根羽川 '09 夏 "Niche"
c0041105_11372514.jpg
 この川の特徴は…何もない

 護岸ばかりが目に付く貧相な流れ、どうしたって隣接する漁協に比較されてしまう魚影、交通の要所にありながら、下伊那や岐阜方面へ向かう釣り人の通過点となってしまうような寂しい知名度

 愛知県との県境に位置する、長野でも最も小さな村のひとつ…そこを流れる矢作川の源流部がその根羽川漁協の管轄だ

c0041105_11381352.jpg そんなエアポケットのような釣り場が、自分の釣りに対するスタンスにピッタリと合ってしまってからもう10年以上が経過した

 そして今年もこの流れの、いつものポイントにやってきた

 目と鼻の先にある幹線国道を走り抜けるトラックの爆音が聞こえるような法面脇の小さな落ち込み…今まで何度もアマゴやイワナの良形がヒットしたその場所で、今年も派手な水しぶきがあがった

 『何だ、この引きは…』

 この細い流れにはおよそ不釣合いな激しいファイト…
 やがて水面を飛び出したその魚体に思わず声が出た

c0041105_11384159.jpg 『レインボー?!』

 根羽でも別の支流…上流に管理釣り場があるような…でなら、何度もこの姿を見た
 
 でも、この川はそこから一番離れた源流部…しかも大小いくつもの魚止めがあるというのに…

 理由はひとつしか考えられなかった

 この流れの先にある開発地…かつてイワナの種沢だったこの谷をモルタルで濁った排水路に変え、申し訳程度のアマゴを放流することで“清流が流れる里”という付加価値を謳うあの別荘地…

 レインボーを放ったのが業者なのか、それとも住民なのか、善意かどうかさえも自分にはわからない
 それに、今ここにレインボーがいるからと言って、とりたてて何かを嘆くほどのことでもないだろう

 ただ、今まで自分の心のスキマにピッタリとはまっていたこの川での釣り…そのスキマがほんの少し広がって、そして何かが漏れだしてしまったような気がした
c0041105_11391127.jpg


*taro's magazine mainsite …
[PR]
by taros_magazine | 2009-07-30 11:45 | fly fishing diary


<< 忍野 '09 夏 ... 寒狭川 '09 春~夏... >>