"GALLINA VECCHIA" (MotoGP 2009 Round-16 MALAYSIAN GP)

 バレンティーノ・ロッシの9度目の戴冠を見ながら、ふと思った

 『長野オリンピックの金メダリストで、この冬のバンクーバーでも表彰台の頂点に立つ選手がいるのだろうか?』と…

c0041105_21393017.jpg 彼が初めて世界タイトルを獲得したのは1997年、あの冬の祭典の前年のことだ
 さらに彼がGPデビューしたのは、日本サッカーが”マイアミの奇跡”を起こしたあのアトランタ五輪が開催された96年なのである

 当時、頂点を極めたアスリート達の多くが、すでにそのフィールドを去る、あるいは後進に道を譲っているであろう14年という膨大な時間の流れ…
 
 しかし、その間ロッシは次々と現れるライバル達を真っ向から受け止め、そして跳ね返し今なお王者として君臨している

 彼が打ち立ててきたどんな記録よりも遥かに驚異的な、この長期間にわたるモチベーション
 この間、彼を突き動かしてきたエネルギーはいったい何なのか…そう考えたとき、ロッシがそれまでに見せたことのない姿を晒したシーンを思い出した

c0041105_2140466.jpg 2006年フランス、ル・マン
 開幕戦での思いもよらぬ転倒で出鼻をくじかれ、その後も度重なる不運に見舞われタイトル争いで苦境に立たされていた彼だったが、このレースでは久々の快走を見せていた

 脅威のニューカマー、ダニ・ペドロサにその力の差を見せつけ、そのままチェッカーに向けてスパートしようとしていたその時、またもや息絶えた彼のM1…

 マシンを降りた太陽王ロッシは、一度も前を見ることなく最後まで視線を足元に落としたままマーシャルカーに乗り込み、頭を抱えた…

 それまでも無言でピットから去っていったこともあった
 うつむきながらチームクルーの運転するモペッドに乗って帰ってきたこともあった

 しかし、薄暗いマーシャルカーの中で頭を抱えるロッシの姿はあまりにも衝撃的だった…

 もしかしたらあの時、彼は”引退”を考えていたのではないだろうか?

 それまで何よりも大好きだったレースが、あふれんばかりの幸福と誇りをもたらしてくれたグランプリが、あの時の彼にとっては苦痛に満ちた残酷なショーにしか思えなくなってしまったのではないだろうか…

 そして、もし次のレースも同じような結果だったら…

c0041105_21412711.jpg そのレースはイタリアGPだった

 ランキング下位に低迷するロッシに対し、母国のファンは驚くべき反応で出迎えた

 モーターホームから出てきた彼の前にあったのは、いつものように黄色い歓声と満面の笑顔であふれる”花道”などではなかった
 ある者はあらんばかりの声を振り絞り拳を突き上げ、ある者は泣きそうな表情で力いっぱいの拍手を送り続けていた

 それはいつも華やかなパドックでは一種異様な光景ではあったが、同時に見たことがないほど感動的な”凱旋”だった

 そんなムジェロのファンは彼が失いかけていた情熱を呼び覚まし、グランプリの神は彼に完璧な勝利をプレゼントした

 そしてロッシは二度とあのような姿を見せることはなくなった

 初日のフリー走行で大クラッシュし2箇所を骨折したその年のアッセンでは、8位フィニッシュのレース後にさわやかな笑顔を見せてくれた

 5年間守り続けた王座から陥落した最終戦バレンシアのチェッカー後には、みずからニッキー・ヘイデンに駆け寄り、祝福の握手を差し伸べた
c0041105_2142455.jpg
 あの傷心のルマン、そしてその後のムジェロの熱狂…あの時、あの年、ロッシは確かに悟った

 自分にとって、ファンにとって、そしてモーターサイクルレースにとって、バレンティーノ・ロッシというライダーの走る意味を…

 今も彼が心の中で燃やし続けているそのエネルギーの源が何であるかが語られるのは、その全てを使い果たし、”これで引退”という最後のモチベーションを使うようになる時だろう

 ただ今は、”老いた鶏”が生み続ける卵をもう少し味わっていたいと思う
c0041105_21422083.jpg


*taro's magazine mainsite …
[PR]
by taros_magazine | 2009-10-29 21:49 | motorcycle diary


<< " team JAP... "pay back&... >>