The End (MotoGP 2010 Round-17 PORTUGAL)
c0041105_22501184.jpg
 それは、王者としての誇りを賭けた渾身の走りだった

 その肩書きは、すでに”かつての王者”であり、その相手は”新チャンピオン”ではあったが、バレンティーノ・ロッシは間違いなく王者としてホルヘ・ロレンゾに立ちはだかった

 もてぎ以降、幾度と無く見せてきた卑しいブロックも、この日のロッシには不要だった
 ヤマハ離脱の発表以降、時折顔をのぞかせてしまった集中力の欠如もまったく感じさせなかった

 ただ純粋に速さ、そして強さでロレンゾを倒すこと…それこそがこの日のロッシを突き動かす強烈なモチベーションだった

 王者対王者のプライドを激しくぶつけ合うバトルは、調子を上げてきたはずのホンダ勢をはるか後方に置き去り、食らいついていこうとしたケーシー・ストーナーをコース外へと葬り去った

 悲劇的な怪我からの復帰以降、ロッシが初めて見せた鬼神の走りは、怖れを知らない”新チャンピオン”に対しての大きな大きな”釘”になるはずだった。12ラップ目までは…

 しかしロレンゾの速さ・強さは”かつての王者”の予想を遥かに超えていた
c0041105_2252091.jpg
 一度は2秒近くまで離されたロッシに対し、今度はラップあたりコンマ5秒も削るペースで追いすがり、17ラップ目の長いストレートエンドのブレーキングでロッシを一撃で仕留めて見せたのだ

 その後もペースを落とさない新王者がチェッカーを受ける姿を、かつての王者は8秒以上後方からただ眺めることしかできなかった…

 この日、明らかにひとつの時代が終焉を迎えた

 ロッシの時代が終わったのは、骨折したムジェロでも、タイトルを失ったセパンでもなかった

 それは、この日のエストリルの17ラップ目の1コーナーだったのだ

 怪我とその後遺症、チャンピオンシップポイントの計算、チームの思惑…さまざまな要因から、力と力の真っ向勝負をなかなか見せなかった2人の王者がついに演じたバトル…

c0041105_22524722.jpg そのあまりに明白な力の差に、多くの人はロッシが勝てなかったことに何か別の理由を探してしまうかもしれない

 でも、もう認める時だろう

 ロッシの時代は終わったのだと
[PR]
by taros_magazine | 2011-02-20 22:57 | motorcycle diary


<< Aesthetics (Mot... Cold Wind (Moto... >>