flying for flyfishing (day-2)
 
 自分は“行列のできる(飲食)店”というのが好きじゃない
 そもそも、味覚なんて人それぞれだろうし、20分も30分も待ってやっと食べ物にありつくよりも、多少世間の評価は低くても、食べたいときにサッと口に入れることのできる店のほうがよっぽど気分がいい。第一、次から次へと客が押し寄せるような店では落ち着いて食事が楽しめないじゃないか、と

c0041105_22111444.jpg 朝一番の飛行機で名古屋に帰り、そのまま自宅のある豊橋を通り過ぎて天竜川へ向かう
 渓流のオフシーズンに設定される“天竜川C&Rエリア”は、想像を遥かに超える人数の釣り人(ほとんどがフライフィッシャ-)で賑わっていた

 好ポイントでは、解禁直後のアユ河川のように人とロッドが林立している…
 その光景を見て、当然のように上流の人の少ない瀬の部分へ移動した

 しばらく大きめのマラブーもどきや、ヘアズイヤーなんかを沈めて流していたが、やはり反応が薄い。「どうせダメなら…」とドライにチェンジするとオイカワが釣れはじめた
 「何も釣れないよりはヒマつぶしになるかな」と、しばらく流していると比較的大きな波紋が広がった
 瞬間、ロッドに伝わるとんでもない重さ…一瞬にして心臓の鼓動がマックスに上がる…直後、すぐにフライは水面から戻ってきてしまった

 呆然と水面を見つめていると、巨大な尾ビレが水面を割ってしぶきを上げた。目を凝らすと、それは50センチを優に超えるコイだった
「あれだったのか…?」

 結局、これがこの日の釣りのハイライトになってしまったが、この日の“メインイベント”はとても楽しいものだった

c0041105_22113574.jpg まるで自分の到着を待っていてくれたかのように、昼過ぎに始まったヤキソバ・BBQ…
 久しぶりの再会となった「輝ける沢の辺で」のライズさん、「空色ライフ」の洋さん、初めてお会いした「習慣Flyday」Rollyさん、「一から出直し修行的毛鉤釣」のgodzillaさん、「大好き!管理釣り場」のsammyさん…
 ほかにもそれらのサイトの常連さんたちと、午前中の釣果はもちろん、普段の生活では話題にすらならないコアなネタで盛り上がることができた

 しかし残念ながら、帰りも所用で一人先に帰らなければならない
 対岸の道路を走っていると、プールを取り囲むように立ち並ぶフライフィッシャーたちの姿が見えた

 「こういう楽しみ方ができるなら、”行列のできる店“も悪くないナ」…

 ついさっき開催を約束した次の懇親会。大勢のフライフィッシャーの中で歓喜の雄叫びをあげる自分の姿を想像してみた
 三日月にしなるロッド、ネットをもって駆けつける仲間たち…
 でも、何故かそのラインの先にいるのはレインボーではなく、大きなコイだった…
c0041105_22115799.jpg


 taro's magazine main site
[PR]
by taros_magazine | 2005-11-22 22:13 | fly fishing diary


<< fun!×fun! flying for flyf... >>