"愚か者の狂気" (MotoGP 2009 Round-13 SAN MARINO GP)
c0041105_937283.jpg
 ”狂気”
 予選でのバレンティーノ・ロッシのラストアタックを見た時、瞬時にこの言葉が込み上げてきた

 残された時間は3分弱、アウトラップの後の1発勝負…
 それは、予選用のスペシャルタイヤが用意されていた昨シーズンまでならさておき、通常のレースタイヤではあまり意味がない行動に思えた

c0041105_9424299.jpg 事実、ロッシよりも数分長くタイヤを暖める時間のあったはずのホルヘ・ロレンゾもベストラップをたたき出すまでに3ラップ、ダニ・ペドロサも4ラップを要していた

 しかしロッシはアウトラップで感触を確認すると、最後のチャンスであった次のラップで一気にペースを上げた

 全セクターで自己ベストを更新したその走りは、今シーズン彼が見せてきた計算し尽されたような"perfect"なものとはまったく異なるものであった

 それは、一瞬にしてすべてを灰燼に帰することも厭わないような、あまりに危険で、それでいて妖しい輝きを放つ稲妻のように激しいものだった

 今シーズン、ただ完璧な勝利をめざして修行僧のように感情を押し殺して冷徹な走りを貫いてきたロッシ…
 その彼がなぜこのような”狂気”に満ちた走りをこのミサノで見せたのか?

 それは彼のスペシャルヘルメットが雄弁に語っていた
c0041105_937575.jpg
 
 様々な憶測やエクスキューズが関係者から語られた前戦インディアナでのクラッシュ…
 あの悪夢のような出来事を、ロッシはどうしても許すことができなかったのだ

 削り取られたポイント差、身体と心に刻まれた痛み、そして何より、あの程度のコースコンディションと挙動に対応できなかった自らの反射神経と技術…

 それらすべてを胸にしまい、自ら”愚か者”の仮面を被ったロッシ

c0041105_9431271.jpg  しかしそんな道化師のような行動の裏には、自分が最高の”王者”であることを絶対に証明してみせるという強烈な意思が隠されていたのだ

 翌日の決勝レース、激しくやり合うスパニッシュ達のバトルを尻目にマシンのコンディションを確かめ、そして中盤でトップに立つとそのまま力の差を見せ付けるようにジリジリとロレンゾとペドロサを引き離した

 そしてトップでチェッカーを受けた後には、125や250ccクラスで走っていた時の様な派手なパフォーマンスを地元のファンの前で披露し、鮮やかに愚か者の仮面を脱いだロッシ…

 その姿は、このところ取り沙汰されてきた『”大人のロッシ”を本気で熱くさせるライダーはいないのか?』という、もうひとつの疑問に対する回答でもあった

 バレンティーノ・ロッシの魂に再び熱い炎を焚きつけたライダー…それは、急成長したチームメイトでも、かつて所属したチームのエースでもなく、前戦でミスを犯した”愚か者ロッシ”自身だった
c0041105_9434092.jpg

*taro's magazine mainsite…
[PR]
by taros_magazine | 2009-09-08 09:14 | motorcycle diary


<< "pure red&... "Former…&q... >>