"Rapsodia" (MotoGP 2011 Round-8 Italy)

c0041105_22333847.jpg 勝ちたい気持ちを優先させれば”無謀”
 確実にリザルトを取りにいけば”平凡”

 この日、マルコ・シモンチェリの気持ちは揺れ動いていた

 この、元来心優しい気さくなイタリアンに対する風当たりは、近年のグランプリでは類をみないほど痛烈なものだった

 ここまでの2戦でダニ・ペドロサ、ホルヘ・ロレンゾというトップスター2人を葬った”撃墜王”も、このムジェロでは大きな歓声で迎えられた

 そのファン達に見せるべき”自分の姿”はどっちなのか?

 5位でチェッカーを受けたシモンチェリの笑顔…喜びよりも安堵を感じさせるその笑顔は、彼が決して根っからの”危険なライダー”ではないことを物語っていた

********************************

 サーキットを埋め尽くした赤と黄色のコラボレーション…

c0041105_2234253.jpg しかしバレンティーノ・ロッシと彼の赤いマシンは、この日もかつて彼が駆ったマシン達の後方で走り続けた

 アッセンで見せた一瞬の輝きさえも見せることができず、まるで足かせを着けているかのように不自由なライディングに終始しながらも、その意地だけでドゥカティ勢の最上位を走り続けるロッシ…

 決してファンを満足させられたわけではない
 復活の手掛かりを見出したわけでもない

 それでも、彼がチェッカーを受けた時の拍手は、この日一番の大きさだった

********************************

c0041105_22355489.jpg いつも”二番手”だった

 ロレンゾと熾烈なバトルを繰り広げていた250ccの時も
 悲願のワークスチーム入りを果たした去年も…

 それどころか、ケーシー・ストーナーがチームに加入してからは、第3ライダーのポジョションを甘受せざるを得なかった

 そんなアンドレア・ドヴィツィオーゾが見せた魂のオーバーテイク…

 絶対的なエースの座を不動のものにしかけていたストーナーに後塵を浴びせた彼は、この日確かに何かを掴んだ

********************************

 今シーズン急成長を遂げたニュースターも、9度の王座を獲得した生ける伝説も、そして最強のワークスチームのホープも、この地元で勝利することはできなかった

 それは、ともすれば辛辣な言葉が飛び交うことも予想されたリザルトであったかもしれない

 でも、この日集まった何万ものイタリアン達は、その結果以上に大切な何かを、このムジェロで確認したかのように大きな歓声で彼らのヒーローを称えた

 とびきり熱く、そして美しいレーシングDNAを持ったイタリアン達

 この日の本当の勝者は、こうしてレースを楽しむことのできる彼らだったのかもしれない
c0041105_22361269.jpg

[PR]
by taros_magazine | 2011-07-24 22:39 | motorcycle diary


<< " #1 "... 蜘蛛の糸 (MotoGP 20... >>