疾きこと風のごとく…
 
 いやー、釣れなかった

 久しぶりに寒狭川上流の大名倉地区に出かけたけど、まー風は強いし、水量は少ないし、人は多いし、寝坊しちゃったし、花粉は飛んでるし、雪で行きたいとこ行けなかったし、時間はないし…
 いろんな言い訳が脊髄反射のように瞬く間に7コも出てくるくらい、釣れない原因っていうのはスグ浮かぶ。しかも、すべて自分以外の要因であって、肝心の”ウデ”という一言はなかなか出てこないから困ったモンだ

 でもやっぱり今日の敗因は「時間」だと思う
 「昼までに家に戻らなければならない」という精神的な余裕の無さが、あらゆる判断に多大な影響を及ぼす
 ポイント選び、釣り上がるリズム、走るルート、タックルセット等のすべてが「スピード優先」となり、だんだん楽しくなくなってきちゃった

 やっぱり釣りはノンビリと余裕を持って…なんて思ってるときにかぎって、でかいアマゴに合わせることが出来ずに逃がしてしまう…「マスがフライに食いついてから吐き出すまでは0.2秒」こんな俗説(?)が頭をよぎり、今か今かと血眼になってフライを凝視してるときはまったく反応がない

 釣りに向いてる人ってのは、どんな精神の持ち主なんだろう?
 どっしりと構え、瞬時に反応し、瞬く間に合わせ仕留める…あ、これは武田信玄の”風林火山”じゃないのか?
 もしかしたら、これって渓流釣り師向け格言じゃないんだろうか?信玄の隠し湯とか塚とかたいてい釣り場に近いし(笑)

 それにしても、釣れないときに考えることってホントに言い訳ばかりだなc0041105_2347515.jpg

*today's tackle
rod:Cremona 7'11 2/3 (coatac)
ELNOR 813 (KENcraft)
reel:MARQUIS #2/3 (HARDY)
River Bleeze 3/4 (KENcraft)

"taro's magazine" main site…
[PR]
by taros_magazine | 2005-03-08 23:48 | fly fishing diary


<< 文化人 最高の釣り >>