大漁

c0041105_026530.jpg もう、一人で大笑いしていた 
 小さな渓に立ち、バカみたいに『あはは』と笑っていた

 長い間寒狭川で釣りをしてきたが、この日ほど活性が高く、そして出てくる魚のサイズがデカかったことなどほとんど記憶にない

 小さな谷の堰堤下で、いつも狙う瀬で、橋を降りてすぐのプールで、木の下を流れる細い筋で…ありとあらゆるところから25センチから尺ほどの魚がドンピシャのタイミングでヒットした

 その他にも、『たぶん出るだろう』と思ったポイント全てからグッドサイズのアマゴが飛び出した

 でも、そんな魚の活性の高さに、一人高笑いしていたわけじゃない
 次々とヒットする良形たち…その全てに、ことごとくバラされ続けるうちに、何故だか無性に可笑しくなってきたのだ

 10匹連続…くらいなら、過去にもあったかもしれない
 でも、この日は10、20…と、流す、出る、掛かる、ファイトする、バレるというサイクルを延々と繰り返した 

 もちろん、フックが折れていないことを何度も確認した。フックサイズを大きくしたり、形状の違うものも試した

c0041105_0272799.jpg それでも、結果は全て同じだった

 途中からは、何か現実世界ではなない、どこか別の空間で釣りをしているような気分にさえなった

 どこか、魚がウジャウジャいる秘密の川に立ち、次から次へと魚をヒットする…しかし、その手には触ることができない…そんな、いつか見た夢の中の出来事のようだった

 何度かポイントを変え、浅い流れで15センチほどのアマゴをやっと手元まで引き寄せ、ネットに横たえることができた
 
 でも、写真撮影はできなかった
 何故なら、この日はカメラを持ってくるのを忘れ、しかも携帯電話のメモリまでが既に一杯になってしまっていたからだ

 何一つ記録も残らず、そして誰にも見てもらえなかったあのイワナとの、あのアマゴとのファイトシーン…

c0041105_0281531.jpg 本当に楽しかった
 本当に楽しい”釣り”だった

 いや、もしかしたら、こんなのは”釣り”とは言わないのかもしれない
 尺だ、良形だと言っても、別に証拠があるわけじゃない

 でも、楽しかったからそんなことは構わない

 だって、自分は”漁”をしているわけじゃない
 こんな”釣り”で、充分すぎるほど幸せなんだ


*today's tackle  
rod:Rightstaff 8'10 #2 (CFF)
reel:CT2/3 (REDINGTON)

 taro's magazine mainsite …

※ こちらもご覧下さい
c0041105_7535119.gif
http://www.tees.ne.jp/~ito-taro/ff/gomihiroi2007.htm
[PR]
by taros_magazine | 2007-09-27 00:36 | fly fishing diary


<< First Step Dramatic Rain (... >>