雨のち晴れ…そして
c0041105_23362129.jpg 天気予報では『昼前には上がる』ハズだった雨は、昼過ぎに寒狭川に着いてもまだ降り続いていた
 最初に入った川でも、移動した先でも釣れなかった
 何度も掛かったけど、何度もバラされた
 
 でも、出るはずのところで出ない、油断してるところで食いついてくる…そんな釣れない最終釣行を、いつしか楽しんでいた
 
 それはきっと、”特別な日”に仕立てたかったんだと思う

 いつもと同じような釣果でシーズンを終えるのではなく、何かスペシャルな出来事で最後をしめくくりたい…そんな気持ちがフィルターとなり、からっきしダメな1日を”特別な日”に変換してしまったんだと思う

c0041105_2343875.jpg 最後の谷へ向かう頃には、もう鼻歌モノのドライブだった
 そこでは、最後をしめくくる”スペシャル”な事をするつもりだから…

 この谷へ来たのは今年2度目 
 いつもはポイント移動の通過点でしかない細い谷で、たまたま出した竿に小さなイワナが掛かったときの驚き、そしてこんな源流にさえ散らばる釣り人のゴミを見たときの怒り…
 そのときから、シーズンの最後にはその谷の掃除をして帰ろうと決めていた

c0041105_23371068.jpg 相変わらず、そこには周りの自然に似つかわしくないゴミが散乱していた
 コンビニの食べ物のパッケージ、タバコの箱、仕掛けの包装…
 ポリ袋にちょうどいっぱいになるくらいのゴミを集め、ほんの少しだけキレイになった谷にフライを流してみた

 この日初めて、そして今年最後の魚は15センチほどのイワナだった

 雨は降り続いていたけれど、この谷にまだイワナがいることが確認できたこと、そしてやろうと思っていた掃除を終えたことで、気持ちはもう”晴れ”だった

 心地よい疲労感を感じながらふもとの集落へ下りていく途中、何台もの工事車両が作業をしているのが見えた
 その現場を通り過ぎようとして山の斜面を見たとき、思わず『あっ…』と声を上げてしまった

c0041105_23372640.jpg ついさっき小さなイワナを釣った谷と、その下流の自分のフライフィッシング初体験の川とをつなぐ間で、大きな堰堤を造っていたのだ
 澄んだ小さな滝のようだった流れは、むき出しの土砂とヒューム管に変わり、そこからはドロ濁りの排水が吐き出されていた

 集落に入る頃には、傾きかけた太陽と青空がようやく少し顔をのぞかせた
 でも、ついさっきまで心地よい疲労感に包まれていたはずの自分の気持ちは、やりきれない徒労感とともにすっかり曇ってしまった

 原生林の開発、河川改修、忍び寄るダムの足音…
 この日が、この川での文字通りの”最後”の釣行にならないこと祈って…

c0041105_23375089.jpg
*today's tackle
rod:EUFLEX XFP 8'03 #3 (TIEMCO) ,George Selvin Marryat 8'00 #2 (Marryat)
reel:CFO1D (ORVIS) , CMR 3/4 (Marryat)

 taro's magazine main site … 
[PR]
by taros_magazine | 2005-09-28 23:50 | fly fishing diary


<< アクシデントの後で… (mot... 重荷 (motoGP 2005... >>