priceless

 「利用料が1000円以上だったら、ゴミなんかテン場に放置して当然。管理人が片づけりゃいい」

 恥ずかしながら20年前ほどの自分のセリフだ

 その頃、オートバイで各地のキャンプ場を泊まり歩くことの多かった自分にとって、『キャンプサイトの利用なんてタダが当たり前。たかだかタタミ1~2畳のスペースを一晩使うくらいならせいぜい300円か500円が妥当だろう』と思っていた
 
 もちろん、まだ学生だった当時の金銭感覚のコトもあったが、それにも増してキャンプ場の維持や管理といった、裏方業務の大変さをしらなかった己の無知が言わせたセリフだった
(実際には、1000円以上の利用料のところでもゴミはゴミ捨て場に捨てて帰ったけど)
c0041105_22133414.jpg
 天竜川:1500円、宇連川:1000円、寒狭中部:1000円、寒狭上流:1000円、根羽川:700円、忍野:800円、石徹白:1000円

 昨シーズンに自分が訪れた漁協の日釣券の価格設定(解禁初日は除く)だ

 年券という設定や、あるいは鮎との共通利用可能な漁協もあるために単純に比較はできないが、これらは決して高いとは思わない

 集中豪雨や渇水という異常気象にさらされ、鵜の食害に悩み、後継者不足に不安を感じながらも、毎年楽しませてくれるこうした漁協の活動に対し、1000円前後の対価を支払うことにまったく抵抗はない

 だが、敢えて言わせてもらおう
 『名倉川の特別漁区の2000円は高い』と

 この3月1日解禁の漁協では、2004年から管内の一部区域を『特別に魚影の濃い区間』として他の区域より多く放流するかわりに、プラス1000円の価格設定で日釣券を別途発売している

c0041105_2213551.jpg その区間を初めて訪れたのは2006年。”放流日”だったはずの『特別に魚影の濃い区間』では、最下流部の堰堤から最上流部のプールまで釣り上がる間に、確認できた魚影はわずか数匹だった
 
 その日話をした多くの釣り人も「魚がいない」と怒り、ある漁協の関係者は「前日に放流済み」と言い、また別の監視員は「これから放流するところだ」などと曖昧な態度だった

 そして昼も近くなった頃、最上流部のプールで途方に暮れていると、片手にバケツを持った3~4人の男性が道路から降りてきて、そのプールにチョボチョボと魚を入れた

 この区間で一番人気のプール、取り囲む何人もの釣り人、放たれた2,30匹のアマゴ…

 『これが”特別”かよ…』
 目の前で泳ぐアマゴを見ながらも、気持ちは晴れなかった

 2年ぶりに訪れたこの日も、状況はほとんど同じ…それどころか、この日は目の前での”放流”すらなかった
 結局、午後からは”魚影の濃くない”一般区間に移動した
 
c0041105_2215259.jpg 美しい景色の中、ゆったりとした流れが作り出す大きなプールには、特別漁区よりもはるかに多くの魚影があった…

 ”釣り”に求める価値は、人それぞれ違って当然だろう
 1匹でも多くの魚をクーラーボックスに詰め込みたい人、美しい自然の中で渓魚との出会いに胸を踊らせる人…それぞれの価値観で楽しみ、そしてその対価として支払う遊漁料…

 はたして、名倉川の特別漁区にその価値はあるのか?
 名ばかりの”特別”で釣り人の心を弄んでいないか?
 
 この日、その区間が”特別”だったのは、魚影に比較して圧倒的に過剰な「釣り人の数」、そして渓流釣りをなんとか盛り立てていこうと努力を重ねている他の漁協と際だって異なるその姿勢だけに思えた…

 名倉川からの帰り道、寒狭上流の大物が潜むポイントをのぞきに行った

 かつて50センチオーバーのイワナが見られたその淵には、上流の養魚場から流れてきたと思われる大型のホウライマスが定位していた

 様子を見るだけのつもりが、いつしかロッドを持ち、時を忘れて夢中でキャストし続けた…が、やっぱり釣れなかった

 たった1匹の”落ちマス”相手の七転八倒…
 でも、端から見れば1円にもならないようなそんな釣りが、この上なく楽しかった

c0041105_22152893.jpg


*otherside…
 『輝ける沢の辺で』(by Mr,RISE)

*today's tackle  
rod:Freestone XT 8'08 #3 (Shimano)
reel:Marquis #2/3 (Hardy)

 taro's magazine mainsite …
[PR]
by taros_magazine | 2008-03-18 22:27 | fly fishing diary


<< 熱波 (MotoGP 08&#... 月と太陽 (MotoGP 08... >>