孤独 (motoGP 05' "DUTCH TT" オランダGP)
 
 まー、いろいろと物議を醸してるビアッジの件については、本家サイトで詳しく述べているので省略させてもらって…

c0041105_1802030.jpg それにしても気になるのは、ロッシの今後だ

 まずは予選終了後…会心のフライングラップでポール・ポジションをキメ、いつものように派手はパフォーマンス…と思ったら、すっかり疲れ切ったしぐさで力無く手を振るだけ。ときおり思い出したようにフロントをリフトさせようとするが…

 解説の宮城光は「すごく力を入れてマシンコントロールしてたから…」みたいなことを言っていたけど、原因は違うところにあると思う
 
 それは予選終了間際。アタックしようとするロッシを、コース上で多くの(いや、ほとんどの)ライダーが待っていた
 この長く、難しいアッセンで、彼の後ろでラインを盗み、風を避け、引っ張ってもらおうとするライダーたち…その列の中には、お約束のバロスはもちろん、”舎弟”メランドリ、”チームメイト”コーリン、それに”宿敵”ビアッジまでが並んでいた

 何度もイヤがってペースを攪乱するものの、結局アクセルを開けて、しっかりとポールを獲得したが、レースを追うごとに長くなる”ロッシ・ライディングスクール”の列に辟易としていることは想像に難くない

 レース終了後も彼らしくなかった

 もちろん、ウィリーにバーンアウトとパフォーマンスをするけれど、それは以前のように心から楽しんでいるのではなく、”ファンのため”に見せているように感じてしまった

 ポールにも、勝利にも”喜び”が見いだせなくなったライダーが選択する道…それを考えたくはないが…

 もう一人、孤独なライダーがいた

c0041105_1803827.jpg チェッカーの瞬間、セテ・ジベルノーは、ピットの方をチラリと一瞥し、小さく首をかしげた
 『ロッシvsRC211V軍団』。その軍団のリーダーのはずの彼が、なぜかコースでは孤立無援に見える
 実際にはヤマハを一人で背負っているロッシこそ孤立無援という言葉がふさわしいはずなのに、チームメイトはロッシの親友、ニッキーもロッシファン、バロスや玉田は我が道を行くライダー
 本来、ロッシを包囲するはずのホンダ勢が、こぞってジベルノーを追い込んでいるような気がしてならない

 昨シーズン終盤からさまざまな確執をぶつけ合いながら、今シーズンはさらにそれを昇華させたバトルを見せてきた2人

 今、それぞれの気持ちが一番よく理解できるのは、この2人同士かもしれない

c0041105_1805053.jpg
  

"taro's magazine" main site…  
[PR]
by taros_magazine | 2005-06-26 18:03 | motorcycle diary


<< 四次元釣法 謹告 >>