Catastrophe , part1 (MotooGP 2015 Round-17 MALAYSIA GP)
c0041105_1327463.jpg
 2006年、バンレンシアGP

 それはいくつもの印象的な光景が積み重なった、狂おしくも美しいレースだった

 前戦でチームメイトに追突されポイントリーダーの座を失ったニッキー・ヘイデンと、思いもしない形でタイトルに王手をかけたバレンティーノ・ロッシ

 彼本来の力強い走りで、がむしゃらに先行するヘイデン
 ポイントの計算に集中力を削がれ、カオスの深渕に嵌っていくロッシ
 大きな十字架を背負い、ニッキーのサポートのために力走するダニ・ペドロサ
 そして、2人の決戦を息をひそめて見守るかのように周回を重ねるライダー達・・・

c0041105_13275262.jpg 自らの痛恨のミスで、ほとんど手中におさめていたタイトルを逃したロッシは、数分前まではチャンピオンシップ・ランとなるはずだったそのコース上にニッキーの姿をみつけると、マシンをそっと横に並ばせ、そして新たな王者へ祝福の手を差しのべた


 あのシーンから9年、何もかもが変わってしまった

 そこには世界最高峰のカテゴリーで戦うというプライドも、他のライダーに対するリスペクトも存在しなかった

 思えば、今シーズン序盤まで噛み合っているように見えた2人のバトルも、一皮剥けば感情むき出しの肉弾戦に過ぎなかったのだ

 久々の栄冠を前にしたかつての絶対王者は、タイミングも場所もお構いなしに絡んでくる若造に辟易としていた

 すでに3連覇の望みを断たれた若き王者は、コース上の速さではなく人気を傘に着た”口撃”で常に優位に立とうとするロートルに我慢できなくなっていた


c0041105_13292987.jpg そんなフラストレーションを先に爆発させたのはロッシだった

 ジワジワと真綿で首を絞められるようにポイントを削り取られていった彼は、このグランプリが始まるとマルク・マルケスが自分を意図的に妨害していると公然と批判した

 それは、彼が長いグランプリ生活の中で何度も駆使してきた得意の心理戦…ではなかった

 彼は本気で、マルケスが自分ではなくホルヘ・ロレンソにタイトルを獲らせるために意図的にドアを閉めようとしていると思っていた

 一方でマルケスの本心はわからないままだった

 ただ、このロッシの発言が”若造”の涼しげな笑顔の裏側で燃えさかる炎にとびきりオクタン価の高い燃料を注いだことだけは確かだった











[PR]
by taros_magazine | 2015-10-28 22:26 | motorcycle diary


<< Catastrophe , p... el fantasma (Mo... >>