「オッサン」
 
 朝起きてみると涼しい。天気も悪くない。ので、久しぶりに渥美半島の蔵王山へバイクで出かけた
 山頂の駐車場には、車が2~3台なのに対しGPZなどバイクが6台ほど置いてあった。あたりを見てみるとジュースの自販機の前にYELLOW CORNとかのジャケットを着た”いかにも”な連中が数人…とりあえずニッコリとお辞儀してみたけど、無視されてしまった
 ったく、大人げないなぁ…いや外見は立派な大人なんだけどね(お互いに…)

 ところで、最近パーキングやツーリング先とかで見かけるバイク乗りって、みーんな自分と同年代の”オッサン”ばかりだ。たまにそれらしい若い人を見ると、いわゆるビッグスクーターにまたがってる(これはこれでいいんだけど…)
 長きにわたる悪しき免許制度と校則のせいで、若者たちは”バイクに乗る・操縦する”という選択肢どころか発想そのものをなくしてしまったのだろうか?それとも、バイク自体が魅力を失ってしまったのだろうか?

 これまで、僕は前者が原因だと思ってきた
 だけどこの日考えが変わった。自販機の前にタムロし、足下にタバコの吸い殻の山を築いているオッサンの集団を見て、今の若い人がバイクに対して”カッコイイ”と思うわけがない。そんなことより他のカッコイイことに若者の関心が向いているんだろうと…

 でも、自分がオッサンになった今、それはそんなに悪いコトじゃないとも思う
 NHK教育が趣味講座で”中高年のツーリング講座”をやる時代(おまけに講師は平忠彦だ!)である。バイクは”オッサンの趣味”として堂々としてればイイ
 サーフィンをテーマにした映画”ビッグ・ウェンズデー”で、「死ぬまでサーフィンする」とイキがる小僧に、ボードシェイパーが「死ぬまでサーフィンするやつなんていないさ」と、青春の短さを諭すシーンがある

 昔はバイクも同じだと思っていたけど、今ならハッキリと言える。「身体が動く限り乗り続ける」と…

"taro's magazine" main site…
[PR]
by taros_magazine | 2004-08-28 20:36 | motorcycle diary


<< 「ワタシ見て見て症候群」 「海」 >>