尺アマゴの川
 
 ロッドを通じて伝わるその魚のファイトが、3週間前のそれよりも”控えめ”であることは、使っているロッドの違いを差し引いても明らかだった 
c0041105_18391125.jpg
 真新しいランディングネットに横たわるアマゴはパーマークもヒレもとても美しかったし、いつも寒狭川や根羽川で自分が目にするアマゴと比べれば”格別”の大きさであるにもかかわらず、リリースした後に残ったのは、いくばくかの安堵感、そしてかすかな落胆だった

 西野川は、渓流釣りにおける魚のサイズに対する概念を狂わせてしまう
 
 昨年初めて訪れたとき最初に目にしたのは、竿で突っつけそうなほど近くにいる尺オーバーのアマゴや、ときおり水面で激しい水しぶきを上げる40センチはあろうかというアマゴたちだった
 もちろん、簡単に釣れるものでないことはその初体験時の釣果が物語っている
 それでも、あのサイズの魚がそこかしこで泳いでいる川が存在するという強烈な事実は、この1年間、常に記憶の片隅に確実に刻まれていた

c0041105_18415576.jpg そして3週間前、遂に手にした尺アマゴの重さは、自分の釣りの中では忘れかけていた”サイズに対するこだわり”を蘇らせてしまったようだ
 ときおり目の前に浮いてくる、よその川なら”グッドサイズ”と呼ばれるだろうアマゴを見ても、そこではなく大物が付きそうな場所を選んでキャストを繰り返した
 しかし、結局朝一番で手にしたあの美しいアマゴが、この日の最初で最後の1匹となってしまった

 『ちょっと高望みしすぎたのか…』
 
 ”反省”、”満足”…どっちとも言えない、この日の”微妙”な釣果…
 次に地元の渓に立ったとき、釣れる魚はどれくらいのサイズなんだろう?
 いつものような”おチビさん”を相手に、気持ちよく1日を過ごすことができるのだろうか?

 朝イチのあのアマゴよりも、昼前にバラしてしまった大きなアマゴの感触の方をより鮮明に覚えている自分に、少し不安になった

c0041105_18421198.jpg
*other side …
輝ける沢の辺で』(by Mr,Rise)
一から出直し修行的毛鉤釣』(by Mr,godzilla2004)
空色ライフ』(by Mr,Hiroshi)
大好き!管理釣り場』(by Mr,sammy)
Step into the river』(by Mr,BILL)


*today's tackle
rod:Freestone XT 8'08 #3 (Shimano) , Rightstaff 8'10#3 (caps)
reel:TR-L SOLID (abel) , caprice miu (GRAIN)

*today's motion pictures
 http://www.geocities.jp/taros_magazine/

taro's magazine main site
 http://www.tees.ne.jp/~ito-taro/
[PR]
by taros_magazine | 2006-05-29 18:47 | fly fishing diary


<< 表情 魔物 (motogp 06&#... >>