Easter (MotoGP 2009 Round-2 Japanese GP)
c0041105_2344682.jpg
 ずっと彼に憧れ続けてきた

 その速さ、強さ、放ち続けるオーラ、すべてを支配するようなカリスマ性…
 彼は、ホルヘ・ロレンゾが望むすべてを持っていた

 だから、250ccクラスでどれほどの勝利を積み重ねても、どんなに圧倒的な強さでタイトルを獲得しても、彼は手の届かない”雲の上の存在”だった

c0041105_2352856.jpg だからこそ、エース待遇が約束されていたであろう他のチームではなく、彼と同じチームで、彼と同じマシンで走ってみたかった

 その彼は、チームメイトとなることに難色を示したとも伝えられた
 いざシーズンが始まると、契約するタイヤメーカーの違いを理由に彼との間には厳重な”壁”が築かれてしまった

 それでも、コース上でロレンゾが見た彼はやっぱり光り輝く”別格”な存在だった
 ともにマシンを並べたパルクフェルメで、一緒に立ったポディウムで、彼に話しかけられ、彼とシャンパンファイトすることが心から嬉しかった

 もしかしたら、そんな気持ちが250や、あるいはこのMotoGPクラスの”その他大勢”のライダーをロレンゾが抜き去る時のような切れ味を、彼に対してだけは鈍らせていたのかもしれない

c0041105_236061.jpg それは、ポール・ポジションを獲得しながら、最後まで2位を走行する彼に並びかけることをしなかった昨年のへレスや、何度もためらった後でやっとマージンを残しながらオーバーテイクして初優勝したポルトガルからも見てとれた

 彼に良く似たゼッケンを外し、彼と同じタイヤで走ることになった今シーズン…

 テストや開幕戦での各セッションのタイムを見る限り、ロレンゾと彼の差は無いに等しいものだった
 ロレンゾは、去年彼があれほど苦しんだタイヤコンバートを、新レギュレーションの短いセッションの中でいとも簡単に克服して見せたのだ

 それでもまだ、ロレンゾ本人だけが彼との”差”を意識し続けているようだった

 そして、遂にロレンゾと彼は2年目の決戦の場で相まみえた

 まるで何かを逡巡するかのように、彼の影を踏まない距離でのランデヴー走行をしばらく続けた後、ロレンゾは昨年と同様にマージンを少し残して彼を差しにいった

c0041105_2363774.jpg しかし、この日明らかにペースの上がっていないように見えた彼は、すぐさまロレンゾを厳しく差し返してきた

 その短い応酬が、ロレンゾの本能を目覚めさせた
 ”雲の上”にいた彼が、今まさに”手の届くところ”にいることに遂に気づいたのだ

 長いストレートの後のハード・ブレーキング…ホルヘ・ロレンゾが伝家の宝刀を抜くと、バレンティーノ・ロッシにはもう抵抗する余力は残っていなかった…

 去年、彼がタイトルを決めたこのもてぎに、自らの”王国”の旗を誇らしげにたなびかせたロレンゾ

 これからは、憧れ続けた彼から辛辣な言動を浴びることも増えるかもしれない
 でも、もうロレンゾはためらわない。相手が誰であろうと遠慮などしない

 あの手がつけられないほど速く、傲慢なまでに強いロレンゾ・ランドの国王が遂にMotoGPに降臨した
c0041105_236196.jpg

[PR]
by taros_magazine | 2009-04-29 02:38 | motorcycle diary


<< 18番目のライダー (Moto... CHANGE (MotoGP ... >>