川は誰のものか?

c0041105_2219307.jpg 隣町に、”ラグーナ蒲郡”というレジャー施設がある
 ショッピングモール、プール、遊園地、それにヨットハーバーやリラクゼーション施設などを備えた施設で、最近では隣接する敷地にマンションや私立の学校までが建設されている

 夕日を浴びて輝く巨大な観覧車やマンション…そんな華やかで壮観な景色を目にするたびに、自分はいつも何ともやりきれない気持になってしまう

 『これだけの海を、たかが数年の間権力を持った人間の判断でツブしやがって…』

 その”ラグーナ”一帯はかつて三河湾でも屈指の干潟だった
 名古屋の大学からバイクで帰るとき、小さな峠を越えた瞬間に目の前に広がる金色の海は、言葉では表現できないほどの美しさだった
 
 大学卒業後も、その海岸にほど近い高校に勤務していたことがある自分は、仕事が早く終わると海岸へ向かい、「星越」と名付けられた海岸のあたりをのんびりとバイクで走ったものだった

 ところがある日、干潟の真ん中に重機が据え付けられていた

 みるみる干潟は埋め立てられ、国道から見えるのはセイタカアワダチソウがまばらに生えた荒野だけになってしまった
 
 おそらく何万年も息づいてきた海は、20世紀の終わりのほんの数年の間だけそこに”権利”を持った何人かの人間の判断によって、この世から抹殺されたのである


c0041105_22195648.jpg 石徹白の清掃会に初めて参加したのは去年のことだった
 
 そこで、峠川でキャッチ&リリースを実現するまでに乗り越えてきたいくつもの高いハードルの存在を知った

 一方で、そんな努力を重ねてなんとか理想の釣り場を実現した川に、上流のスキー場から重油が流入するという悲劇が起きてしまう

 釣り人、スキー場、行政、漁協、下流の住民、農家、そして地元の人たち…

 1月の峠川での出来事からは、今まで想像もしなかったほど多くの人が”川”というものに関わっていることを思い知らされた

 そして今年の清掃会も多くの釣り人が各地から集まった

 峠川をもっと魅力的な川にしたい、という熱い想いを持った仲間達がゴミを集める姿を見ながらも、やはり心のどこかに小さな不安を感じてしまうのである

 『これだけの釣り人が峠川を美しくするために努力しても、”権利”…いや”利権”を持った一握りの人間によってすべてが台無しになる日が来るんじゃないだろうか…』

 そんな不安は、ダムに沈む寒狭川で釣りをしている者の”杞憂”であってほしいと心から思う
[PR]
by taros_magazine | 2007-10-24 22:24 | fly fishing diary


<< Breakthrough (m... 答えのない疑問 ( MotoG... >>