only one

 通勤の車が長い列をなす反対車線…
 いつもならひねくれた優越感と、ほんの少しの罪悪感を感じながら眺めるそんな光景も、この日はただぼんやりと見つめるだけだった

c0041105_22244543.jpg 市街地を抜け、山の緑が間近に見えるところまで来ても、前を走るもみじマークのセダンの後ろをダラダラと走り続けた

 『仕方ない。寒狭”でも”行くか…』

 岐阜、あるいは長野方面への遠征を計画していた平日釣行は、時間的な都合から急遽予定変更となり、結局、半日で行って帰ってこられる寒狭”しか”選択支がなくなってしまったのだ

 『石徹白じゃ、きっと今頃そこらじゅうでライズしてるんだろうなぁ…』
 『この時期の下伊那はベストコンディションなのに…』

 そんな後ろ向きな気持ちに輪をかけるように、いつも駐車する公民館横のスペースには、釣り人のものであることが一目でわかるワンボックスカーと、その横で今まさに身支度を整えている釣り人の姿があった

c0041105_22252711.jpg ただ、この日は先行者がいようと、多少増水していようと自分にはあまり関係なかった
 『どうせ時間もないし、ほかに行く先もない…ここらを適当に釣り上がって、帰りにあそこの堰堤上のプールをのぞいて、ライズでもあれば軽く竿を出してオシマイ…』そんな程度でこの日は過ごすつもりだったから…

 ワンボックス氏と挨拶がてら簡単な情報交換をしていると、車の傍らに置かれたロッドに自然と目がいった

 『フライロッドだ…』
 無性に嬉しくなり、相手が支度中であるにもかかわらずベラベラと寒狭上流のフィールドについてひとしきり講釈をたれてしまった
 おそらく自分より経験のあるだろうそのフライマンは、終始笑顔で自分の拙いポイント案内に耳を貸してくれた

 お互いに良い釣りができるよう健闘を祈り、ワンボックス氏は上流へ、自分は支流へと向かった
 
c0041105_22255065.jpg 鼻歌で生い茂る草木をかき分け、入渓路の急斜面を降りた
 すぐにこの支流らしい飴色のアマゴがヒットし、その後も何匹かの小ぶりなアマゴが短い釣りを楽しませてくれた

 空を見上げれば文字通りの五月晴れ、後ろを振り向けば新緑のトンネルに木漏れ日が差し込んでいた
 そして、目の前にはいつもの…いや、いつもより一際輝いて見える渓があった

 ”もし、夜明けから石徹白で釣りをしていたら…”
 ”もし、あのときワンボックスを避けて別の支流の向かっていたら…”

 そんな”タラレバ”に、あまり意味はないんだろうと思う
 同じように、この日出かけるときに感じていた”デモシカ”だって、後になれば全然些細なことだった

 ”一期一会”
 どの川のどんなポイントも、一瞬たりとも同じ表情じゃない
 その一瞬一瞬の”出会い”を楽しむことができる場所…それは、その日のその場所に”しか”ない

c0041105_22261152.jpg
*today's tackle  
rod:Rightstaff 7'10 #2 (CFF)
reel:TR-L (abel)


 taro's magazine mainsite …
[PR]
by taros_magazine | 2008-05-29 22:55 | fly fishing diary


<< " I´m sorr... "Champion&... >>