マツケンサンバとF1
 
 トップ画像をちょこっと新しくしたんで、ついでに閑話休題などを…

 この1週間ほどの間に、わが街豊橋の出身者2名が世間の話題となった

 一人は言わずと知れた”マツケン”こと松平健。彼がこのたび再婚したとのことで、テレビで見たような芸能レポーター諸氏も豊橋にやってきているという
 テレビでも触れられていたけど、自分のまわりでも「松平健が駅前のマンションの最上階を買い占めたらしい」というウワサがちょっと前からささやかれていた
 ま、こんな情報はマンション業者か役所からしか漏れないはずなのに…ったく個人情報保護法はどうなってるんだ、などといらぬ心配までしてしまうが、とりあえずオメデタイ話題である

 さて、もう一人は山本左近というレーシングドライバーである
 
 先週、テレビでF1を観戦した人でも、ほとんどの人は知らないだろうけど、今年は国内の自動車レースでも一番人気のGT選手権に参戦している
 豊橋出身で、おまけに学校の後輩ということもあり、「何かのマチガイでF1にでも乗ってくれりゃイイ話のタネになるんだけどなぁ…」なんて思っていたら、急遽金曜日のフリー走行でF1をドライブすることになった

 ということで、行ってきました鈴鹿サーキット!
 平日にもかかわらず、何なんだこの人の多さは!オマエラみんな仕事はどうなってるんだ!(オレモナー)というほどの混雑ぶりである
 
c0041105_22464555.jpg そして驚いたことに、この金曜日しか走らない左近の大(中かも…)応援団が逆バンク出口のスタンドで陣取っていたのである
 一見すると200円くらいで売ってるビニールカッパのような揃いのジャンパーと、ドライバーが見たら思わずペースダウンしてしまいそうな黄色(左近が乗るマシンのチームカラー)の小旗には、それぞれ『左近』と手書きされている…
 恐る恐る応援団長らしきオニイチャンに「豊橋から来たんですけど…」と告げると、「おー!左近応援してくださいね!」と言ってその小旗をくれた

 左近選手はほかのレギュラードライバー2名を差し置き、同じマシンに乗る3人の中ではトップタイムを出し、実に気持ちよさそう
 しかも午後のセッションでは、レースを走らない彼には必要ないハズのスタート練習までやってのける(どうも、「いつでも不振のドライバーに代わって走れるゾ!」というアピールだった様子…)強心臓ぶりを発揮していた

 佐藤琢磨がアレだったので、ガゼン『豊橋からF1ドライバー』が現実味を帯びてきたような…って、気が早すぎなのは承知だけどねー
c0041105_22514383.jpg

(鈴鹿に臨時に開設されていたコレクションホールにて↑)

 taro's magazine main site …
[PR]
by taros_magazine | 2005-10-13 22:53 | toyohashi diary


<< 期待と願い(motoGP 20... アクシデントの後で… (mot... >>