 再び車に乗り込むと、フロントグラスに雨粒がひとつ、ふたつ…
 そして、あっという間にドシャ降りとなった真夏の山里を後にした

 豊橋の町は、まるで今日の短い釣りなど幻だったかのように晴れ渡っていた
 
 ただ、車のボディにかすかに残る雨のしずくだけが、真夏の釣りの記憶をとどめていた 

 *today's tackle  
rod:AIRLITE G 7'06 #2 (AXISCO), FUFLEX XFP 8'03 #3 (TIEMCO)
reel:Freizeit 3/4 (NAC) , CFO1D (ORVIS)

 taro's magazine mainsite …

 
[PR]
by taros_magazine | 2006-08-15 23:53 | fly fishing diary