殺気
c0041105_23201674.jpg
 何年か前、ハイシーズンになってもまったく釣れない日が続いたことがあった
 朝マヅメ、イブニング、少ないフライバリエーションのありったけを試しても、とにかく釣れなかった

 ”釣りきられた…いや、漁協が放流していなんじゃないか…”
 そんな言い訳は、何年かぶりに渓に立つ友人が目の前で次から次へとヒットさせることで木っ端微塵に吹き飛んでしまった

 『きっと…”殺気”が出てるんじゃない?それで魚が逃げるんだよ。あはは』

c0041105_232431.jpg 彼にとっては軽い冗談だったのかもしれないが、そのとき自分は激しく動揺していた…

 フライフィッシングを初めて3~4年の頃…魚のいそうなポイントもだんだんわかってきて、ちょっと高級な道具も手に入れた。そして、テクニックも向上しているつもりになっていた
 『おー、○○センチか!』とか『これで○匹目』というコトばかりを意識し、とにかく釣果=楽しさという感覚で川に通っていた

 そんな釣りはとっくに”卒業”したつもりだった
 しかし、この日はとにかく”釣り”たかった

 『土曜日がNo Fishだったから?』『先週、目の前でデカいイワナを見せられたから?』
 そんなことはこれまでだって何度もあったけど、だからと言ってその後に釣果だけを求めて川に出掛けたことなどなかったはずだ

 とにかく自分でもよくわからないまま、小さな漁協の支流の、そのまた枝沢の上流部に向かって車を走らせた…

c0041105_23204447.jpg 根羽川は季節外れの雪だった
 寒さと増水に何度も足をもつれさせながら、ただ黙々とロッドを振り続けたが、まったく反応はなかった
 やがて、立木にラインを絡めて切ってしまった
 
 大きく溜息をひとつ…そして空を見上げるといつしか雪は止んでいた
 視線を下に戻すと、日差しは小さなプールの川底までを照らし、そこにいる魚の影を映し出していた

 これまで張りつめていた何か…それは、もしかしたら”殺気”だったのかもしれない…が緩んだ
 石に腰掛け、ベストのポケットからティペットを取り出し、普段はほとんど使わないCDCのフライを結んだ
 
 すると、この川特有の色白のアマゴが水面を割った…そしてその後も…

 すっかり明るくなった林道を戻り、ついさっきまで修行のような釣りをしていた流れを見ながら、おにぎりをほおばり、今日の釣りを振り返ってみる

c0041105_2321351.jpg 大きさなんて計ってないし、(そんなに多くはないけど)何匹釣ったかも覚えていなかった
 
 でも、アマゴはとても綺麗だったし、とても楽しい1日だったことは間違いなかった


*today's tackle
rod:Cremona 7'11 #2/3 (Coatac)
reel:MARQUIS 2/3 (HARDY)

taro's magazine main site …
[PR]
by taros_magazine | 2006-04-26 23:27 | fly fishing diary


<< 釣れない川 Andante >>