Dutch Weather (motogp 06' Round-8 オランダ・ダッチTT)
c0041105_1183934.jpg
 アッセン、ダッチTT…

 60年に及ぶグランプリの歴史の中でも格別の敬意と注目度を集めるこのサーキットは、輝かしい伝統とは裏腹に、常に不吉な影をその湿った路面に落としてきた

 最も乗れていた頃のエディ・ローソンを何度も芝生に這わせ、トップを独走していたケビン・シュワンツの足下をすくい、飛ぶ鳥を落とす勢いだったミック・ドゥーハンから足の自由を奪い、そして世界に羽ばたこうとしていた永井康友の命をも奪ったサーキット・ファン・ドレンテ…

c0041105_059186.jpg そんな暗い過去に終止符を打つべく、安全性の向上のために大幅なコース改修を行った今年…
 その新装アッセンでの最初の犠牲者は、皮肉にもこれまで大きなケガとは無縁だったバレンティーノ・ロッシだった

 前戦カタルニアで最高の復活劇を演じた王者が、初日の最初のセッションで負ったのは、左足のくるぶし、そして右手首の骨折だった…

 かつて「バイクレースで早く走るのに一番大切なのは?」と質問されたランディ・マモラは、「ココとココさ」と頭と右手を指さした
 フレディ・スペンサーも、ケビン・シュワンツも、上田昇も最後まで苦んだ右手首の負傷…
 
 もしかしたらレーシングライダーとしてのキャリアのターニングポイントに立ってしまっているかもしれない状況下で、ロッシは信じられないほど冷静な走りを見せた

c0041105_14115.jpg スタートも良くなかった。何度もコースアウトした。そして最後までトップの姿は見えなかった…

 結局8位でレースを終えた満身創痍の王者…それでも彼は、前戦カタルニアで勝ったときと同じように満足げな笑顔でピットにいた。そしてニッキー・ヘイデンとの壮絶な”チキン・ラン”の結果、派手に宙を舞ったコーリン・エドワーズを慰める役までやって見せた

 久しぶりのアメリカ国歌が流れるアッセンの上空には、いつものような黒い雲は皆無だった

 その空をモニター越しに見るロッシの瞳にも青い空、そして翌週のドニントンの青写真が見えていたに違いない
c0041105_1192531.jpg


 another side of dutch TT …"Colin version"

 taro's magazine mainsite…
[PR]
by taros_magazine | 2006-06-27 01:27 | motorcycle diary


<< 屈辱 (motogp 06&#... Performance (mo... >>