"without him (part 3)" (MotoGP 2010 Round-6 Dutch TT)
 c0041105_15232334.jpg
 一瞬、グランプリは本来の秩序を取り戻したかに見えた

 先頭を走るホルヘ・ロレンゾ、熱い走りで追いすがるダニ・ペドロサ、様子を伺う復調したケーシー・ストーナー…

 ”4強”からバレンティーノ・ロッシをマイナスすれば、この3人がトップを激しく争うのが、当然あるべきグランプリの姿のはずであり、その頂点のバトルこそがグランプリの魅力なのだから…

 しかしラップを重ねるごとにその”理想形”は徐々に崩壊し、一人のライダーが掲げる新しい秩序の下にその姿を変質させていった

 見た目こそ接近戦を演じてはいても、その全ラップはパーフェクトにホルヘ・ロレンゾただ一人に支配されていた

 フィニッシュラインこそ2位との差は3秒を切っていても、すべてのラップをロレンゾが奪っていた
 ファステストラップこそソフトコンパウンドのペドロサに譲ったものの、その差はコンマ1秒でしかなかった

 むしろそんな記録よりも、当のライバル達の反応がすべてを物語っていた

 レース中はもちろん、レース後のコメントすらも”無抵抗”に、この新しい秩序を受け入れてしまったかのようなペドロサとストーナー…

 そのシーズン折り返し前にしては、あまりにもドライで現実的な対応…
 彼らはこの日、若きスペイン人の王者の誕生を誰よりも間近に肌で感じたのだろう

 しかし、この事実上のタイトル決定戦となったレースを終えてなお、激しく闘志を燃やし続けているライダーが2人いる

 そのプライドにかけて、新チャンピオンを叩きのめすべく爪を研いでいる王者ロッシと、そのロッシを倒すために、彼のいないレースを勝ち続け、そして彼の完全復帰を待ち望んでいるロレンゾ…

 このアッセンの地で、ひとつの争いが終止符を打ち、そしてさらに激しい戦いの始まりを告げる鐘が鳴った
c0041105_15241981.jpg

[PR]
by taros_magazine | 2010-07-05 15:25 | motorcycle diary


<< "Delight&q... "without h... >>