The Promised River

 そのイワナがフッキングした瞬間、本当に心から思った
 『ここへ来て良かった…』と
c0041105_0341987.jpg
 『さて、明日はドコへ行こうか…』

 愛しのイトシロも、美しい忍野も、きっとどちらも涼しくて気持ちいいだろう…。西野川だって水もひいてちょうどいいコンディションになっているかもしれない。そういえば、下伊那にも今年はまだ一度も出掛けていない…

 結論を出せないまま、#2から#4までの長短何本かのロッドを車に積み、そのまま床についた
 そして、目が覚めた時間とそれぞれの目的地までの所要時間を計算し、夜明けと同時に釣り始めることのできる川を選ぶことにして…

 そして目が覚めた時間…それはいつも仕事に行く時間と同じ…石徹白や忍野はもちろん、どんなに近い川の”マヅメ時”もとうに過ぎていた

 すっかりテンションが落ちたまま、朝のラッシュも終わりかけの幹線道路を北上する
 豊川本流、海老川、そして寒狭中部…すでに多くの鮎師が立ち並ぶ川は、先週の濁流がウソのように清冽な流れとなっていた

c0041105_0352595.jpg そんな絶好のコンディションを見るにつけ、後悔ばかりがこみ上げてくる

 『朝イチで下伊那にでも入ってりゃ、きっと爆釣だったんだろうなぁ…』

 そんな冴えない気分のまま、車に載っていた中で一番の低番手ロッドを片手に竹藪の間を抜け、勝手知ったるポイントを流すいつものフライに、護岸際で水しぶきが上がった…

 寒狭でのアベレージ…いや、もしかしたら若干それを下回る程度の何の変哲もないイワナがフッキングした瞬間に感じた、『ここへ来て良かった…』
 それは、ただ”釣れたから”というような小さな満足感なんかじゃなく、何かもっと心の中から沸き起こってくるような不思議な感情だった
 
 そのイワナをリリースした直後には、やはりそれほど大きくはないけど精悍なアマゴがヒットした
 
 堰堤上のプールでライズしていた大物は見向きもしてくれなかったけれど、その上流の浅い流れからは、この谷らしい美しいアマゴが姿を見せてくれた

 もう、何も後悔していなかった
 
 石徹白で釣れたかもしれない野性的なイワナも、忍野でファイトしたかもしれないブラウンのことも、もうどうでもよくなっていた

c0041105_0502133.jpg 自分は、この日この流れで、ここに棲むイワナやアマゴと会うために昨夜から準備していたんだと思った
 
 そしてそんな”約束”を、寒狭川の魚たちが律儀に守ってくれたというコトが、『ここへ来て良かった…』と心から思えた理由だと実感した


*today's tackle
rod:EUFLEX XF 8'02 #2 (TIEMCO)
reel:Fates TM-1 (TENRYU)

taro's magazine main site  

※ こちらもご覧下さい
c0041105_7535119.gif
http://keiyuutei.fc2web.com/gomi/gomi.htm
[PR]
by taros_magazine | 2007-07-31 23:59 | fly fishing diary


<< 明日の忍野 逃げ水 (MotoGP 07&... >>