あの時代を忘れない day-2 「大名倉」
 
 釣りに行くときのもうひとつの楽しみ…それは道中のドライブだ

 一人でぼーっとする時間なんて、最近ではほとんどなくなってしまった
 仕事のときは無論、家にいても、買い物に行くのも、いつも誰かと一緒だ

c0041105_23595590.jpg もちろん、それが”苦痛”だとは思わないし、とても”幸せ”なことだとも思う
 
 でも、こうして好きな音楽の流れる空間で、その曲を毎日聞いていた遠い日のことを思い出しながら過ごす時間が、今ではとても大切に感じてしまう

 大名倉での釣りも、いつもあの頃のことを思い出させてくれる
 
 朝イチで入ったプールで悠々と定位していたコイのような大イワナ、ホタルの乱舞する中でのイブニング、目の前の山の斜面に突き刺さった稲妻…
 どんなポイントにも思い出がいっぱいに詰まっている

 この数年、めっきり釣れなくなったと言われるこの川だけど、当時だってそんなに釣れたわけじゃない
 でも、ほんの数年前の、それも1日釣り上がって”釣果なし”ということもザラだった頃の思い出が、車の中で聴いていたドリカムの曲のように甘酸っぱく感じてしまうのは、きっと…

c0041105_003758.jpg 照りつける日差しの中で、ずいぶん昔のこと、あの頃のこと、そして遠くない未来のことを漠然と思いながら釣り上がっていたとき、ふと見た流れの中で水しぶきが上がった

 『ライズだ!』
 大きく張り出した枝と、その下の”いかにも”な流れ…
 それは、フライを始めて3年目の解禁の週、キャストに四苦八苦しながらやっとの思いで送り込んだフライでイワナをヒットした場所だった

 慎重に下流に回り込み、真下に垂れ下がった枝の向こうにいるはずのライズの主を想像する
 それはきっと、あの日釣れたイワナと同じようにオレンジ色のお腹をした、この川特有の愛嬌に満ちた表情のイワナに違いない

 ワンキャストでフライはライズの1メートル上流に落ちた
 そして、水面に向かって1匹の魚が浮き上がってくるのが見えた

 完璧な一瞬に思えた。しかし、軽く引っかかった感触だけを残してフライは波紋の中から戻ってきた…
c0041105_005873.jpg
 帰りの車中、下流で大勢の若者たちが水遊びに興じる姿を見た
 
 そんな光景を見て、自分が彼らと同じような年代の頃、何度もコンサートを見に出掛けたバンドのCDをデッキに入れた

 ”もう、あの頃のことは夢の中へ 知らぬ間に遠く years go by …"

 自分が20年前に戻れないのと同じように、この川が東海豪雨の前のように輝くことももうないだろう
 そしてあと何年かすれば、巨大なダムが作り出す湖の底に沈んでしまう大名倉川。でも…

 ”Sugar, sugar, ya ya, petit choux 美しすぎるほど
 Pleasure, pleasure, la la, voulez vous 忘られぬ日々よ


*Lyrics from "Ya Ya (あの時代を忘れない)" (by keisuke kuwata)

*today's tackle  
rod:Freestone XT 8'03 #2 (Shimano)
reel:Silver Marquis #2/3 (HARDY)

 taro's magazine mainsite …

※ こちらもご覧下さい
c0041105_7535119.gif
http://keiyuutei.fc2web.com/gomi/gomi.htm
[PR]
by taros_magazine | 2007-08-28 00:17 | fly fishing diary


<< 胸騒ぎ (MotoGP 07&... あの時代を忘れない day-1... >>