"to the turning point" (MotoGP 07' Round-8 British GP)
c0041105_23304761.jpg
 ただタイトルを獲得した、という記録上のチャンピオンではなく、グランプリという舞台で圧倒的な輝きを放っていた”真の王者”が、新たな勢力に追われるように去っていくという光景を、思えば久しく見ていない

 90年代後半を”支配”したミック・ドゥーハンは、度重なるケガとの闘いに疲れきったかのようにマシンを降り、そのドゥーハンに最後まで王座を渡さなかった”誇り高き王者”ウェイン・レイニーは、たった一つの致命的なミスで引退を余儀なくされた
 さらに、およそ10年にわたり頂点のカテゴリにトップライダーとして”君臨”し続けたエディ・ローソンに至っては、すべてをやり遂げた上でグランプリを去っていった

 ”渾身の走りで追いすがる王者と、はかり知れない速さで逃げていく若きスピードスター” 

c0041105_2331197.jpg 今、バレンティーノ・ロッシが置かれているシチュエーション…
 その行方をフラッシュバックさせるのは、全12戦の勝利をたった2人で分け合った"KING"ケニー・ロバーツと、"天才"フレディ・スペンサーが火花を散らした1983年まで遡ることになる

 あの年、もしもケニーが敗れた相手がフランコ・ウンチーニやランディ・マモラだったとしたら、ケニーは引退などしなかっただろうと思う
 
 ただ積み重ねたポイントの大きさで負けたのではなく、自らの常識を越える速さを持ったライダーの出現を一番近いところで見ていたからこそ、"KING"と呼ばれた男はグランプリを去る決意をしたのだろう…

 前戦のカタルニア、そしてこのドニントンと、これまでロッシが絶対的な強さを見せてきたサーキットで、ケーシー・ストーナーは世界中のファンに、そして当のロッシに、その驚愕の底力を見せつけた
 
 速いだけでなく、そのしたたかなレース運びを見ていると、これまで『ストレートスピード』や『ブリヂストンタイヤ』とセットで評価されてきたことも、彼の本当の速さをライバル達に警戒させないためのカムフラージュだったのでは…とさえ思えてしまうほどだ

c0041105_23311675.jpg そして築かれた26ポイントの差…
 
 昨シーズン、残り6戦という時点でニッキー・ヘイデンとの間には51ポイントもの差があったことを考えれば、これまでのロッシにとってそれは”楽観”していいはずの数字だったろう

 しかし今、ストーナーを相手に26ポイントをひっくり返すために、どれほどの代償を支払わなければならないのか…
 
 クールダウンラップで、観衆の声援に応えるストーナーの横を、一瞥をくれることすらせず足早に素通りしていったロッシの姿が、その過酷な道のりを物語っているように思えてならない

 次戦の舞台は、昨年予選で負った骨折を抱え、何度もコースアウトしながらも、しぶとい走りで8ポイントを獲得し、ニッキーに対し反撃の狼煙を上げたアッセン…
 
 シーズンの折り返しとなる次のダッチTTが、ロッシにとって掛け値なしの、大きな大きなターニングポイントになる…
c0041105_23314161.jpg

[PR]
by taros_magazine | 2007-06-25 23:32 | motorcycle diary


<< "天秤座の男&quo... 小さな村の小さな漁協 >>