"Fear the Rossi …" (MotoGP 08' Round-9 Dutch TT)
c0041105_12525492.jpg
 ピットガレージに帰ってきたバレンティーノ・ロッシは、軽く両手を左右に広げて落胆の気持ちを表すと、いつものように足をタンクの上から通してマシンを降りた
 そして何人かのメカニックやクルーと短い会話を交わし、カメラの前から姿を消した…

 オープニングラップ、自らの致命的なミスでランディ・ド・ピュニエを巻き込み、最後尾まで順位を落とした
 それでも、30秒ほどもあったマルコ・メランドリやトニ・エリアスを追いかけ、そして追い抜き、やっとの思いで得た11位、5ポイント…

 しかし、彼がチェッカーを受けたとき、すでにケーシー・ストーナーは圧倒的な速さでのシーズン3勝目を祝うウィニングランの最中で、ロッシを逆転してポイントリーダーに返り咲いたダニ・ペドロサと健闘を称え合っていた

 チェッカー直前に失速したニッキー・ヘイデンをかわし表彰台に滑り込んだコーリン・エドワーズは、終始笑顔でインタビューに臨み、一方のニッキー・ヘイデンも失望の中にありながらも、おそらくは確かな手応えを感じ取っていたことだろう
c0041105_12532055.jpg
 誰もが、ロッシの転倒を『不運なアクシデント』とくくり、そしてそれはこのレースウィーク中に起きた多くの出来事のうちの一つに過ぎないと思っていた
 
 この日アッセンに詰め掛けた10万人近い観客達もまた、最後尾まで順位を落としながら、最後までレースをあきらめずに何度かのオーバーテイク・シーンを見せてくれたことに対し、まるでマラソンの最後尾のランナーに送るかのような拍手で盛り上がってみせた

 だが、ストーナーをはじめとしたライダー達も、そして観客達も何もわかっていなかった

 驚異的なダッシュで逃げていったストーナーのファステスト・ラップからわずかコンマ5秒落ちで、1ラップで30回ほどのシフトチェンジを強いられるこのアッセンの難解なサーキットを、曲がったハンドルバーとシフトペダルの折れたマシンを駆ってロッシが激走していたことを…

 レースを終え、ロッシのマシンに何が起きていたかを知ったライバル達は、おそらく何度もこのレースの映像を見るだろう
 そしてゼッケン46のマシンが映し出されるたびに、ラップタイムが表示されるたびに、彼らはその走りに畏怖するだろう

c0041105_12534888.jpg ピットガレージで、カメラが回っていることを知りながら、大げさにマシンのダメージをアピールすることもなく、静かに去っていったロッシ…

 それは、もしかしたら自らのミスに対する後悔の念ではなく、自分のいないパルクフェルメではしゃぐライバル達に対する無言の”恫喝”だったのかもしれない


taro's magazine mainsite …
[PR]
by taros_magazine | 2008-06-29 12:58 | motorcycle diary


<< 間合い (MotoGP 08&... "yardstick... >>