"Satisfaction" (MotoGP 2011 Round-11 Czech)
c0041105_23502997.jpg
 自分達が前に進めば、ライバル達はそれよりもさらに前へと進む
 自分達がコンマ5秒削れば、ライバル達は1秒削ってくる…

 バレンティーノ・ロッシがこんな迷宮に入り込んでから、もう8ヶ月が過ぎた
 
 ライバルはストーナーでもロレンソでもペドロサでもない
 シーズン当初は何とか手の届いたドヴィツィオーゾやシモンチェリですら、今では追いかけるのも難しくなってしまった

 コース外での発言も、『いまに見てろよ』的なものはすっかり鳴りを潜め、困難な状況の中にある米粒ほどの希望を語るだけになってしまった


c0041105_23525935.jpg それでも、このブルノの状況は違うものになるはずだった

 20日間のサマーブレイク、それは急造のGP11.1を熟成させる願っても無いインターバルになるはずだった

 そして迎えた土曜
 これまでカタルニア以外ではすべて”秒”差だった予選タイムは、ポールのペドロサから0.776秒差まで迫ってみせた

 それは、デスモセディチ×ストーナーを相手にタイトルを奪還した2008年を思えば、十分”射程距離”と言っていいほどのタイム差だった

 意気上がるドゥカティ陣営…しかしそれもレーススタートまでだった

 スタートダッシュに失敗すると、いとも簡単にホンダとヤマハのワークスマシンに先行を許すいつもの展開となった

c0041105_23531837.jpg 独走するストーナーには逃げられたが、表彰台を窺うベン・スピーズのテールに迫った、とは言うものの、逆に後からはスズキのバウティスタが猛然と突っつかれていた

 そして何よりもロッシが置かれている状況の深刻さを物語るのが、そのレース後の当のロッシのコメントだった

 このリザルトを『とてもうれしい』と表現し、マシンの改善に満足していると言うのだ

 昨年、このブルノで転倒した後、誰はばかることなく全身で”怒り”を表現した彼が、これまで9つの世界タイトルを獲得した伝説的ライダーが、昨年まで常に優勝争いに絡んでいたマシンに跨り、そして今、トップと10秒以上離された6位を大いに喜んでいるのだ

 はたして、この先表彰台へ、そして勝利へと進むために一体どれほどのマシンの進歩と時間が必要だというのか…
 
 まるで途方も無く遠い目標に対し、見ないフリを決め込んだかのように、小さな喜びをみつけてはポジティブなコメントを繰り返す姿は、かつて勝てないレースの中でもブリジストンタイヤの特性を掴もうとしていた頃に口にしていた発言と、言葉こそ同じではあるがそこに込められた”気持ち”がまったく違っているように思えてならない

c0041105_23505833.jpg 確かに、この日の彼の走りとリザルトに対する評価は分かれるかもしれない

 しかし、彼のレース後のコメントが”現実逃避”でないならば、その真偽はインディアナで明らかになるだろう

 そして、そのレース後のロッシのコメントの中にこそ、これまで覆い隠してきた本心が見えるはずだ
[PR]
by taros_magazine | 2011-08-27 23:58 | motorcycle diary


<< "Apocalyps... "myth"... >>