"Love Story"(MotoGP 2010 Round-10 Czech)
c0041105_1557634.jpg

 それはホルヘ・ロレンゾが、マシンをタイヤバリアの上にまで飛ばしてしまうほどの派手なクラッシュを演じた直後の出来事だった

 ラストアタックに出ていたバレンティーノ・ロッシは、最終コーナー手前の左カーブでリアタイヤをスライドさせると、そのままあっけなくスリップダウンを喫してしまったのだ

c0041105_1624556.jpg しかし、本当に驚かされたのはその後のシーンだった

 ライダー、マシンとも大きなダメージがなさそうなことに多くのファンが安堵した次に瞬間、立ち上がったロッシは右手を悔しそうに振り下ろしたのだ

 1回、2回、3回、4回…そして今度は両手で拳を握り締めて膝を叩いた

 おそらくグランプリでロッシが初めて見せたであろう激しい負の感情表現…それは、この1戦にロッシが賭けていたモノの大きさを表していた

 明日のレース後にリリースされる予定の『来シーズンに関するメッセージ』…

 そこでロッシが本当に伝えたかったのは、すでにドゥカティサイドから漏れ伝わっていた移籍そのものではなく、この7年間それまで決して味わうことのなかった挫折や苦難、そして栄光の瞬間を共にしてきたYZR-M1への想い…
c0041105_15573480.jpg
 そのM1に別れを告げる週末だからこそ、最高の走りでメッセージを伝えたかったのに、ロッシは転倒の瞬間右脚をかばってしまった
 
 怪我の程度を考えれば、それはむしろ当然のアクションだった
 低速の14コーナーで、加重していた右脚にスライドが伝わってきた瞬間、彼は本能的に右脚をステップから外し両手をハンドルから離して、マシンをアウト側へ送り出した

 そのときロッシが見たものは、ゆっくりと回転しながらグラベルに突っ込んでいく”彼女”の姿だった
c0041105_1558061.jpg
 その瞬間、激しい後悔の念が押し寄せた

 完全にこらえられたはずのスライドだった
 あの程度なら、リハビリ中の右脚でもコントロールできたはずだった
 なのに…

 両拳で膝を叩いた後に一度立ち止まり、そして最後に右手の拳で太腿を思いっきり叩いた。骨折した右脚の…
 
 決勝では、リベンジを誓ったはずのロッシに今度は”彼女”が応えてはくれなかった
c0041105_15581679.jpg
 スタートで出遅れたロッシとM1は、最後までペースを上げることができずに優勝どころか表彰台争いにも絡めずにレースを終えた…

 そしてレース後、世界中が注目していたロッシからのメッセージがリリースされた

 何度も何度も書き直した跡があるその手書きのメッセージは、ドゥカティという単語が一度も出てこないかわりに、”彼女”という言葉で埋め尽くされていた

 2004年のウェルコムの草の上で始まった美しいラブ・ストーリーは、ロッシのメッセージを待つまでもなく、前日このブルノのグラベルの上で終わりを告げていたのであった…
c0041105_1556305.jpg

[PR]
by taros_magazine | 2010-08-21 16:08 | motorcycle diary


<< "burn"... "Determina... >>