Her "curtis creek"
c0041105_2352558.jpg はじめてやってきた川…さて、何を基準に「どこで竿を出すか」を決めるのか?

 ”いかにも”のポイントには魚はいるかもしれないけれど、多くの人が入っていることだろう
 ”竿抜け”っぽいポイントなら、釣り荒れてはいないだろうけど、魚がいる可能性は格段に低い
 そんなことで迷ってるうちに、車をとめる場所を逸し、他の釣り人の先行を許してしまう…


 ということで、この『ポイント選定』はある種のカン(+経験)で行うこととなる

 毎週のように出かけている寒狭川上流でも、自分にはまだまだ未開のポイントがある
 先週末、そんな支流の一つ、野々瀬川の上流に位置する温泉に一泊する機会があったので、早起きしてじっくりとその川を見てみた。もちろん、竿を持って…

 本流との合流点付近こそそれなりの水量があるものの、やがてすぐに岩盤っぽい川底の浅い流れが続き、途中の小さなプールの連続する区間でも、心なしか水は濁っているように見える

 そして出した結論は「ダメだこりゃ」であった

 そのまま車で国道に出て、いつもの川に出かけ小さなアマゴを3匹ほど釣り、朝食の時間に間に合うように宿に戻った
すると女将さんが一言「アマゴ?それだったらそこの川で釣れるのに」…

 帰り道、もう一度車窓からじっくりと川の流れを見てみる

 なんか、すごく釣れそうな川に見えた


*today's tackle
rod:FREESTONE FS803 (Shimano)
reel:SK-CL (Caps)


"taro's magazine" main site…
[PR]
by taros_magazine | 2005-05-20 23:59 | fly fishing diary


<< mismatchin'... バレvsジベvs…? (mot... >>