カンツリのアマゴたち

 完全に焦っていた。そして、紅葉の渓谷が夕闇に包まれる頃になると、それは”ヤケっぱち”に変わっていた

c0041105_0575266.jpg 初めて訪れた美濃フィッシングエリアは、自分が抱いていた”管理釣り場”然としたイメージを良い意味で裏切ってくれた
 美しい景色の中を流れる渓は、シーズン中に通っていた愛知や長野の渓流と何ら変わらない”自然”なものだった
 
 そして、そこに棲む魚たちもまた、”管理釣り場の魚”という境遇を否定するかのように、賢く、そして狡猾だった

 駐車場から見える小さなプールで泳ぐ何匹もの大きなアマゴの姿に、初めはすっかり油断していた
 おそらくどのポイントにもいるであろう”人慣れしたアマゴ”に対しても、『ニンフを何回が流せば食ってくるだろう…それにもう少し日が高くなれば、ドライでも充分イケるんじゃないか…』くらいの意識を持っていた

 とりあえずニンフでいくつかのポイントを探ってみたが、晩秋の渓谷とは思えない陽気に誘われるように、すぐに#16程度のドライにチェンジした
 次から次へと現れる”好ポイント”…しかし、いつまでたっても水面を割らないアマゴ…

c0041105_0584453.jpg 管理釣り場であることを忘れさせるような景色と状況の中にいながらも、『ココは”カンツリ”なんだ、魚は山ほどいるハズなんだ、なのに何故…』と、いつのまにか必要以上に管理釣り場であることを意識していた
 
 そして昼近くになる頃にやっとみつけたライズに対し、それこそ9月の石徹白の時のようにありったけのフライボックスをあさり、最後には#22程度の小さなフライを結んでいた
 
 随分昔い巻いたグリフィスナットはワンキャストでアマゴを捕らえたが、ようやく姿を見せたカンツリのアマゴにホッとした瞬間にバレてしまった…

 午後になっても、”カンツリのアマゴ”は相変わらず自分のイメージにも、ランディングネットにもおさまってはくれなかった
 そして営業終了の時刻が迫ってくると、今度はある”葛藤”に悩まされるようになった

 『ポンドエリアに行けば、とりあえず魚の写真は撮れるんじゃないか…』

 そう思いながらも、何故か踏ん切りがつかない

c0041105_111170.jpg ポンドでなら大好きなサイトでのやりとりを楽しめるかもしれない
 そもそも、冬に入る前のオフシーズンの1日を、仲間たちとのんびり過ごせればそれでよかったハズだったのに、何故か釣れる気のしない渓流から離れられなかった…

 結局、ネットを濡らすことなく1日を終えることになった

 初めて対峙した”カンツリのアマゴ”たち…
 
 彼らがこの日教えてくれた”厳しさ”…寒狭や根羽、それに石徹白と同様にプライドすら感じさせる”スレっぷり”が、何故かちょっと嬉しかった


*other side …
一から出直し修行的毛鉤釣』(by Mr,godzilla2004)
terry's FlyFishing Bar』(by Mr,terry)
It's only C&R』(by Mr,Rolly)
空色ライフ』(by Mr,hiroshi)
Step into the river』(by Mr,BILL)

*today's tackle
rod:FREESTONE XT 8'08 #3 (Shimano)
reel:TR-L "solid" (abel)

taro's magazine mainsite…
[PR]
by taros_magazine | 2006-11-28 01:16 | fly fishing diary


<< Wall Flowers 想像上の生物 >>