Restart
c0041105_22565795.jpg 去年から今年にかけての禁漁期間は、これまでになく”あせらない”4ヶ月だった
 
 釣欲を道具を買い集めることで治めたり、何だかわからない脅迫観念に駆られて毛鈎を巻きまくったり、一足早く解禁を迎える渓流…それも自分にはおよそ関係ない地域の…に押し寄せる釣り人をニュースで見て魚が釣りきられないか心配したり…
 そんないつもの冬に比べて、今年は驚くほど平穏に釣りと関係のない生活を送っていた

 「もう、ガツガツと釣りをするようなトシでもないか…」
 そう思いながら迎えた解禁は、やはり目の色を変えて釣る場所を探すようなことはせず、お気に入りの場所でゆっくりと過ごした

 そんな解禁からちょうど1ヶ月を過ぎた頃から、パッタリと魚の顔を見なくなってしまった

 別に釣りに行かなかった訳じゃない。釣れない…とにかく1匹も釣れないのだ
 いつもの川、初めての川。雨の日、晴れの日…釣れない言い訳をweb上に綴るばかりの休日…

c0041105_22563485.jpg 久しぶりの平日釣行となった今日も、この季節のこの地方としては異例の寒波と積雪、そして強風でほとんど釣りにならない状況だった

 『もう1カ所だけ…』
 そう思ってやってきたのは、今月最後の1匹を”釣った”あの川だった

 ネットから逃げていった銀色の巨体…思えばこの数週間、常にその残像に悩まされていた気がする
 「今行けば、まだいるかもしれない…」
 「明日には釣られてしまっているかもしれない…」
 そんな思いが交互に去来しながらも、あの日以来、そのポイントに足を運ぶことはなかった。”結論”を知るのが怖かったから…

 意を決してやってきたそのポイントは、あの日のように”何かが起きる”気配は皆無の、ちょっと濁った流れだった
 それでも、風の止み間を計ってキャストを繰り返した 
 
c0041105_2257305.jpg 何度目かのドリフトに、小さな波紋が広がった
 細く柔らかいロッド越しにもわかる小振りな魚体…しかし、不思議なほど胸は高鳴った
 不意に訪れた短い”禁漁期間”に終わりを告げてくれた小さなアマゴは、忘れかけていた釣りに対するトキメキを自分に思い出させてくれた
 
 自宅に戻り、毛鈎を巻き、リールに注油し、消耗品の残量を確認してもまだ物足りない
 まるで待ちわびた解禁を迎えたかのように、今も気持ちは高鳴ったままだ


*today's tackle
rod:Field advance 7'06 #3 (Mr,Don)
reel:philius baby trout (KIRAKU)

taro's magazine main site …
[PR]
by taros_magazine | 2006-03-31 23:03 | fly fishing diary


<< 病気 情熱 (motogp 06&#... >>