川のほとりで
c0041105_0435861.jpg
 川のほとりの駐車場からその流れを見て、もう一度聞いてみた
 「ここが”忍野”の釣り場なんですか?」

 両側がしっかりと切り立った水路のような川の中を、かすかに濁った水がゆっくりと流れる…この川こそ、自分がフライフィッシングを始めた頃から憧れていた”現実”の忍野の桂川だった

 名にし負う”湧水の川”、”フライフィッシングの聖地”…雑誌やwebでそんな”殺し文句”をさんざん聞いているうちに、いつしか自分の頭の中の忍野は、幻想的な景色の中を流れる川にはバイカモがゆらめき、手つかずの自然の中で育った鱒たちが悠然とライズを繰り返す…かつて釣行したことのある阿寒川や西別川に引けを取らない風景を想像していた。この都市近郊の観光地のど真ん中にある桂川を…

c0041105_0443623.jpg ただ、その魚影は想像を遙かに超えていた
 ブラウン、ヤマメ、ニジマス…どれも30センチ前後、中には50センチほどのものが、ロッドで突っつけそうな距離に群泳していたからだ

 景色、魚影、そして高い土手の上からのサイトでのニンフィング…いろんなことに戸惑いながら投じたフライに、いきなりレインボーが食いついた

 これを皮切りに何匹ものレインボー、そしてヤマメがヒットした
 それらのパワフルな引きと、柄の長いネットで土手からのキャッチを繰り返しているうちに、この川の隠れていた魅力が見えてきたような気がした

 この川…正確には、河川敷の中でも水の流れている部分にだけ、人を寄せ付けない気品のようなものを感じるようになっていた

 ランディングの際も水中に入らず(入れず)長い柄のネットで魚をキャッチする
 もちろん、ウェーディングして釣りをしている人も皆無だった

 切り立った土手ではない下流でも、他の川なら迷わずウェーディングするようなポイントでも、誰一人水中に足を踏み入れていなかった

c0041105_0475870.jpg 川の小径を挟んだ反対側には、釣り堀、テニスコート、それにパチンコ店など、およそ”聖地”にふさわしくない”俗物”が林立していた
 だけど川のほとりにたたずむフライフィッシャー達は、みんな楽しそうな表情の中にも、どこかストイックな雰囲気を漂わせているように見えた

 そしてそんなフライフィッシャーが多く集まるカフェレスト&フライショップ”Rivers Edge”…
 ここのオーナーの渡辺さんを、何度も川のほとりで見かけた

 ビニール袋を片手に持ち、吸い殻や空き缶を集めながら釣り人一人一人に声を掛けてまわる、文字通りの”忍野のリバーキーパー”…
 
 そんな氏が、自らのショップに”川のほとり”と名付けたのは、もしかしたら忍野の”聖域”を守るという揺るがない意志の現れなのではないだろうか…

 そんな人が支えている川、そして全国から集まってくるリリース派のフライフィッシャーたち…
 景色こそ違っていたものの、やはりそこは自分が憧れていた忍野・桂川だった 
c0041105_0471470.jpg



*other side …
輝ける沢の辺で』(by Mr,Rise)
一から出直し修行的毛鉤釣』(by Mr,godzilla2004)
空色ライフ』(by Mr,Hiroshi)
terry's FlyFishing Bar』(by Mr,Terry)
釣り三昧・猫三昧』(by Mr,NENEKO)


*today's tackle
rod:Cremona 8'07 #3/4 (Coatac)
reel:Philius smalltrout (KIRAKU)

 taro's magazine mainsite…
[PR]
by taros_magazine | 2006-07-31 00:41 | fly fishing diary


<< しずく 忘れ物 >>