46% (MotoGP 2009 Round-7 DUTCH TT)
c0041105_22591238.jpg
 バレンティーノ・ロッシのこの週末の過ごし方は極めてシンプルなものだった
 
 『ここで勝った者がポイントリーダー』であり、『ここで勝った者がシーズン最多勝利』というシチュエーションの中、速さ・技術・経験全てが問われるこのアッセンでのレースに対し、ロッシは”速く走って、勝つ”という自身の最もナチュラルな精神状態で望むことができたからだ

 この数年、常に呪縛され続けてきた複雑なポイント計算も必要ない
 この数年、イヤというほど味わわされたマシンやタイヤの有利不利も関係ない

 ただ目の前のレースを全力で走り、最高の勝利を得る…13年前、125ccクラスにデビューした時のように純粋な気持ちでマシンを操るロッシ…
 そんな彼に、この日ついていけるライダーは皆無だった
c0041105_2302353.jpg
 こうして彼が積み重ねた100もの勝利…
 
 その驚異的な数字だけをとっても、彼がこのスポーツの歴史において最も偉大なライダーであろうことを物語るに十分ではあるが、ロッシが真に偉大な王者としての姿を見せてきたのは、彼が勝つことのできなかった117のレースの中にあったと思う

 サテライトチームの"繰り上がりナンバー1"だったセテ・ジベルノーに競り負けたレースを振り返り、『まるでダイジロウとレースをしているみたいだった』と穏やかな表情で語った2003年の南アフリカ

 5年間守り続けてきた王座を自らの転倒で失った直後に、新王者に自分から祝福の手を差し伸べた2006年バレンシア

 そしてオープニングラップの転倒によりシフトペダルを失いながら、神業ともいえるライディングで驚異的なラップタイムを刻むも11位というリザルトに終わったレースで、一切の言い訳をせずに黙ってピットから去っていった1年前のこのアッセン…

 本来なら負の感情が爆発してもおかしくないような状況において彼が見せるこうした態度こそが、積み重ねてきた幾多の記録よりも遥かに雄弁にバレンティーノ・ロッシというライダーの偉大さを物語っているのではないだろうか?
 
c0041105_2305339.jpg この日の大きな横断幕によるパフォーマンスが、これまで99回見せてきたどの演出よりも感動的だったのは、その横断幕に記された100の画像の背後に、勝てなかったレースでの彼の姿をも私達の脳裏によみがえらせたからだろう

 そんな数え切れないほどたくさんの記憶が放つ輝きは、100の優勝トロフィーが放つそれよりも遥かに美しく、そして永遠だ


taro's magazine mainsite …
[PR]
by taros_magazine | 2009-06-30 23:14 | motorcycle diary


<< Respect (MotoGP... Big Wave (MotoG... >>