心から…
 
 そこにいるのはわかっている
 たとえ、もう半年この場所に近寄っていなくてもわかる。こんな日には絶対にいると…

 この流れでは、いつもそう信じてキャストしてきた
 そしてその思いが裏切られることはほとんどなかった

c0041105_21503432.jpg 今年初めての寒狭支流での釣り上がりに選んだのは、この日と同じような雨の後には何かが起きる魔法の川…
 
 狙い通りにイワナはヒットした。この流れのレギュラーサイズとでも言うべきイワナが…
 しかし、その愛嬌ある姿を今年も確認できたことに安心する裏側で、何か満たされない感覚がヒットからランディングに至るまでの間中、胸につかえていた

 その原因が何なのか、だいたい見当はついていた 
 でも、それを否定したくて早足でポイントを叩いて釣り上がった
 
 そしてやはりレギュラーサイズのアマゴを何匹がヒットした後も消えないその感覚に突き動かされるように、予定にはなかった淵を目指しその小さな谷から上がり、上流を目指した

 過去に何度も尺アマゴにラインを切られたその淵…しかし、この日は最後まで魚の反応はなかった
 そして胸に支えていたモノはいよいよ押さえがたい衝動となっていた

 『もっと大きな魚を、もっと重く激しいファイトを…』

c0041105_21561064.jpg そんな気持ちになったのは何もこの日が初めてではなかった
 下伊那で尺近いアマゴを連発した時も、あの西野川の後も、もちろん今回のように忍野の直後の釣行でも…
 少なからず”サイズ”に対する欲求不満を抱えて釣りに出かけたものだった

 でも、今までは手のひらに収まりそうな寒狭や根羽の1匹が、そんな気持ちを吹き飛ばしてくれたのに…

 そんな気持ちを抱えたまま峠を越え、4月から解禁となった根羽川へ向かった
 実は、この日根羽へ向かったのは年券の購入の他に、もうひとつ目的があった

 『今まで禁漁だったあの区間に入れば…』

 今年から禁漁区間が大幅に削減されたこの漁協管内では、数年前にやはり漁区設定が変更された時、それまで禁漁だった枝沢に入ると何匹もの(痩せてはいたけれど)グッドサイズのイワナをキャッチしたことがあった
 そのことがあったので、今回も”そこに入りさえすれば…”という目論見があったのだ

 期せずして一致を見たこの日の予定と欲求不満の解消法…

c0041105_21512565.jpg しかしその“究極の解決法”は、路肩に止められていた4輪駆動車の姿で実行不可能となってしまった

 その4駆の横を通り過ぎ、そのまま惰性で支流のそのまた支流にやってきた
 
 “大物”とはおよそ縁遠いその流れの最初の1匹は、まるでレインボーのように激しくファイトする20センチほどのイワナだった

 そのイワナをきかっけに、次から次へとイワナやアマゴがヒットした
 
 流れるフライ、割れる水面、振動を伝えるロッド、そして響いてくる小さな魚達の生命感…

 やっと気づいた
 ビッグトラウトとのファイトの後の物足りなさを、なぜ地元の小さな魚が解消してくれたのか

 それは、このフィールドでの1匹は、単純に”魚”だというだけでなく、そこにある景色や雰囲気、そしてそこで日出会った人達との会話や川のほとりで食べた弁当…そんなすべてを感じながら手にした1匹だったからなんだと
 
 そう気づいた今、心から思う

 きっと今度忍野で大物を手にしたら、前回よりもっと気持ちいいだろう
 そして今度地元の渓に立つときは、今日よりずっと満たされた気持ちになれるだろうと…
c0041105_21562030.jpg


*today's tackle  
rod:cremona 7'11 #2/3 (Coatac)
reel:philius babytrout (KIRAKU)

 taro's magazine mainsite …
[PR]
by taros_magazine | 2008-04-23 21:58 | fly fishing diary


<< Reconquista (mo... Race for freedo... >>