イワナの消える日
 
 イワナとアマゴ(もしくはヤマメ)、どっちが好きか?
 基本的には、釣れるならどっちでもイイけど、自分はイワナが好きだ。何となく愛嬌のある顔立ちと、控えめなパーマークがなんともソソるのである

c0041105_0213213.jpg 自分がフライフィッシングを始めた頃は、寒狭川の大名倉あたりでもイワナばかり(*以下、「ばかり」という言葉が多用されますが、決して「たくさん」という量的な意味ではなく、「のみ」という質的な意味です。自分はそんなに上手くないです)釣れた
 アマゴが釣れるのは春先と梅雨頃の放流後の一時期だけで、シーズン通して釣れるのは圧倒的にイワナで、口の悪い釣り師は「アマゴの1匹はイワナの3匹に換算しないとな」なんて言ってた

 それが、いつしかアマゴばかり釣れるようになった。いや、念のため言っておくと、イワナも釣れるらしい。ルアーやエサ釣りの人からは尺上イワナの話を良く聞くし、いろんなサイトを見ててもイワナは釣れているようだ

 でも、自分が釣るのはアマゴばかりだ
 以前はイワナしかいなかったポイントでもアマゴばかりが釣れる。何故か?

 自分の釣り方が原因と考えるのが一番自然なんだろうと思う
 以前よりも細いライン、小さな毛針、狙うポイントも流し方も、知らず知らずのうちにアマゴ向きになっているのかもしれない
 
 でも、頭をよぎるのは「もしかしたら、イワナがどんどん淘汰されてるんじゃないだろうか…」という根拠のない不安である

 そんなことを考えながら、いつも行く川の最上流部に初めてやってきた。水深は10センチそこそこ。川幅も1~2メートルほどのまさに源流だ
 以前から車では通るところだったけど、まさか釣りができるようなところだとは思ってなかったので竿は出さなかったのだが、この日は雨の後ということもあり、”渓流”っぽく見えた

 そこにイワナはいた
 5~6センチの稚魚から20センチほどの成魚まで、何匹ものイワナをこの日確認することができた

c0041105_0485880.jpg でも、自分の不安は解消されなかった
 帰りに林道でみた真新しいエサ用ミミズのカラ箱…

 この沢からイワナが消える日は、悲しいことに案外近いのかもしれない 
 
*today's tackle
rod:FREESTONE XT883 (Shimano)
RIGHTSTAFF 7'10 #2 (Caps)
reel:abel TR-L , Redhington CT2/3


"taro's magazine" main site…
[PR]
by taros_magazine | 2005-05-09 00:50 | fly fishing diary


<< バレvsジベvs…? (mot... 義理と人情とオリビエ・ジャック >>