"Newtype" (MotoGP 2012 Round-3 PORTUGAL)
c0041105_15312040.jpg

 今やケーシー・ストーナーの速さは誰もが認めている

 オープニングラップの1コーナーからいきなり100%で攻めていき、そのまま食い下がる後続を力で引き離す圧倒的な速さ…

 いったん秒単位で引き離せば、ライバルがどれほどチャージしようと、タイヤがとうにグリップを失っても、マシンにさらにムチを入れることのできる驚異的なマシンコントロール…

 それでもなお、彼の”アラ”を探しつづけてきたシニカルなファンは”バトル”の弱さを主張してきた

 しかし、今シーズンのストーナーはそんな見方に彼なりの最終回答を突きつけたかのような走りを見せている
c0041105_15382178.jpg
 前戦のスペイン、そしてこのエストリルで見せたストーナーの回答…

 それは、たとえライバルがフロントタイヤをネジ込んでこようとも、ラインの取り合いや残り周回を睨んだタクティクスなどではなく、自らの力だけで倒してみせるという強烈な意思表示だった

 だからこそ、ダニ・ペドロサはタイヤに熱が入るのを待てずにスロットルを大きく開けてしまった
 できることなら少しでも長くストーナーのペースとラインを塞ぎ、彼に自由なラインとペースを与えないように…
 
 そんなペドロサの目論見はオープニングラップ早々に潰えてしまった


 予選から入念に戦略を練ってきたホルヘ・ロレンゾも、逃げていくストーナーを目の当たりにするとすぐさま追走体制に入った
c0041105_1642961.jpg
 終盤、タイヤが厳しくなったところでの勝負…しかし、そのために万全にセットアップしたはずのマシンは、序盤からフロント・リアとも激しくスライドし続けるレプソルカラーのマシンにあっという間に1秒のディスタンスをつけられてしまった

 ロレンゾがストーナーを逃がさないための唯一の戦略…ペース配分を無視した猛チャージで背後に迫っても、ストーナーの走りは異様なまでにアグレッシブで、それでいてパーフェクトだった

 この日、ストーナーは派手なオーバーテイクも接触寸前の接近戦も演じることはなかった

 しかし、強力なライバルたちの果敢なチャレンジに対し、薄皮を1枚ずつ剥いていくように限界を超えたところでマシンをコントロールし続け、そして倒していった彼の走り…

 それはまるで、MotoGPという宇宙の中で進化し続けたハードウェアがもたらした”突然変異”のようだった

c0041105_16582820.jpg グランプリにおける”バトル”というものの概念さえ一新してしまった"Newtype"王者の覚醒…
 ストーナーは今、誰も経験したことのない領域に踏み込もうとしているのかもしれない

 その彼に対抗するための手段が、はたしてロレンゾやペドロサにあるのだろうか? 

 そして、彼に対抗する”赤い彗星”の復活はあるのだろうか?
[PR]
by taros_magazine | 2012-05-20 17:03 | motorcycle diary


<< " Let it r... "Showstopp... >>